不動産投資をする前に知っておくべきリスクと対策とは? | 不動産投資を考えるメディア

不動産投資をする前に知っておくべきリスクと対策とは?

20170820_21

不動産投資は他の投資同様に様々なリスクがありますが、そのリスクと対策をきちんと知っておくことで少ないリスクで安心して投資を行うことが可能となっています。

日本は少子高齢化が進んでいる

日本では近年「少子高齢化」に伴い「人口減少」が進んでおり、それに伴い賃貸マンションやアパートを新たに借りるという人も少なくなってきています。しかし日本は「未婚者」「離婚者」が多くなっており、核家族化の傾向もあることから賃貸マンションやアパートを利用する人は増加傾向にあります。実際に東京などの大きな都市では賃貸物件が増えてきています。そういった理由もあり、不動産投資をする際には、空室リスクを回避する観点からも需要の多い都市や利用者層を把握することが必須となります。

駅の付近で不動産投資をする

東京などの大都市に限らず、どの場所でも賃貸マンションやアパートを借りる時の1つの条件として「駅付近」というのがあります。そのため、駅付近で便利な場所の不動産に投資するべきだと言えます。また、同時に物件のメンテナンスや管理をしっかりしている所を入居者は好む傾向があり、建物の劣化が気になる人も少なくありません。やはり築年数が増加するほど家賃は減少していきますが、メンテナンスや管理がきちんとしていることで家賃は下がりにくくなると言えるでしょう。

不動産投資で安定して収入を得るためには?

賃貸物件には入居者が入れ替わる等、空室になる時期があります。そこで空室期間を短縮するために上記の2つの条件が重要になってきます。その上で大切なのが信頼のできる不動産会社と手を組むことです。不動産投資者が増える中、知識不足を利用する悪質な不動産業者もおり、契約内容によっては賃料の多くを業者に持っていかれ、収入が想像以上に少なくなるという話もあります。また、近年では「サブリース」といった空室保証を行っている不動産会社もありますので、そのシステムを利用することにより安定した収入を得る事が可能になってきます。

借入割合を抑えてリスクを減らす

不動産投資の絶対条件として好立地・好条件は必須です。しかし空室リスクに対応できていても入居者の家賃滞納によって、借金返済が滞ってしまうという新たなリスクもあります。借金リスクに対しては借入割合を40%以下に抑えることでキャッシュフローを安定させ、返済が滞るリスクを少なくすることが可能です。

まとめ

不動産投資にはリスクがありますが、このように一つ一つ対策が可能となっていて、対策を打つ事により安定して収入は得られます。不動産投資を始める前にどんなリスクがあるかを把握することと、それぞれに対してきちんと対応する事で不動産投資を成功することが出来ます。

各種お問い合わせやご相談はこちら