不動産投資をはじめる前に受けておきたい金融教育とは | 不動産投資を考えるメディア

不動産投資をはじめる前に受けておきたい金融教育とは

シェアする

突然ですが、「金融教育」という言葉をご存知でしょうか?
金融教育と聞くと難しく感じる方でもいるかも知れませんが、この記事では金融教育について分かりやすく解説しながら不動産投資についてご紹介します。

金融教育ってどんな教育?

金融教育とは、お金の働きや経済の状況についての知識を身につけるための教育のことです。金融教育では不動産投資や株といった投資についても学んでいきます。
そもそも投資とは何かを学んでいきます。不動産投資の場合は、物件を購入して、その物件のオーナー(経営者)になって資金を得る方法です。不動産投資の特徴は、長期的にできることです。
投資を成功させるためには、その仕組みを知って対策をすることが大切です。投資の仕組みは、投資の種類によって違いますが、不動産投資の場合は、以下のような仕組みになっています。

不動産投資の流れ

①不動産会社で物件を選ぶ
不動産会社によって物件の種類や数が違うので、あらかじめ地域やターゲット層(購入者の年齢層)や物件の種類(マンション・一軒家・アパート)といったことを決めてから不動産会社を選択すると良いでしょう。

②物件を選ぶ
経営がしやすく、入居者が増えそうな物件を選びます。
契約を結ぶまえに物件見学をして治安や交通アクセスなどを確認しておくと、失敗しにくいですので自分の目で物件を見ておくことをおすすめします。

③契約を交わす
契約を交わす際には、仲介手数料・印紙代(契約書に貼り付ける印鑑が押してある小さな紙の費用)・実印の印鑑・本人であることが証明できるもの(運転免許証・保険証・パスポートなどの顔写真が掲載されているもの)が必ず必要になりますので忘れないようにしましょう。それに加えて、重要事項説明書はしっかり読んで、分からないところがあれば些細なことでも質問するようにして疑問や不安を解消しておきましょう。

④頭金を入金して経営開始
頭金を入金して賃貸経営が開始になります。

このような流れで不動産投資がはじまります。

投資を成功させるためのノウハウ

金融教育では、投資を成功させるためのノウハウ(コツ)を学んでいきます。ノウハウを身に付けておくことで、低コスト、短期間で儲けることができるようになります。不動産投資には次のようなノウハウがあります。

①目的を明確にする
投資でどのぐらい収入が欲しいのかという目標金額を明確にしておきましょう。そうすることで、のちのちの物件がスムーズにできます。
例えば、お小遣い程度の収入が欲しいという方は一軒家に投資をしておけば、少ない金額である程度の金額(およそ50万円~100万円)を稼ぐことができますし、本格的に稼ぎたいという方は、マンションやアパートといった物件に投資しておくと大金を得ることができる可能性が高くなります。

②ターゲット層を決めておく
立地が良ければ不動産物件自体を購入する人が多いから、ターゲットは絞らなくても大丈夫と思われるかも知れませんが、購入者の年齢層などによって変わってくるので購入者の年齢層をある程度決めておきましょう。

③物件の特徴(メリット・デメリット)を理解しておく
代表的な不動産物件には一戸建て(一軒家)・マンション・アパートがあります。それぞれの特徴は次のとおりです。
戸建物件は、修繕などが全て自費になり、庭の手入れをしなければならないというデメリットがありますが、自分好みにカスタマイズ(DIY)できる、ペットを飼える、管理費や修繕積立金を支払う必要がない等のメリットがありますが、近隣住民との関わりがあったり、行事に参加しなければいけないということも多いので人と関わるのが苦手という方には向いていないでしょう。
マンションは、多くの入居者を獲得することができ、管理人やコンシェルジュがいれば清掃や管理をしてもらえますが、騒音、異臭や共有部分のトラブルが発生するリスクもあります。
アパートは、マンションと違い、通常エントランスやエレベータが設置されていませんが、その分低価格というメリットがあります。
このようにそれぞれ特徴がありますので、購入者の年齢層や単身者かファミリーなのかターゲットを絞った上で需要のありそうな物件を選んでいきましょう。

③先見の明を持って物件選びをする
不動産投資の最大の特徴であり、他の投資との違いと言えるのが「すぐに結果が出る投資ではない。」というところです。
つまり、将来を見据えて物件選びをすることが重要になります。
物件が建っている環境、治安はどうか、交通アクセスはどうか、スーパーやコンビニ、公園、学校、病院などが近くにあるか等を調査する必要があります。環境が整っているところに建っている物件は、長い間入居者の数が安定しやすいです。

不動産投資の基本的なノウハウはこの3つですので最低限押さえておきましょう。

金融教育を受けるメリット

金融教育の授業はプロの投資家が講師となって、分かりやすく成功の秘訣を教えてくれます。
ですので、金融教育を受ければ初心者でも、少ない資金で確実に儲ける事ができるようになりますので、まずは、この記事を参考にしてぜひ、不動産投資を始めてみて下さい。

各種お問い合わせやご相談はこちら