即日空室解消!?満室経営を目指す100均の便利アイテム10選

DAISO ダイソー

不動産投資家の方は、日々、切磋琢磨して空室対策を続けています。大空室時代と言われる昨今、自身で考えた対策で満室にできれば何も言うことはないでしょう。アイディアや行動力などの成果です。ただ問題は、さほど立地も悪くなく築年数もそこまで古いわけでもないのに何か月も空室が続く物件。

「間取りが悪いから…」「設備が古いくて…」「近隣住民のせいで…」こんな風に、何かのせいにしていませんでしょうか。実は、ちょっとした工夫で空室が解消される可能性があります。今回は100均グッズの中から空室対策に使える便利グッズをご紹介いたします。

玄関

人は人や物の第一印象を数秒で決めるというのはご存知の方も多いでしょう。賃貸経営でも同じことが言え、玄関扉を開けて最初に目に映ったものによって物件の印象が変わります。特に玄関は下駄箱くらいしかありませんので、本来無いはずのものがあるというだけでも好印象を与えられます。では、具体的にどのようなものがあれば喜ばれるか見てみましょう。

①マグネット式傘ホルダー

住んでみてしばらくすると傘立てが無いことに気づくことが多いでしょう。単身者向け物件だと傘立てを置くスペースすらありません。そこで役に立つのが、玄関ドアにマグネットで取り付けられる傘立てです。

【出典】DAISO

ニトリなどを始めとした家具店でも売られているため価格は様々ですが、100均でも販売されている人気アイテムです。ちょっとした心配りとして、きっと入居者にも喜ばれるはず!

②シューズホルダー

単身者向けの玄関でもう一つ気付くのは「下駄箱がない」「スペースが狭い」という点。下駄箱を空けた時にデッドスペースや無駄な空間があったら、縦に収納できるシューズホルダーが活躍します。

【出典】株式会社吉川国工業所靴「くつホルダー高さ調節3P」

シューズホルダーは単身者だけでなくファミリータイプでもきっと活躍します。会社勤めの方は得に靴をいくつか持っていることが多いため、縦のスペースを有効活用できるようにという配慮もきっと喜ばれるでしょう。

③観葉植物

玄関の下駄箱の上は、意外と盲点です。内見用のスリッパを置くのではなく、観葉植物や絵などを飾ったほうが良いでしょう。100均ではインテリア小物が多く揃っています。何となく雑然としていたり殺風景なスペースがあるなら、積極的に小物で飾ってみてはいかがでしょうか。


【出典】Can☆Do

④玄関マット・スリッパ

通常は、内見時に不動産屋さんがスリッパを用意してくれています。ただたまに忘れることもありますし、センスのなく少し汚れたスリッパだったりするケースも少なくありません。部屋に入る前からテンションダウンされてしまっては損ですから、オーナー側で100均グッズのおしゃれなスリッパを用意してしまいましょう。

【出典】DAISO

単にスリッパや玄関マットを用意するだけの話ですが、入居希望者からすると大家さんの人柄に安心してもらえるというメリットがあります。小さな心配りが、空室対策の第一歩なのです。

居室

内見のメインとなる居室。多くの物件が、真新しい壁紙にクリーニングされたフローリングです。ただそれ以外に何もない物件がほとんどです。実は100均アイテムを活用すれば、簡単なホームステージングも可能になります。

⑤ランプシェード

ランプシェードとは、照明のかさです。天井から吊るした照明にホコリが被らないようにしたり、光を拡散させたりするために取り付けられます。
このランプシェード自体は100均では売っていませんが、なんと100均のグッズを使ってランプシェードを手作りする人が多くいます。


照明があるだけで内見時に好印象を残せると言われています。内見時だけの設置でも良いですし、簡単に作成できますからそのまま入居者にプレゼントしても良いでしょう。100均グッズを使った照明で明るい部屋を演出してみてはいかがでしょうか。

