【2019年最新版】第5版不動産テックカオスマップで追加されたサービス一覧(後編)

まめ知識

前回から引き続き不動産テックカオスマップ第5版の追加サービスをご紹介します。今回は「価格視覚化・査定」「不動産情報」「物件情報・メディア」「VR・AR」「スペースシェアリング」の5つ。この領域だけで38の会社とサービスが新規で追加されています。早速見てみましょう。

価格視覚化・査定

価格視覚化・査定の領域における不動産テック会社とサービスは全部で18あります。今回の不動産テックカオスマップでは3つが新規に登録されました。

見える!不動産価値

郵便番号や住所を入力するだけで、近隣のマンションについて資産価値や価格相場の推移などが確認できます。LIFULLHOME’Sが蓄積してきた膨大な情報と独自のシステムを使用しているため精度の高さが特徴。

10秒でDo!

持ち家や所有する不動産の査定を10秒で行えるスマートフォンのアプリ。入力項目も郵便番号と住所、面積、築年数などと比較的に簡単。査定結果を基に更に詳しい査定依頼もできる。

マンションAIレポート

1都3県に絞ってマンションの推定価格やエリア・沿線別で高額ランキングなどを確認できるサイト。算出はソニーとSRE不動産の共同開発によるAIが行っており、築年数による価格推移も確認可能。誤差5.65%と高い制度を誇る。

不動産情報

不動産情報の領域の不動産テック会社やサービスは9つ。今回は3つのサービスが新たに登録されました。

AKIDAS(アキダス)

謄本を基にした空き家や空き地の現所有者情報が閲覧できるようデータベース化し、有料で検索できるサイト。月額料金はトライアルプラン1万円/月5件まで、スタンダードプラン10万円/月50件まで、プレミアムプラン15万円/月100件までとなっており、追加料金を支払えばプランに設定された以上の検索も可能。

CERET(セレット)

不動産の登記簿を始めとして、物件概要書や家賃表、修繕費といったファイル形式の違う資料を一括管理できるサービス。30物件まで無料で使えるフリープラン、物件5000件で月5000円、物件10,000件で月10,000円、物件20,000件で月20,000円といったプランで分かれる。登記情報に変更があればお知らせされるオプション機能もある。

REMETIS(レメティス)

法人向け情報分析プラットフォームの構築を行うRESTARが提供するサービス。不動産情報と地理情報を結び付け、大量の情報にワンクリックでアクセスできる。また社内にある不動産情報をデータベース化したり、情報を基に分析やレポート作成する機能も備える。

物件情報・メディア

管理業務支援の領域の次に不動産テックサービスの多いのが、物件情報・メディア。不動産テックカオスマップでは34の会社とサービスが登録されており、今回5つのサービスと会社が新規に登録されました。

RENOSY(リノシー)

RENOSY はGAtechnologies社が提供している不動産テックサービスのブランド名。RENOSYアカウントを作成すれば、各サービスやアプリを共通して利用可能。

atPARKING(アッとパーキング)

日本全国の月極駐車場を地域から検索できる。登録されている駐車場は「24時間利用」「大型車可」「ハイルーフ可」「機械式」「自走式」「屋内」「屋外」などの特徴も表示され分かりやすい。2019年8月時点で掲載物件数24,426件となっており、掲載がない物件も専門スタッフにて探してもらえる。

リビンマガジンBiz

不動産業界のニュースや動向、各種コラムなどを無料で読めるマガジン。不動産売却やノウハウ系、地域コラムやニュースなど幅広いジャンルによる記事が掲載されている。

くらさぽ

不動産・住宅情報の総合サイト。UIが可愛いデザインになっており、余計な情報が同じ画面に多すぎないため比較的に見やすい設計になっている。

マンションライブラリ

東京カンテイが提供するマンション総合情報サイト。自社の膨大なデータベースと専門家による中立な立場によるマンション情報が閲覧可能。周辺マンションの価格帯や㎡単価、賃貸に出したときの収益性といった情報が無料で確認でき、マンションに関して専門家に無料で相談できる。

マッチング

マッチング領域で新規登録された会社・サービスは4つ。全部で32になりました。

リビンマッチ

不動産の売却や買取、管理、土地活用、リノベーション、注文住宅といった非常に幅広いジャンルによるマッチングサービスを提供するサイト。それぞれのジャンルにおいて数多くの不動産関連業者からの一括査定が行える。

Moos(ムース)

リネシスが開発した譲渡型賃貸住宅について、工務店の追客やクロージングなどを支援するシステム。顧客管理やメッセージ機能だけでなく、プランニングや図面管理、工程管理といった機能も備えている。工務店の工数削減に寄与する。

ALLSTOCKER(オールストッカー)

建設機械や重機、農業機、運搬車両などを売買できるサイト。建設機械を始めとした売買だけでなく、「重機オークション」や「建機・重機探してます掲示板」、「中古建設機械などの鑑定アプリ」といったサービスも提供している。

iecon(イエコン)

住宅のメンテナンスをサポートするサービス。住宅内のあらゆる設備のコンディションを確認し、必要に応じて修理も依頼できる。

VR・AR

VR・AR領域における新規登録サービスと会社は6件でした。同領域におけるサービスや会社は全部で20になります。

SYMMETRY(シンメトリー)

3DCADデータをVRで再現する建設業向けサービス。実寸大での空間体験ができるため建築前とのギャップを少なくできる。

ROOV(ルーヴ)

主に売買物件のVR接客やVR内見を可能にするサービス。PCやスマートフォンで利用でき、家具ステージングや室内のサイズ計測もできるため、より具体的に物件を検討してもらえる。

EOPAN Cloud(イオパンクラウド)

