壁紙を変えるだけで入居率がアップする「プチリノベーション術」 | 不動産投資を考えるメディア

壁紙を変えるだけで入居率がアップする「プチリノベーション術」

シェアする

おしゃれな壁紙イメージ

オシャレなお部屋だと入居率は上がるけど、費用もかかってしまうのでなかなか出来そうにない。そんな悩みを持っている賃貸物件オーナーさんにオススメなのが「壁紙」を変えるプチリノベーションです。壁紙を白色の織物調の壁紙からオシャレなデザインの壁紙に変えるだけで、お部屋の印象が大きく変わるだけでなく、実は費用も安く済むのが「壁紙」を変えるプチリノベーションです。オシャレなお部屋になって入居率がアップするプチリノベーションを詳しく紹介します。

国産の壁紙でもこんなにオシャレに

壁紙は大きく分けるとサンゲツなどの国産メーカーが作っている国産壁紙と海外メーカーから輸入している輸入壁紙に分けられます。オシャレな壁紙というと海外の壁紙をイメージしてしまいがちですが、実は国産のメーカーの壁紙でも、とってもオシャレな壁紙があるのです。
例えば、レンガの壁紙を使ったお部屋はレストランのようにオシャレな雰囲気にしてくれます。そのほかにも、木目のデザインの壁紙やコンクリート調のデザインの壁紙など豊富にラインナップされています。壁紙を変えるだけで、殺風景なお部屋の印象からオシャレな雰囲気に一変します。

費用の目安はたったの数万円

こんなにオシャレな壁紙だと国産の壁紙でもどれくらいかかるのかしら?と思っている人も多いのではないでしょうか。壁紙を職人に依頼して変更した場合、6畳のお部屋の壁紙の場合、おおよそ5万円前後が相場となっています。もちろん、これは定期的に依頼する職人などがいる場合ですので、そうではない場合、単発の仕事となってしまうので、もう少し高くなり6〜8万円程度になるでしょう。(地域によっても異なります)しかも、壁紙の張り替えは数時間でできてしまうので、リフォームをするよりも非常に手軽に、そして安価に行うことができます。

オシャレな壁紙を変えて入居率アップ

そして、壁紙をオシャレな壁紙にすることで入居率のアップも期待できるのです。実際に壁紙を白の無地の壁紙からレンガ調のオシャレな壁紙にするだけで写真の印象も大きく違ってきますので、色々な賃貸物件から選ぶ際にも目に留まりやすくなり入居率アップに繋がるだけでなく、オシャレなお部屋になると賃料も少し上げても入居に繋がるため、賃貸オーナーにとっては非常によい選択肢になるでしょう。

壁紙を自分で張り替えるとさらに安く

しかも、最近だと初心者でも手軽に壁紙を貼り替えられるように予め「生のり」がついた壁紙がネット通販などで販売されています。そのようなネット通販の壁紙を利用すると、オシャレなレンガの壁紙がたったの1万円程度で張り替えられるようになります。ちょっとしたコツが必要にはなるのですが、初心者向けの壁紙の貼り方の動画などもインターネット上にはたくさん公開されていますので、それらを参考にしながら施工すれば、初心者でも数時間で簡単に壁紙を貼り替えられます。

まとめ

おしゃれな壁紙を張り替えるのが数万円で出来て、しかも入居率がアップするとは意外ですよね。費用も非常に安い上、万が一失敗しても壁紙を貼り替えて普通の量産壁紙に戻せばいいので、リスクも少なく始めることができます。壁の一面だけを変えるだけでも十分にオシャレになるので、初心者の方はまずは一部からでも始めてみるとよいでしょう。

各種お問い合わせやご相談はこちら