⑥ウォールステッカー

壁紙の張替えも㎡単価1000円前後しますので、決して安くありません。ただ空室対策として、部屋の一部だけ壁紙を張り替えるアクセントクロスを検討したことがあるオーナーも多いのではないでしょうか。壁の一部だけ色が違うことで高級感が増すのです。ただ100均のウォールステッカーなら、壁紙を張り替えるまでもなくアクセントを付けられます。

【出典】DAISO

壁の一部にステッカーを張るだけも随分と部屋の印象が変わります。100円でできる工夫ですから、是非試してみてはいかがでしょうか。

⑦ワイヤーネットや有孔ボードなど

賃貸住宅で必ず一度は悩む「壁にフックを付けるかどうか」。入居者は特に収納がないと壁にフックを取り付けて何かと壁にかけたがります。ただその後の修繕費が気になって、結局服は別のところに放置なんてことも少なくありません。その他、時計やカレンダー、部屋の鍵をかけておけるようになっていたらきっと入居者は喜ぶことでしょう。そこで100均のワイヤーネットや有孔ボードが役に立ちます。

【出典】Seria

画像のように、壁に穴を空けなくても物を掛けておけますし、オーナー自ら壁に穴を空けて有孔ボードなどを取り付けても良いでしょう。有孔ボードは穴の開いた板ですから、S字フックがあればちょっとした物を掛けておけます。

水回り

居室の次に必ずチェックされる水回り。特に女性は水回りの清潔感を気にします。ちょっとした小物や飾りを置いておくだけで、水回りは大きく印象が変わります。

⑧トイレ

賃貸物件の内見は、玄関から入って居間までがメイン。ただ必ず水回りもチェックされる場所です。特に殺風景になりがちなのがトイレ。無機質なトイレタンクと便座を見たところで、入居希望者は何も感じないでしょう。そこでトイレには100均で買える簡単な絵を飾ったり、便座シートを付けてみたりしてはいかがでしょうか。

【出典】Can☆Do

いくらキレイにした部屋を見てもらっても、飾り気が全く無いトイレを見ると一気に現実に引き戻されます。ちょっとした飾りがあるだけも、入居者の心が離れていくのを防ぐ効果があるのです。

⑨洗面台周り

洗面台周りも物が何もなければ殺風景になりがちです。いっそ、入居者にプレゼントするつもりで小物をセットで置いてみてはいかがでしょうか。

【出典】DAISO
もちろん、全て100円で手に入ります。特に石鹸トレーやコップ、ハンドソープ用のポンプなど置いておくと良いでしょう。自分が生活した後をイメージしやすくなるため、より具体的に検討してもらえる可能性が高まります。

⑩シャワーフックトレイ

最後にご紹介するのは、バス・トイレが一緒の3点ユニット物件で喜ばれる小物。3点ユニットバスは、必ずシャンプーや石鹸の置き場に困ります。そこでシャンプーフックトレイを予め設置しておきましょう。

【出典】山崎実業株式会社
最も困るシャンプーや石鹸などの収納場所を一発で解決できるのがシャワーフックトレイです。シャワー掛けに、ラックが一体型になったフックを掛けるだけの超便利グッズ。画像は100均のものではありませんが、実は100均でも同じ機能を有したアイテムが販売されています。実際に生活した後に必ず必要になる収納スペースですから、入居者に対する一つの心遣いと思ってもらえればまた入居率もアップするかもしれません。

まとめ

ここまでご紹介したアイテム以外にも、100均で手に入るアイテムを使って自分で工夫する入居者は多くいます。物件の所有者であるオーナーですら、実際に自分が入居したと想定して部屋の隅々までチェックしないと分からない意外な問題を入居者自ら解決しているのです。空室対策は、大掛かりなリフォームを施せば入居者が決まるのは当然のこと。ただ何のために賃貸経営をするかと言えば「利益」を得るためです。まずは今回ご紹介したような安い費用でできることを考えてみましょう。ラグマッドやソファー、丸テーブルなどで簡単なホームステージングを行うだけで入居者が見つかる可能性も十分にあります。今回ご紹介したグッズは全て100均アイテムですから、入居者プレゼントとして置いておくだけでも、かなり印象が違ってくるのではないでしょうか。

2.67/5 (3)

記事の平均評価