宅建試験に合格するために必ず知っておきたい事 | 不動産投資を考えるメディア

宅建試験に合格するために必ず知っておきたい事

シェアする

宅建-宅地建物取引士

不動産関連の資格を取る時、最初に宅建を選ぶ人は多いのではないでしょうか。不動産関連で仕事をする人はもちろんの事ながら知識をつけておきたいと別業界の人でも受験する人が増えています。今回は宅建試験がどういったの内容なのかを簡単にご紹介させていただきます。

宅建試験とは?

宅地建物取引業をするには、都道府県知事の免許または国土交通大臣の免許が必要となります。この免許を受ける為にはまず「宅地建物取引士資格試験(宅建試験)」に合格する必要があります。
合格した後都道府県知事の資格登録と、同じく知事の交付する宅地見物建物取引士証を交付してもらって初めて宅地建物取引士として認められます。認められた後は不動産の売買、また貸し借りをする時にその不動産の権利などを調査し、取引先に説明して契約の締結までもっていきます。
宅建試験には受験資格がなく、年齢、経歴、経験など全く関係なく誰でも受験可能です。毎年10月の第3日曜日に行われているのですが、申込期間はあまり長くないので注意が必要です。

どんな試験内容なの?

宅建試験は「権利関係」「法令上の制限」「宅建業法」「税」と4つの分野で成り立っています。特に不動産に関わる法律は税金、権利関係など幅広く勉強しておく必要があります。
問題は全て4つから正解を選ぶ形式となります。「正しいものはいくつあるか」などやや難解な問題もありますが、四択問題なので記述式のある資格より勉強しやすいと言えます。

どこから勉強すればいい?

勉強をする時はまず宅建業法から始める事をおすすめします。この項目を十分理解しておかないと、他の「権利関係」「法令上の制限」「税金関連」で点数を稼ぐ事は容易ではありません。この宅建業法は全50問中20問になりますので、ここで満点とれれば、残り30点中15点とれば合格ラインの目安になります。宅建は合格点ではなく合格人数が決められている資格となりますのであくまで参考程度になりますが、2017年の合格ラインは35点前後だったようです。勉強期間は3ヶ月から半年程度を目安と考えておくとよいでしょう。

民法は難易度が高い

民法は14点満点です。民法は範囲が広いのですが、「総則の意思表示や代理」「物権の抵当権」「契約の解除」「売り主の担保責任」「不法行為」は必ずといっていいほど出題されています。民法は用語が難解で宅建のテキストだけでは理解を深めるのは難しいため、民法を詳しく説明する本を読みながら並行して「テキストを読む、問題集を解く、過去問題を解く」のがよいでしょう。
民法は覚えないといけない言葉も多いので、じっくり時間をかけて勉強をする必要があるでしょう。時間がかかるためまず民法から勉強する方も多いのですが、難解なのでここで挫折する人がいるのも事実です。
民法の知識は普段の生活にも生かせますので、しっかり勉強して理解しておくことは決して無駄にはならないでしょう。
また、民法以外でも「不動産登記法」「借地借家法」「建物区分所有法」は必ず勉強をしておく必要があります。

まとめ

宅建試験は受験資格が特になく昔から受験者が多い人気の資格です。宅建の資格が必須の不動産関連の資格もあり、不動産業界はもちろん他の業界でも宅建の知識があれば勉強しやすい資格は多いです。これから宅建を取ろうと考えている方はまず宅建試験がどういうものなのか、勉強法などをざっくりと理解しておくことも必要でしょう。

各種お問い合わせやご相談はこちら