賃貸物件オーナーが離婚したらどうなる?財産分与まとめ | 不動産投資を考えるメディア

賃貸物件オーナーが離婚したらどうなる?財産分与まとめ

シェアする

離婚
令和の時代に入り、賃貸物件オーナーとして資産運用を考えている方の中には離婚問題などで頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか?

日本では3組の結婚するカップルに対し1組が離婚しているので他人ごとではないという人も多いでしょう。今回は賃貸物件等を所有しているオーナーが離婚した場合、財産分与などはどうなるのかご紹介します。

賃貸物件オーナーが離婚すると資産はどうなる?

賃貸物件オーナーが一番気になるのは離婚によって自分が所有している資産がどうなるかではないでしょうか。自分名義の資産がどうなるのか、相続した賃貸物件等についてご紹介します。

自分名義の賃貸物件でも離婚したら財産分与が必要

賃貸物件オーナーの中には、自分の稼ぎで自分名義の賃貸物件だから、離婚しても相手に財産分与をしなくて良いと考えている人もいるでしょう。しかし、これは大きな間違いです。たとえ所有する賃貸物件が自分名義であっても、結婚してから購入した不動産ならば共有財産になり、離婚する事によって2分の1の財産分与が必要になります。誰の名義になっていても関係ありません。結婚後に手に入れた賃貸物件や持ち家、預貯金、株券、貴金属など資産と呼べるものは全て財産分与の対象になります。

一方が相続した賃貸物件はどうなる?

例えば、結婚してからどちらか一方の両親等が亡くなり、財産を相続したとします。これは夫婦が共同で手に入れた共有財産ではなく、夫婦の協力とは無関係の資産になる為、相続された一方の財産となり、離婚する時も財産分与の対象となりません。賃貸物件を相続で手に入れた場合なら離婚しても財産分与は必要ないので覚えておきましょう。

結婚する前に所有している賃貸物件は離婚で半分になる?

サラリーマンや経営者など、結婚する前から賃貸物件オーナーだったという人もいるのではないでしょうか。そのような方が結婚して離婚する場合、賃貸物件は財産分与の対象になるかと言うとそうではありません。

財産分与は、あくまで「婚姻関係を結んだ後に築き上げた資産」が対象になります。その為、結婚前に購入した賃貸物件は対象外です。独身時代に購入した資産は離婚しても相手に請求される事はありませんのでご安心ください。

賃貸物件オーナーが離婚する場合、資産分割はどうなる?

離婚には、状況によって円満に資産を分割し別れるケースもあれば、財産分与で揉めるケースもあります。例えば、賃貸物件オーナーが離婚する場合、賃貸物件を相手方に譲るケースもありますし、賃貸物件は譲らずに持ち家を譲るケースもあるでしょう。

他にもきちんと2分の1ずつで財産分与したいという場合ならば、賃貸物件を含む、全ての資産を一度現金化し、半分にするという方法もあります。それぞれのケースで分け方も異なりますので、よく話し合って資産を分けるか、話し合いがつかない場合は、第三者を入れて解決するようにしましょう。

融資を受けて購入した賃貸物件は離婚でどうなる?

賃貸物件オーナーと言っても、現金で物件を購入する人は少ないです。アパートやマンションを購入する際は、銀行などから融資を受けローン返済している方が多いと思います。このような場合、離婚すると財産分与はどうなるのでしょうか。

例えば、5,000万円の賃貸物件を所有しているとします。ローン返済が残り3,000万円の場合、正味の資産価値は2,000万円です。これが財産分与の対象となります。2,000万円の半分ですから、1,000万円は相手に払う事になります。

ローン返済が残っている賃貸物件はローンが滞れば競売にかけられる事もありますので、自分で所有していて不安が無いか離婚を期に考える必要もあるでしょう。

賃貸物件オーナーが離婚トラブルになった場合の最適な解決策

賃貸物件オーナーで離婚によりトラブルになった人は多いですが、そうならない為にはどのような対策や解決策があるのでしょうか。ここでは離婚トラブルになった場合の最適な解決策や事前にできる対策についてご紹介します。

弁護士に相談して賃貸物件等の資産を分割する

賃貸物件オーナーが離婚する場合、資産を持っている事から円満に財産分与ができず、離婚トラブルに発展するケースも多々あります。2人で話し合いを行おうとしてもなかなかうまくいかない事もあるでしょう。

そのような場合は、弁護士に相談し賃貸物件等の資産を分割する方法もあります。離婚トラブルなら離婚問題に詳しい弁護士に相談される事をおすすめします。

弁護士が入る事により、ある程度お金はかかったとしても財産分与で嫌な思いをしなくて済むでしょう。基本的に結婚後の資産は2分の1が原則ですが、弁護士に依頼する事で、自分の希望する形に近い資産分割ができる事もあるでしょう。

結婚前に夫婦財産契約を行う

結婚して賃貸物件オーナーになり、その後も資産を増やしていった場合、苦労して手に入れた資産が離婚を期に半分になります。特に、独身時代からお互いにある程度資産がある夫婦は離婚時に揉めない為にも、結婚前に夫婦財産契約を行っておくとよいでしょう。

夫婦財産契約とは、婚姻届を出す前に財産について夫婦が契約を結ぶというものです。ただ契約書を交わすだけではなく、法務局に登記する為、離婚する時に異議を唱えても変更などはできません。

アメリカなどでは結婚前契約としてセレブや芸能人で交わしている人が多いですが、日本ではまだ少ないのが現状です。しかし、自分の財産を守る為には夫婦財産契約を結んでおくと確実と言えます。離婚で賃貸物件等を減らしたくない方は検討してみてください。

まとめ

特に結婚前からある程度の資産を持っていて、賃貸物件オーナーを生業としている方や経営者、結婚後も資産を増やしていこうとお考えの方は、離婚によって所有財産がどのようになるのか真剣に考えておいた方が良いです。

一時の感情だけで離婚すると、大切な賃貸物件も失ってしまう可能性があります。それでも離婚したいというならば、どのような方法が一番良いのか。事前に弁護士などの専門家に相談される事をおすすめします。

記事の平均評価

各種お問い合わせやご相談はこちら