まもなく迫る2020東京オリンピック。五輪後の不動産市場は!? | 不動産投資を考えるメディア

まもなく迫る2020東京オリンピック。五輪後の不動産市場は!?

シェアする

オリンピックのイメージ

残り2年までに迫った2020年の東京オリンピック。オリンピックの開催地が東京に決定した2013年以来、その影響は不動産市場にも大きく変化を及ぼすことになりました。

オリンピック効果によって都内一定エリアの地価は上昇したものの、不動産投資を行う投資家には「東京五輪が終了したあと、不動産市場はどうなるのか」という疑問のほうが気になるところ。バブル崩壊のような社会経済までにまで影響がある下落も心配されます。

しかし、過去のオリンピックデータから見ても、「オリンピックが原因で不動産価格が大幅に下落した」という事例はみられません。ただし、“オリンピック以外の要因”が原因となり、一時的に不動産価格の下落することは予想されます。

その要因とは一体何なのか、また過去のオリンピック終了後の不動産価格の変化についてお伝えしていきます。

右肩上がりに上昇している東京の中古マンション

東京の中古マンションは、アベノミクス効果の恩恵を受けたこともあり2012年10月から現在まで右肩上がりに上昇している価格推移となっています(参考:レインズ東京都の中古マンション成約単価推移)。特に、東京では五輪決定後に価格相場の上昇がみられました。

その中でも、湾岸エリアは選手村建設の影響やタワーマンション建設を受け、大幅に価格が上昇。さらに、相続税の値上がり対策とするタワーマンション節税・オリンピック効果を予想した投資家外国人によるキャピタルゲイン狙いの購入…というような要因が重なり、都内全体のマンション価格が跳ね上がったとされています。

そのため、都内のマンション価格が上昇したのは単にオリンピック効果だけではなく、節税対策やマイナス金利などの影響を受けたからです。

前回の東京オリンピックによる不動産市場への影響

前回は1964年に開催された東京オリンピック。当時は、今のような技術や発展もなかったため、新幹線・高速道路の開通や国立競技場の建設、またはテレビ需要の効果があり一気に好景気へと突入しました。そして、オリンピック後も大幅に景気が落ちることもなく、1970年まで景気の良い時代が続きました(いざなぎ景気)。

しかし、地価の上昇はあったものの、東京だけが突出して上昇した訳ではないため、オリンピック効果が地価に大きく影響があったとはいえません(一般財団法人日本不動産研究所調べ)。

2020東京オリンピック後、不動産価格は下がる!?

前回の東京オリンピック後は不動産価格に大きな変化はみられず、さらにロンドンオリンピック後の場合は経済効果もあって上昇が続きました。このことから、今回のオリンピックが終了しても“オリンピック終了が直接的な原因”となる価格暴落は可能性が低いでしょう。ただし、オリンピックに関連した複数の要因が重なることで2020年以降の不動産価格が下がる可能性があります。

理由のひとつとして、今回の東京オリンピックで不動産価格が上昇することを予想した投資家外国人の利確が挙げられます。キャピタルゲインを狙った投資家が購入したマンションを続々と売りに出すことが考えられるため、売り物件が増加し一時的に価格が下がる可能性が高くなります。

また、時間的な要因も理由のひとつで、不動産価格は上昇と下降のサイクルを繰り返すといわれています。現在は2012年から上がり続けているので、時間的な要因を考えると2020年以降に下降傾向になるかもしれません。

まとめ

今回お伝えしたように、東京オリンピック終了後はさまざまな要因もあって一時的に不動産価格が下降傾向になると思われます。不動産価格が下がれば不動産投資を始めやすくなるので、不動産投資を検討している人には良いタイミングになることも。

そのためには、今から不動産投資についての知識や頭金の確保などの準備をしておきましょう。

各種お問い合わせやご相談はこちら