J-REITとソーシャルレンディング型不動産投資の違いとは? | 不動産投資を考えるメディア

J-REITとソーシャルレンディング型不動産投資の違いとは?

シェアする

ビル群とソーシャルネットワークのイメージ

不動産投資には、現物不動産を購入して運用を行う他にも、上場不動産投資信託のJ-REITとソーシャルレンディング型の不動産投資があります。

上場不動産投資信託のJ-REITは少ない金額から口数購入が可能であり、プロによるファンド運用によって複数の不動産へ分散が可能なため、人気の高い投資方法です。またソーシャルレンディング型の不動産投資も現在、少ない金額で投資を始めることができ、複数の不動産へ分散投資ができる投資手法として人気を集めています。投資の方法だけを見れば、類似点がある2つの投資方法ですが、実は投資の運用や性質は大きく異なっています。今回はJ-REITとソーシャルレンディング型の不動産投資の特徴と違いについて解説をしていきます。

J-REITとは?

J-REITは上場不動産投資信託であり、市場公開されているため誰でも購入することが可能です。またJ-REITは実物資産運用でないため、換金性が高く、配当益によるインカムゲインと売却益によるキャピタルゲインの両面から利益を得ることができます。しかし市場変動によって価格が下落することにより、売却損益が配当益を大きく上回り元本割れをするリスクがあります。そのためJ-REITは高値で推移しているときに購入してしまうと、値下がりによって売却損益が生じるリスクが大きくなってしまうため購入のタイミングが重要だといえます。

J-REITの特徴

  • 株式口座があれば誰でも購入可能。
  • 景気の影響による価格変動がある。
  • ファンドによる信託運用に手数料が発生する。
  • 配当益はあるが売却損益による元本割れリスクがある。
  • ファンド購入から売却までの期間制限がない。

ソーシャルレンディング型不動産投資とは?

ソーシャルレンディング型の不動産投資では、ソーシャルレンディングサービスを行う会社が公募し、ファンドに対する資金を集めます。そのため、人気があるファンドは抽選があるなどIPO(新規公開株)に近い側面もあります。また投資を一度開始をすると、その資金は不動産事業運営の資金となるため1~2年は解約できないケースが一般的ですが、安定したインカムゲインが期待でき、債務不履行による貸し倒れ(デフォルト)が発生しない限り、元本割れリスクはありません。そのためソーシャルレンディング型の不動産投資においてはデフォルトのリスクができるだけ低い会社を選ぶのが重要だといえます。

ソーシャルレンディング型不動産投資の特徴

  • 人気ファンドの場合、公募抽選に当選しなければ購入できない。
  • 市場公開されていないため価格変動がない。
  • 融資型の投資のため、ファンド運用手数料は発生しない。
  • 安定した配当益を得られるが、デフォルトによる元本割れリスクがある。
  • 一度ファンドに投資をすると、一定期間解約できない。

まとめ

J-REITとソーシャルレンディング型の不動産投資は一見似ている点が多いのですが、運用方法や投資資金の集め方の違いなどから、投資の性質は大きく異なったものとなっています。J-REITとソーシャルレンディング型不動産投資はそれぞれメリット・デメリットが異なるため、うまくリバランスをして運用していくのがよいでしょう。

各種お問い合わせやご相談はこちら