移動可能な未来の4畳半!?「エコカプセル」が日本上陸間近! | 不動産投資を考えるメディア

移動可能な未来の4畳半!?「エコカプセル」が日本上陸間近!

シェアする

Ecocapsule

もしかしたら、場所を選ばずに不動産投資ができるかもしれない。そんな夢のような「家」が、いま話題になっています。
その家の名は「エコカプセル(Ecocapsule)」。
電気は自家発電であり、ベッドはもちろん、バストイレやキッチンも設置されているエコカプセルは、住居面積が約6㎡というエネルギーや場所に依存しないトレーラーハウスです。
東京ビッグサイトで今年開かれた「スマートエネルギーWeek2018」においても、注目を集めたエコカプセルは住まいという概念に少し変化をもたらすのではないかとすら思わせますが、今回は、エコカプセルが不動産業界とどうかかわってきそうなのか考えてみましょう。

未来の住居「エコカプセル」とは

まず、エコカプセルがどのようなものか概要をご説明させていただきます。
外観は卵を横に倒したような形でできており、外寸は長さ4.67m×幅2.20m×高さ2.50mとなっています。
屋根には太陽光パネル、正面から見て左側にはラジオのアンテナのように風力発電のプロペラが伸びているのが特徴です。
正面と背面には開閉可能な大きな窓が付いており、まさに近未来のタイムマシンを彷彿させる風貌。
尚、詳細な情報はないものの、真っ黒な窓であるため外から中が見えないようにスモークが張られているのではないかと思われます。

肝心の室内ですが、総床面積は8.2㎡、使用可能な床面積は6.3㎡。
昔懐かしの4畳半の部屋程度の広さです。
ドアを開けて左手には小さなキッチン、入り口正面にはバス、トイレ、洗面が付いた小部屋、右手には主な居住スペースという作りになっており、居住スペースにはシングルサイズのベッドと折りたたみ可能なテーブルが両側の窓際に設置されています。
テーブルを折りたためば空いたスペースの分までベッドの拡張が可能で、シングルサイズのベッドが簡単にダブルサイズなってしまうという賢い作り。
大人2人でも広々と寝られるスペースが確保されるのであれば、くつろいだり休んだりするには十分なスペースと言えるのではないでしょうか。

と、こんな風に言葉での説明ではイメージも湧きづらいかもしれません。
実際の外観や室内の画像はECOCAPSULEの公式HPやアジア総代理店であるYBM JAPAN 株式会社のHPにてご覧いただけます。

参考:ECOCAPSULE
https://www.ecocapsule.sk/
YBM JAPAN 株式会社
https://www.ybmjapaninc.jp/ecocapsule/

移動可能な4畳半!?気になる設備は?

タイトルでも「移動可能な4畳半」と申し上げましたが、エコカプセルの総床面積8㎡は坪数に直すと約2.4坪。
つまり、4畳よりも少しだけ広い程度のスペースとなります。
実はエコカプセルは、自走はできないものの車で牽引できたり、2トン未満であるためヘリコプターで輸送することも可能です。まさにどこにでも移動可能な4畳半です。

ただ、気になるのは設備関連。
そこで、公式サイトで公表されている設備のスペックを一挙にまとめてみました。

  • 最大電力:風力750W、太陽880W
  • 電圧:12V / 24V、ソケット110 / 230V
  • 内蔵バッテリー:10kW(4日間分の電力)
  • 照明:LED照明
  • 収納:キャビネット、ラック等
  • ベッド(拡張時):2m×1.45m
  • 水道:99.998%の汚れを除去するろ過システムにより雨水や川の水が利用可能。更に水道の蛇口にもフィルター付き
  • トイレ:排水タンクとバイオトイレの併用(第二世代にて焼却式にバージョンアップ)
  • その他:床暖房、給湯器、スマートホームシステム、インターネット、避雷、スマートフォン専用アプリ
  • オプション:ミニ冷蔵庫、ミニ洗濯機

注目すべきは、4日分の電力が賄えるというバッテリーが搭載されていることや、雨水や川の水をろ過して使用するという、これ以上ないほどのエコシステムではないでしょうか。
2018年中に販売が予定されている第二世代に至っては、汚水を焼却して、少量の灰にしてしまうとシステムが採用されるとされており、いずれはファミリータイプのものやオフィスタイプ、南極や砂漠などでも住めるタイプなどの開発が検討していきたいとのこと。

エコカプセルで投資は可能?

さて、究極のエコハウスとも言えるエコカプセルですが、投資としての活用はできそうでしょうか。
日本においてはアジア総代理店であるYBM JAPAN 株式会社にて取り扱いを開始していますが、正式な販売価格などはまだ公表されていません。
また、一部報道では限定50台のうちの1台が日本に上陸したとされている程度であり、大々的なローンチは2018年の量産タイプからではないかと見られます。

とはいえ、公式サイトを見てみると価格は7万9900ユーロ。日本円にして約1000万円ですが、初期費用として2000ユーロ(約26万円)が必要となります。
これは50台限定の第一世代の価格であり、第二世代の量産タイプの価格は未定となっています。
ただ、第二世代の初期費用が300ユーロ(約4万円)となっているのを見ると、販売価格は大幅に安くなるのではないかと期待されます。

では、投資という観点から少し考えてみましょう。
仮に、販売価格が2割減の800万円だとします。
更に春から秋にかけてのキャンプシーズンが仮に180日だとしても、オートキャンプ場の稼働率は一般的に15%ほどが平均だと言われていますので、キャンプ用に30日ほどレンタルできれば上々といったところです。
レンタル料は1名あたり1~2万円に設定し、2名価格に固定して2万円でレンタルしても年間で60万円程度の収入となります。
つまり、投資金額の回収には13年ほどかかることになりますので、投資を前提として確実に儲かるとは言い難いのが現実です。

しかし、ここ数年でアウトドアに火が付いたように人気が集まっており、キャンプをしながら豪華な食事も楽しめる「グランピング」が流行しています。
そんなキャンプブームに加えてエコカプセルという目新しさがウケるとするなら、レンタル価格を5万円ほどに設定しても需要が見込めるかもしれません。
他にも、「自分でも利用できる」「場所を選ばない」「電気水道などの管理費が不要」というメリットを活かすことができれば、投資としての魅力が全くないわけではなさそうです。
そう考えると今年2018年に販売が開始される第二世代の販売価格の発表が待ち遠しく思えてきます。

まとめ

エコカプセルについては、キャンピングトレーラーと同様に固定資産税や不動産取得税がかからないというメリットもあります。もちろん、償却資産として認められる可能性も十分にあります。
しかしながら、水道を引いたり風で動かないように地面に固定するなど、容易に移動できない状態にしてしまうと固定資産税の対象とされる可能性もあります。
また、移動可能であることから住民票の申請は難しく、賃貸住宅という一つの住まいとするのは難しいという前提で考えたほうが良いでしょう。
とはいえ、移動する4畳半の賃貸アパート。
そんな響きだけでも、ちょっとワクワクする気持ちが湧くのは私だけではないかもしれません。

各種お問い合わせやご相談はこちら