不動産投資の色々な物件・投資方法一覧まとめ | 不動産投資を考えるメディア

不動産投資の色々な物件・投資方法一覧まとめ

シェアする

不動産投資の種類にはどんなものがあるか物件や投資方法などから調べてみました。不動産投資にはどんな種類があるのか一覧で見たいという方のために簡単に紹介していきます。

アパート経営

アパート賃貸経営は一棟+土地の所有が基本です。初期投資は都心を除いて1~5000万の価格帯が中心となります。マンション区分所有より一般的に利回りが高く、空室率の面でリスク分散にもなりますが、老朽化や防犯・防災面でのリスクは一般にマンションより高く、管理・メンテナンスの手間が大きいことなども考慮して運営する必要があります。
アパート経営をするメリット・デメリット一覧まとめ

マンション経営

マンションの賃貸経営は区分所有と一棟所有がありますが、個人のマンション経営の場合は一般的に分譲マンションの区分所有を指すことが多いです。一般的に一戸のみの区分所有は銀行から融資を受けにくく、管理費・修繕積立金等が発生するため利回りも低くなる傾向があります。またワンルームの場合、ファミリー向け分譲に比べて入居・退去の回転が早く、売却の際に買い手も付きにくい為、転売を狙った投資の際には注意が必要です。
逆にマンションの一棟所有では、アパートローンでの融資は受けやすくなりますが、属性次第である程度の頭金や追加担保が必要になることが多くなっています。
マンションの一棟買い・区分所有のメリット比較まとめ

一戸建て賃貸経営

今流行り(?)の戸建賃貸です。一戸建てはリフォームやメンテナンス費用がアパートやマンションと比べて高額になり、税金の計算方法なども異なります。土地付きの戸建の方が当然利回りが高く人気ですが、少子高齢化が進んでいる影響で駅から遠い場所や郊外の戸建物件は年々需要が減っています。しかしながら、やはり一度契約が決まれば継続して住み続けてくれる可能性が高いことも戸建ならではのメリットです。戸建ボロ物件を格安で購入して利益を上げている投資家も数多くいますが、木造の中古物件にはシロアリ被害など特有のリスクもあるので注意が必要です。
築古の中古戸建物件投資に失敗しない為のトラブル事例紹介

築古物件/ボロ物件

中古物件の中でも築年数の特に古い物件です。数十万~数百万程度で購入できる物件がほとんどなので、初心者にも手が出しやすくなっています。ボロボロな物件は当然そのままでは住めませんので、賃貸経営をする人は基本的にリフォームやリノベーションを行います。ちなみに、リフォームとリノベーションの違いは、表面的な補修・メンテナンスを中心として元に近い状態に修復するのがリフォーム、外装・内装も含めて物件自体をフルリニューアルするのがリノベーションとなります。
ボロ物件を収益化する為に必要な事とは?
今TVで話題のボロ物件リフォームからみる「空き家投資」

デザイナーズ物件

人気のデザイナーズ物件の経営です。都市部など立地条件の良い場所では圧倒的な人気を誇りますが、初期投資はもちろん維持費・修繕費が高額になりがちで結果的に利回りが低くなってしまう可能性があり、長期投資の観点から見ると一長一短ですので慎重な投資が必要です。
名古屋で増えているデザイナーズアパートに投資する際の注意点

シェアハウス経営

外国人に人気のシェアハウス経営です。2020年東京オリンピックを見据えて、民泊と共に今後増えていくことが予想されますが、ルームメイト同士のトラブルなど特有のリスクがあります。
シェアハウス経営をする前に必ず知っておきたい3つのリスク

民泊投資

東京オリンピックに向けてますます需要が増えていくと思われる民泊。自宅を宿泊所として貸し出すのが本来の民泊ですが、自身では居住せず民泊投資のオーナーになるという方法もあります。現在議論されている「民泊新法」により今後制限されることも見据えた運営も必要になってくるでしょう。
民泊投資は本当に儲かる?民泊運営する上での障害と失敗事例

保育園投資

「保育園落ちた日本死ね」でも話題になりましたが、日本では保育園が圧倒的に不足しています。保育園投資といっても自分で保育園を運営する訳ではなく、保育園用地に土地を貸し出すというのがポイントです。
都民ファースト圧勝で保育園投資のチャンス到来?!

軍用地投資

米軍基地がある沖縄に多い不動産投資です。もちろん自衛隊の基地も含まれます。通常の不動産投資より利回りは低めですが、税金対策になる上、国が借地料を払ってくれるので取りっぱぐれが無くて安心ですね。あとは基地が返還されないことを祈るばかりです。
今井絵理子議員もやっている超手堅い『軍用地投資』とは?

不動産競売物件

何らかの事由により住んでいる建物が差し押さえられ競売に出された物件です。好条件・掘り出し物のお宝物件が価格が通常の相場より安く設定されて出品されることがあるため、多くの投資家が狙っています。
競売物件を購入するメリット・デメリットとは?

