不動産投資で税務処理を「税理士」に委託するメリット | 不動産投資を考えるメディア

不動産投資で税務処理を「税理士」に委託するメリット

シェアする

確定申告の書類イメージ

確定申告の時期が過ぎ、投資家の方達には少しだけゆっくりする時間も増えたのではないでしょうか。最近では、「e-Tax」を活用してインターネットで申告できることもあり、自分の力だけで行えるようになりました。しかし、税務処理は複雑なもの。本当に正しい申告書になっているとは限りません。
特に“経費”については個人によって経費計上できる範囲も異なってくるため、専門家による判断が必要となります。また、申告漏れが発覚すると追徴課税がかかる恐れも。このように複雑な税務処理は、専門家である税理士に依頼するのがお勧めです。今回は、そのメリットについて解説していきます。

税務処理を税理士に依頼するメリット

複雑な税務計算を委託できる

不動産投資に係る税金は様々な種類がありますが、主な税金といえば所得税です。所得税の計算方法は難しく、特に青色申告を行う場合は節税につながるメリットはあるものの、更に計算の仕組みが複雑になります。そのため、投資歴の長い投資家でも計算ミスをすることは珍しくありません。また、経験のない人にとって「賃借対照表の作成」は鬼門となり、自分で確定申告することを諦める要因になります。
しかし、税務関係の専門家である税理士に依頼することで、「正確に確定申告・納税できる」という利点と、確定申告の「ストレス軽減ができる」という利点があります。

キャッシュフローの可視化

上記でも説明した通り、「賃借対照表の作成」は専門知識が必要となりますが、税理士に依頼すると正しい賃借対照表や損益計算書を作成してもらえます。不動産投資において、キャッシュフローを把握しておくことは、緊急事態にも対応しやすくなる重要なファクターなため、賃借対照表はそのための有益な情報だといえます。今まで整理された賃借対照表を確認していない場合は、一度税理士に作成してもらうことをお勧めします。

融資審査が有利になる可能性

不動産投資のローンはその性質上、「事業用ローン」という扱いを受けます。事業用ローンは住宅ローンと比べると審査が厳しくなり、賃貸経営の“収益性”が融資と大きく関係します。そのため、持参する書類の正確性が欠けていると、審査の基準を満たさず融資不可という結果になる可能性も少なくありません。一方の、税理士が作成した書類は正確性に優れており、金融機関から信頼されやすいため融資が有利になる傾向があります。

税理士に委託すべき投資家とは

副業などで多忙な場合

普段はサラリーマンとして不動産投資を行っているなど、専業ではない場合は税理士に依頼することをお勧めします。なぜかというと、青色申告の確定申告では「帳簿作成」が必要になるからです。普段の生活から領収書を整理しておけば問題ありませんが、確定申告前に一気に帳簿を付け始めるのは失敗する可能性が大きくなるので、多忙な人は税理士に相談するようにしましょう。

事業的規模の場合

事業的規模(5棟10室以上)での賃貸経営が、税理士に依頼するひとつの目安だと言われています。青色申告ではいくつかの控除を受けることができますが、複式簿記の帳簿付けが必要となります。この複式簿記は高度な専門的知識を要するので、自分で勉強するより税理士に依頼するほうが妥当だといえます。

まとめ

「今年の確定申告で慌てた」という際は、来年の確定申告はぜひ税理士に依頼するようにしましょう。確かに依頼費用は必要になりますが、それ以上のメリットはあるはずです。ただ、期待収益より下回るなど、あまり収益が出ておらず税理士に依頼する費用を確保できていないときは、しっかり見通しを立てて依頼するかを検討するようにしましょう。

各種お問い合わせやご相談はこちら