【2018年7月版】不動産サイトの賃貸物件数ランキングTOP10 | 不動産投資を考えるメディア

【2018年7月版】不動産サイトの賃貸物件数ランキングTOP10

シェアする

【2018年7月版】不動産サイトの賃貸物件数ランキングTOP10

不動産投資を行われている方の中には、自分の所有物件が賃貸サイトに掲載されているのを見て、一度は誇らしく思った事のある方もいるのではないでしょうか。物件を広告に出すとなれば、気になるのはサイトで掲載されている物件数のボリューム。多ければ多いほど良いという事もありませんが、少なくとも物件数はサイトの訪問者が判断する基準の一つであり、年に一度くらいは物件数が多いサイトはどこかというのを把握しておくべきでしょう。そこで今回は、大手賃貸情報サイトの物件数の上位10位を調査しましたので、ランキング形式でご紹介いたします。

第1位「goo不動産」650万1626件

goo不動産

調査時点で最も物件数が多かったのは、NTTレゾナントが運営する「goo不動産」。goo不動産では、賃貸住宅だけでなく土地や店舗、売却情報などもあり、特徴的なのは各地域の鉄道沿線に関する住みやすさや利便性の口コミ評価が多いことです。ユーザーのリアルな声を知るためにも活用できるでしょう。

■goo不動産
https://house.goo.ne.jp

第2位「LIFULL HOME’S」634万534件

chintai_no2

賃貸物件情報が日本最大級とも言われているのが、「LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)」。LIFULL HOME’Sでは、賃貸や売買などの不動産情報を提供するだけでなく、家賃相場データや地域の住人の生の声などの不動産情報を網羅しており、他にも引っ越し、トランクルーム、インテリア、保険といった、生活に関連するサービスを広く提供しています。また、他の賃貸サイトと違うのは不動投資家向けのコンテンツも充実しているという事。コンテンツの豊富さという点で選ぶならLIFULL HOME’Sは外せません。

■LIFULL HOME’S
https://www.homes.co.jp

第3位「キャッシュバック賃貸」621万5258件

chintai_no3

引越し祝い金が貰える賃貸サイト「キャッシュバック賃貸」。ここ最近で物件数を増やしたのか、並みある競合を押しのけてトップ3にランクインしています。引越し祝い金は抽選等ではなく、入居が決まれば必ず貰える現金でのキャッシュバックが人気です。本サイトを運営する株式会社TypeBeeGroupでは、他にも「ポイントゲット賃貸」というサイトも提供しており、「利用すれば必ず得がある」というところに重点を置いているようです。

■キャッシュバック賃貸
https://cbchintai.com

第4位「SUUMO」583万7564件

chintai_no4

こちらも豊富なコンテンツ量と高い知名度を誇る「SUUMO(スーモ)」。テレビCMなどのメディアでもよく見かける賃貸サイトというだけでなく、サイトの使いやすさや情報量の多さ、その他の付帯サービスや物件数などが評価され、2017年10月のオリコン日本顧客満足度ランキングでもNo.1の評価を得ています。他の数々の調査でも不動産情報サイトNo.1という高い評価を得ているSUUMOは、引っ越しの見積もりサービスやファイナンシャルプランナーによる住宅ローン相談、リフォーム相談にお役立ちコラムなど、賃貸以外の不動産全般のコンテンツの充実度を考えても、ランキング上位は当然の結果と言えるでしょう。

■SUUMO
https://suumo.jp

第5位「スマイティ」533万6703件

chintai_no5

価格.comや食べログ等を擁する株式会社カカクコムが運営する「スマイティ」。スマイティは、コンテンツ量はさほど多くないものの、逆に言えばシンプルで非常に使いやすいサイトになっています。物件数も上位組と遜色ないボリュームとなっており、検索機能も他サイトと比べてもちゃんと充実しています。昨今、「賃貸物件以外の情報や豊富な機能は必要ない、シンプルに物件を探したい」という需要も増えているといいます。そんなユーザーにはスマイティは特におすすめできるサイトと言えるでしょう。

■スマイティ
https://sumaity.com

第6位「door賃貸」450万6442件

chintai_no6

主に求人情報サイトなどを運営している株式会社リブセンスが提供する「door賃貸」。物件数も特に少ないという事もありませんし、こだわり検索ができるという点でも他サイトに見劣りしません。賃貸マンションとアパートに特化しているため、やはりシンプルに物件を探したいという人におすすめのサイトです。

■door賃貸
https://chintai.door.ac

第7位「スモッカ」476万9785件

chintai_no7

対象者全員に5万円プレゼントのキャンペーンを行なっている「スモッカ」。運営会社である株式会社じげんでは、他にも求人サイトや引越し見積もりサイト、プロバイダー比較、車買取、婚活サイトなど実に様々なサービスを提供していますが、スモッカの特徴は、物件ごとの写真の掲載数が多いこと。写真だけでなくほぼ全ての物件に間取り図が掲載されており、気になった物件の写真や間取り図を確認するならスモッカと覚えておいてもよいでしょう。

■スモッカ
https://smocca.jp

第8位「HOME ADPARK」439万1490件

chintai_no8

住まい情報のパイオニアとして不動産業者の認知度も高いのが「HOME ADPARK(ホームアドパーク)」。不動産関係者の視点から言うと、物件の掲載方法が非常に簡単で、間取り図作成などができるツールも備えているため、多くの業界関係者が利用しているのです。つまり、それは物件の更新頻度が高くなることにも繋がるというメリットがあります。公式サイトで首都圏不動産公正取引協議会の会員であることを表示していることからも、公正な取引を売りとしている様子がうかがえます。

■HOME ADPARK
https://home.adpark.co.jp

第9位「Yahoo!不動産」286万7831件

chintai_no9

月間サイト閲覧者数1100万人を誇る「Yahoo!不動産」。Yahoo!というブランド力の賜物と言って良いでしょう。駐車場や貸倉庫の検索もできることは一つの特徴と言えますが、他サイトの情報が掲載されているだけのコンテンツもあり、独自サービスというより他サイトへの依存度が高めです。とはいえ、数ある不動産サイトと比較しても物件数が少ないという事はありませんので、不動産サイトを選ぶ時の選択肢には入れておきたいところです。

■Yahoo!不動産
https://realestate.yahoo.co.jp

第10位「いい部屋ネット」286万件

chintai_no10

多くの賃貸ポータルサイトがある中で、自社物件だけで掲載数上位にあるのが大東建託が運営する「いい部屋ネット」。様々なトラブルに24時間365日対応してもらえるリバップ会員が非常に嬉しいと評判で、テレビCMも特徴的な事から知らない人はいないでしょう。しかし、評判があまり良くないとの口コミも多くあり、先日も違法労働により是正勧告を受けたばかり。大東建託の物件を所有しているのでなければ、物件数の多さという賃貸ユーザー側のメリットだけに留まるかもしれません。

■いい部屋ネット
http://www.eheya.net

まとめ

今回は、数多くの不動産サイトの中から、執筆時点で賃貸物件の掲載数が多かった10サイトをご紹介させていただきました。正直なところ、不動産ポータルサイトも依然と比べて数が多くなったため飽和状態な感は否めませんが、それぞれのサイトで独自のサービスを展開しているものもあります。不動産投資家にとって魅力的なサイトだと感じたものは入居希望者にとっても同様のことが言えますので、物件数の多さも一つの目安として今回ご紹介したサイトをご覧いただくことをお勧めいたします。

4/5 (2)

記事の平均評価

各種お問い合わせやご相談はこちら