事故物件

以前、スーモにも掲載されていた例のオバケ付きの物件のことです。意図的にというのは難しいですが、複数の物件を長期的に運営しているオーナーさんは遭遇するリスクが確実に高まっていきます。ちなみに、自然死や病死に関しては基本的に告知義務は無いとされています。
長期経営で避けられない「事故物件」問題

地下室付き物件

北朝鮮からいつミサイルが飛んでくるか分からない今の世の中で需要が確実に増えています。更に安心な核シェルター付き物件なんてのもそのうち流行るかも知れませんね。。

ペット付き物件

今話題(?)の動物付き物件です。先日もネコノミクスに乗じてか、しっぽ不動産のネコ付きマンション・ネコ付きシェアハウスがニュースになっていましたね。居住者=飼い主になるので、通常より審査は慎重かつ厳しめになるようです。

温泉付き物件

温泉付きのリゾート物件はメンテナンス費用・維持費用が高額になりがちなため、そのあたりのコストも計算に入れた上で運用していく必要があります。山中のリゾート物件などは一度ブームが去ってしまうと長年買い手が付かなくなることも多々あり、万一失敗した時には諦めて自身の別荘として使うなどの覚悟も必要かも知れません。

太陽光発電付き物件

屋根・屋上に太陽光発電のパネルを設置し、発電した電力を電力会社に売却できる仕組みを持った物件です。夜間・深夜の電気代が安くなるプランにして日中の電気は基本的に電力会社に売却するなどうまく運用すれば、家賃収入とは別に収益が出せる高利回り物件にもなり得ます。

高齢者住宅

高齢化社会において更なる需要増が予想されている人気のサービス付き高齢者住宅です。国からの補助金や税金の優遇措置などが受けられるため投資効率が良く、投資家からも注目されています。

賃貸併設住宅

居住スペースと賃貸スペースが併設された物件です。住みながら家賃収入でローンを払い、リノベーションで1つの物件にすることもできますので、とても人気があります。居住スペースメインであれば住宅ローンが組めるというのも大きな魅力です。

店舗併設住宅

居住スペースと店舗スペースが併設されている物件です。立地や周辺環境が非常に重要となり、テナント次第で高利回りが期待できますが、当然ながら個人では金融機関からの融資を受けにくい傾向があります。

テナント物件

店舗/事務所向けのテナント物件では表面利回りが高いのが魅力です。しかし、税制の優遇措置などはなく、テナントの撤退により収益が著しく悪化する恐れがあります。さらにハイリスク・ハイリターンなのはオフィスビル投資です。よほどの好立地でなければ、賃料が高く空室が長期化しやすいオフィスビルは高いリスクを伴います。いずれも立地条件や周辺環境の調査がとても重要になります。

海外不動産

フィリピンやマレーシアなどの東南アジア諸国が人気の海外不動産投資です。発展途上国の不動産はキャピタルゲインが見込めますが、詐欺も多いので十分注意が必要です。
海外不動産投資は東南アジアの新興国が穴場!高利回りと節税の仕組み

宿泊施設

ホテル、旅館、ゲストハウス、ペンション、ログハウスなど様々な形態があります。カップルだけでなく1人利用や女子会・ファミリー層にまでターゲットを広げた進化型のラブホテルも今話題となっています。

駐車場経営

ローリスク・ローリターンな投資方法です。通常の物件と比べて手間はかからない分リターンも低めです。月極駐車場からコインパーキング、バイク駐車場、駐輪場などの様々な形態があり、車上荒らしなど特有のリスクもありますので注意が必要です。
駐車場投資の利回り・立地の選び方・メリット
自販機やコインパーキングなど家賃収入以外でキャッシュフローを改善する方法

風力発電経営

土地付きの風力発電施設への投資です。平均的な表面利回りは比較的高く、手間もあまりかからないのが利点ですが、風ですので利益が気象条件に左右されるのと、自然災害や経年劣化による設備の故障や盗難などのリスクもあります。

トランクルーム・倉庫

トランクルーム・倉庫の他にも工場・貸しガレージ・貸しコンテナなど種類は様々です。リノベーションも自由度が高く、手間や管理コストが低めでうまく運営すれば高利回りも期待できる投資方法です。
高利回り・安定収入で人気の「トランクルーム投資」とは?

土地/事業用地

もちろん土地だけで収益が出る訳ではありませんが、建築条件等に制限がない土地であれば、アパートを建てようが、店舗向けに貸し出そうが、駐車場にしようが基本的に自由です。中~上級者向けの投資方法ではありますが、土地から自分で選定したいという方にはおすすめです。

REIT

いわゆる不動産投資信託のことで、日本版はJ-REIT(Jリート)になります。即時売買が可能で一般的な不動産売買と比べて流動性が高く、数万円程度の少額から投資できますが、株同様に銘柄選びや投機タイミングの判断等が必要になってくる為、ある意味上級者向けの投資手段と言えるかも知れません。
REIT(不動産投資信託)とは?REITの種類とメリット・デメリット

小口化不動産

1994年に制定された「不動産特定共同事業法」に基づき、一つの物件に複数人から投資資金を募って運用する証券化商品です。リート同様、少額で投資ができるのが特徴です。最近ではクラウドファンディングを利用した投資方法なども登場しています。
加熱するクラウドファンディング、不動産投資で複利運用の時代が来るか?
クラウドファンディングで投資できる不動産の小口投資法

まとめ

こうして見ていくと不動産投資には実に色々な種類の物件や投資方法があることが分かります。細かくあげればキリがないですが、その他にコインランドリー経営などにも近年注目が集まっています。
「老後のために少しでも利回りのいい資産運用をしたい」「サラリーマンをしながら節税目的として運用したい」「株やFXもやっていてリスク分散のため不動産投資もしたい」など目的も様々かと思いますので、ぜひご自身に合った投資物件・投資方法を見つけてみてください。

各種お問い合わせやご相談はこちら