クセが強すぎる!「変な間取り」物件に出会える不動産サイトTOP5 | 不動産投資を考えるメディア

クセが強すぎる!「変な間取り」物件に出会える不動産サイトTOP5

シェアする

不動産物件の中で意外に多い「変な間取り」物件。しかし、「変な間取り」物件は、大手不動産ポータルサイトではなかなか出会うことはありません。どちらかというとニッチな不動産サイトで、ひっそりと借主が現れるのを待っています。そんな哀愁と、「なぜこんな間取りにした?」と疑問を持たずにはいられない「変な間取り」物件に出会える不動産サイトをご紹介します。

不動産セレクトショック!

アートな不動産会社「赤龍馬不動産」の裏サイト

不動産セレクトショック!

関東を中心とした珍しい物件やアート性を感じる物件を、一件一件丁寧に紹介している不動産会社「赤龍馬ハウジング」。そんな赤龍馬ハウジングが、特にショッキングな物件と認定した賃貸・売買物件を紹介しているのが裏サイト「不動産セレクトショック!」です。本サイトで、特に面白間取りに出会えるのが、「過激でショック!」と「てなとんでショック!」のカテゴリーです。

土間が部屋のど真ん中を横切る部屋

room1-2

サイトで「まさに現代の織姫と彦星!」と紹介されているこの部屋。キッチンと風呂・トイレスペースと居室の間に、天の川のように土間が横切っています。ひそかに玄関が二つあるのもポイントです。

■不動産セレクトショック!
http://aka-ryoma.com/

京都市伏見の不動産会社「ミナージュ」

伏見桃山エリアに特化した不動産サイト

ミナージュ

歴史的な酒処として有名な京都市南部にある伏見桃山。昔ながらの街並が残るこのエリアを完全に網羅している不動産サイト「ミナージュ」。ニッチなエリアに特化しているからこそ発掘できる、変わった物件に出会うことができます。

襖の向こうに「秀吉の間」が広がる2DK

room2-2

豊臣秀吉が築いた伏見城の城下町エリアに位置するマンションの一室。ダイニングキッチンの襖の奥にあるやけに広い12帖の和室。賃貸マンションでは、あまり見ることのない立派な床の間が気になります。襖を開けると、そこには黄金の床の間と屏風がある豪華絢爛な「秀吉の間」が広がっています。伏見城近くということで、秀吉ファンに向けられた物件ということでしょうか。

■ミナージュ
https://www.minaju.com/

京都トンガリエステート

京都の突き抜けた物件を紹介するサイト

京都トンガリエステート

京都の突き抜けた(変わった)物件を紹介する「京都トンガリエステート」。大手ポータルサイトで見れば「ナシだな。」と思ってしまう物件が、なんだか素敵に見えてしまう秀逸なキャッチコピーと写真のセンスが光っているサイトです。

特別な景色が広がる「恋するバスタブ」

room3-2

バルコニーのすぐ横がリラクゼーションルームという名のお風呂になっている、こちらの部屋。お風呂に入りながら、窓から通常の賃貸マンションでは見ることができない特別な景色を望むことができます。カーテン選びと居室の採光に少々悩みそうですが、一日の中で「お風呂の時間が一番大事」と言う人におすすめの物件です。

■京都トンガリエステート
https://kyoto-tongari.com/

福岡R不動産

個性的な物件を個性的に紹介するサイト

福岡R不動産

個性的な物件好きは要チェックな全国のR不動産シリーズ。3億円の無人島1島や、頭も体も総動員しないと暮らすことができない、「三鷹天命反転住宅」といった超個性的な物件が揃っています。この福岡R不動産も地方都市エリアらしいお洒落な物件と借手が見つからず荒廃しつつある物件が混在した見ごたえある不動産サイトになっています。

監獄風間取りの物件

room5-2

元の公団型物件から、極力壁を取り除きシンプルな1LDKになったこちらの物件。間取りを見ると、トイレに本来あるべき壁も取り払われ丸見え状態に。なぜこのような監獄風間取りになったかというと、「一人暮らし想定なので、トイレに壁はいらない。」というオーナーの意向だそうです。

■福岡R不動産
https://www.realfukuokaestate.jp/

Y澤不動産

間取り図ファンお馴染みの不動産サイト

Y澤不動産

間取り図ファンにはもうお馴染みの不動産サイト「Y澤不動産」。ちょっと古いけど真面目な不動産会社を感じさせるサイトトップとはうらはらに、斜め上を行く変な間取り図の物件ばかりが掲載されています。

部屋の真ん中が玄関の異次元物件

room4-2

間取り図をパッと見ただけで、異次元ぶりが伝わってくるこちらの物件。まず玄関(エレベーター)は部屋の中央にあり、そこから各部屋が通路のように広がる閉塞感あふれる物件。「13万円という高めの家賃設定にもかかわらず契約済みになってる!」と驚くことなかれ。実はこのサイト、方南町でお化け屋敷「オバケン」を運営しているイベント会社が作ったネタサイトなのです。

■Y澤不動産
http://obakensan.com/y_fudou/

まとめ

オーナーのこんな部屋にしたいという夢や借手側のことを考えずに儲け主義に走る欲望の深さ、面積や建物の制約がある中での創意工夫を見ただけで感じることができる間取り図。だからこそ、こんなにも多くの人が間取り図に引き込まれるのかもしれません。これからも途切れることなく誕生するであろう変な間取りの物件。間取り図好きは今後も本記事でご紹介した不動産サイトは要チェックです。

4/5 (1)

記事の平均評価

各種お問い合わせやご相談はこちら