建築用の3DCADソフトで作成したパースをスマートフォンで360度再現するツール。ジャイロセンサーにも対応しているため、リフォームや建築後の空間を疑似体験でき、キッチンやバスルーム、窓、壁といった各所のデザインも自由に変更可能。工務店や建設会社のプレゼンとして使える。

SPACELY(スペースリー)

360度写真や動画を使ったクラウドを通じて利用できるVRコンテンツ。制作や編集、管理が直感的な操作ででき、内見や契約の効率化に寄与。プランは1アカウント月額4,980円、3アカウント月額12,980円、12アカウント58,000円とで分かれる。

COORE RICHMEDIA(クール リッチメディア)

VRとパノラマ動画による内見を可能にするサービス。室内映像だけでなく、スタッフ紹介やお客様の声、物件周辺エリアの情報なども視聴できる。iPhoneで撮影してその場で簡単に動画出力も可能。

TERIOR(テリア)

CG、VR、AIを駆使して住まいを可視化するVR制作サービス。主に「バーチャルホームステージング」や「パノラマ型VRモデルハウス」、「ウォークスルー型VRモデルハウス」があり、開発地区用に都市をCG化する「Digital City」といったサービスもある。

IoT

IoT領域は主にセキュリティやスマートロック関連のサービスが新規登録され、第5版では33の会社とサービスが登録されています。新規登録された会社とサービスは6つです。

Secual(セキュアル)

コンセントに挿してWi-Fi接続するだけでホームセキュリティを実現する次世代型スマートセキュリティサービス。室内の各所に取り付けたセンサーによる異常を検知し、専用のアプリに通知してくれる。Amazon Echoとの連携や万一の際の見舞金サービスもある。また利用料は初期費用として機器代9,000円と月額利用料980円でセンサー1台から利用可能。

PeaceEye(ピースアイ)

温度や湿度、人感、動き、音の5つのセンサーにより室内の異常などを感知するクラウドサービス。外出先からの家電操作やスマートフォンなどから映像で室内の見守りも可能。初期費用は不要で、月々990円から利用できる。

NatureRemo(ネイチャーリモ)

家電をインターネットに繋げるスマートホームを実現するサービス。スマートホームとの連携はもちろん、室内だけでなく外出先からも家電操作ができる。GPSによるエアコンON機能や、スマートスピーカーを通した家電操作も可能。

SeeIT(シーイット)

監視カメラの映像記録や処理をカメラ内で行い、必要な映像のみをクラウドに送信するサービス。通信コスト・ストレージコストの削減に寄与し、AIによる映像解析も行われる。

Glamo Smart Lock(グラモスマートロック)

インターネット回線がなくても利用できるスマートロック。ドアに穴を空けたりネジ止めなどが不要で、スマートフォンでの開錠はもちろん、カードキーや暗証番号入力にも対応。家電制御やセンサー機能を搭載した高機能タイプもある。

bitkey(ビットキー)

スマートロックの規格や開発、スマートロックをプラットフォームとしたサービスを開発する会社。主に工事不要で取り付けも簡単にできる「bitlock」を開発して販売している。

リフォーム・リノベーション

リフォーム・リノベーション領域における登録会社・サービスは22あります。今回は3サービスが新たに追加されました。

くらそうね解体

解体業者データベースにある1,000社以上から、近隣の優良業者を3社紹介してもらえるサービス。依頼主からの直接依頼により中間コストのカットを実現する。

くらそうねエクステリア

提携しているエクステリア業者1,000社から、最適な業者へ相見積もりができるサービス。中間コストのカットと相見積もりによる価格競争効果が見込める。

リノベ不動産

リノベーションを前提とした中古マンション探しだけでなく、リノベーションのデザインや施工も相談できるサイト。各費用をまとめて申し込めるローンも提供している。

スペースシェアリング

不動産テックカオスマップの最後は、スペースシェアリングの領域です。全部で26サービスあり、新規で登録されたのは8つの会社・サービスです。

minikura(ミンクラ)

普段使わない物を箱単位で保管してもらえるクラウドストレージサービス。専用ボックスに保管したい物を詰めて送り返すだけで保管完了。中身は写真を撮っていつでも見られるようにもできる。

sharekura(シェアクラ)

洋服や使わない物を1点から保管してもらえるサービス。専用ボックスにまとめて送れば、中身を写真撮影してスマートフォンやPCで確認可能。また1点単位でいつでも取り出しもできる。

Keycafe(キーカフェ)

近所に設置されたKeycafe Smartbox端末に鍵を預けて、無人で鍵の受け渡しができるサービス。民泊や不動産の内見、家事代行サービスの利用などで活用できる。

ADDress(アドレス)

空き家や使用していない別荘を活用して、Co-Living(コリビング)として提供するサービス。1予約で最大7日間の宿泊が可能。

souco(ソウコ)

必要な時に必要なだけ利用できる倉庫サービス。全国の倉庫で空いているスペースを活用したサブスクリプション型倉庫。最短1日、1パレットから利用可能。

ひとり会議室

貸会議室の空室を相席で利用できるサービス。空室を貸してもらうため低コストで利用できるのがメリット。

OYOLIFE(オヨライフ)

敷金や礼金などの初期費用0円で利用できる、定額制賃貸サービス。電気ガス水道はもちろん、家具家電付きでWi-Fiも完備。賃貸オーナーの空室対策としても活用できる。

toppi!(トッピ)

会員登録すれば、日時と場所を指定して駐車予約ができるサービス。

【2019年最新版】第5版不動産テックカオスマップで追加されたサービス一覧(前編)
2019年度最新版の不動産テックカオスマップが発表されました。この記事では「ローン・保証」「クラウドファンディング」「仲介支援」の領域における、...
5/5 (1)

記事の平均評価

コメント