【2018年総まとめ】話題になった不動産関連ニュース30選 | 不動産投資を考えるメディア

【2018年総まとめ】話題になった不動産関連ニュース30選

シェアする

2018年の不動産業界は本当に多くのニュースがありました。地銀関係が最も記憶に残っている方もいれば、例の事件の犯人が逮捕されたのが印象的だったという方もいるのではないでしょうか。この記事では2018年を振り返って、1月からの主要な不動産関連ニュースをまとめてみました。

【1月】かぼちゃの馬車問題発覚

今年始めの不動産ニュースは、やはり2017年後半からくすぶっていた「かぼちゃの馬車」の問題から始まったと言っても差し支えないでしょう。当サイトでご紹介した以下の記事も話題になりました。話題になったのはテレビ東京のワールドビジネスサテライトでスクープされたのが発端です。今年の不動産関連ニュースは、その多くがスマートデイズ社のかぼちゃの馬車問題をきっかけとして波及したものとなりました。

女性向けシェアハウス「かぼちゃの馬車」破たんと借金1億円の顛末
女性向けシェアハウス「かぼちゃの馬車」破たんと借金1億円の顛末
2018年1月25日、ニュース番組のワールドビジネスサテライトでとある会社のニュースが流れました。 「かぼちゃの馬車」という女性向けシェアハ...
〈2018年1月にあった他の事件・ニュース〉

・積水ハウスの会長交代劇

巨額地面師事件が内部紛争に波及!?積水ハウス会長の座をめぐるクーデターとは?
巨額地面師事件が内部紛争に波及!?積水ハウス会長の座をめぐるクーデターとは?
昨年8月、積水ハウスが63億円とも言われる巨額資金を地面師に騙し取られたという事件があったのをご存知の方も多いかと思います。 未だに犯人逮捕...

・不動産テック会社「イタンジ」が日本で初めてビットコインでの不動産売買を開始

・所有者不明土地の面積が九州を超える

『所有者不明土地特措法』が閣議決定!北海道を超える面積に!?
『所有者不明土地特措法』が閣議決定!北海道を超える面積に!?
平成30年度の税制改正において「土地の相続登記に対する登録免許税の免税措置」が新たに創設されましたが、それと同時に新設されることとなった「所有...

【2月】ITサービスが続々と登場

2018年2月は不動産テックに関する話題が目立ちました。特にコスモスイニシアが開発した「VALUE AI」というサービスは、未だメディアが特集を組むほどの人気ぶり。まさに不動産テックが活気づいた1年となったと言えるでしょう。

不動産の売却ならAI査定を使うべし!人気サービス7つを比較
不動産の売却ならAI査定を使うべし!人気サービス7つを比較
不動産の売却を検討し始めると、「不動産会社に連絡して、担当者に会って、査定してもらって…」なんて流れを想像される方が多いかと思います。しかし、...
2018年リリース注目のリアルエステートテック新サービス7選
2018年リリース注目のリアルエステートテック新サービス7選
昨今リアルエステートテックが進む不動産業界ですが、その波は徐々に大きくなってきています。今回はそんなリアルエステートテックを象徴する2018年...
〈2018年2月にあった他の事件・ニュース〉

・kellybucks社がビットコインで決済できる店舗「ビット不動産(Bit Real Estate)」をオープン

・大阪の不動産業者「ティー・ワイエフ」が8700万という巨額を脱税していたことが発覚し告発される

【3月】スルガ銀行、資料改ざん問題

一連のスマートデイズ問題から波及し、ついにスルガ銀行にメスが入りました。かねてからスルガ銀行の審査は緩いとされていましたが、その理由は資料改ざんだったことが発覚したのです。しかし、この時の報道はまだ、その後発覚する問題の氷山の一角でしかありませんでした…。

止まらぬスルガ銀行株の暴落!問題視されるスルガスキームとは?
止まらぬスルガ銀行株の暴落!問題視されるスルガスキームとは?
シェアハウス物件のサブリース問題が発覚後、株式会社スマートデイズは民事再生法の適用を申請しましたが、東京地裁はこれを棄却。いよいよスマートデイ...
〈2018年3月にあった他の事件・ニュース〉

・積水ハウスが世界初のブロックチェーン技術による不動産情報システムの構築を発表

・「かぼちゃの馬車」問題を巡りスマートデイズ社などをオーナー13人が集団提訴

【4月】公示地価発表

バブルと言われて久しい不動産業界ですが、昨年からバブル崩壊の可能性が幾度となく指摘されていました。ところが、2018年の公示地価発表とその内容から不動産業界は大いに沸きます。それは東京などの大都市圏だけでなく、26年ぶりに地方の地価が上昇したことが明らかになったためでした。しかしその反面、人口流出の激しい年という事実も改めて浮き彫りになりました。

2018年(平成30年)公示地価発表!今が投資用物件を購入する最後のチャンス!?
2018年(平成30年)公示地価発表!今が投資用物件を購入する最後のチャンス!?
2018年3月27日、国土交通省毎年調査を行う公示地価が発表されました。 ここ2~3年の間で地価の下げ止まりの兆候が取り沙汰されることもあり...

【5月】レオパレス21の建築基準法違反が発覚

5月に最も業界を騒がせたのは、やはりレオパレス21による建築基準法違反のニュースではないでしょうか。建築基準法が疑われる数は、なんと3万7千棟。この話題をスクープしたのはテレビ東京のガイアの夜明けでした。

レオパレス問題悪化!明らかになる建築基準法違反と隠ぺい体質
レオパレス問題悪化!明らかになる建築基準法違反と隠ぺい体質
サブリースに端を発したレオパレス問題。2014年1月に設立された「LPオーナー会」が被害者の会を設立することが明らかになりました。 昨年9月...
建築基準法違反のレオパレス事件はその後どうなった?現在の動きと変化の経緯
建築基準法違反のレオパレス事件はその後どうなった?現在の動きと変化の経緯
2018年5月に発覚した「レオパレス21の建築基準法違反事件」ですが、その後何か変化はあったのか。たった4ヶ月ほどしか経っていませんが、調べて...
今度は「遮音性と耐火性」またも建築基準法違反が発覚したレオパレス21
今度は「遮音性と耐火性」またも建築基準法違反が発覚したレオパレス21
2018年5月にテレビ東京「ガイアの夜明け」が報じたレオパレス21の建築基準法違反の問題について、企業としての信頼を損なう決定打とも言える新たな問題が...

【6月】大阪北部地震

6/18の朝8時頃に発生した震度6弱の大阪北部地震。死傷者は併せて400人以上にも上り、特に建築基準法違反により建てられていたブロック塀の倒壊により、学校に登校中の女児が犠牲になるという悲劇が大きく取り上げられました。

建築基準法違反も発覚!大阪北部地震と南海トラフ巨大地震との関連性
建築基準法違反も発覚!大阪北部地震と南海トラフ巨大地震との関連性
6月18日7時58分に起きた大阪北部地震。震源地は高槻市、茨木市、摂津市の境となる地下13kmという浅い場所で起きた為、地震速報も間に合わなか...

【7月】路線価発表

さて、夏以降の不動産業界は大きなニュースや注目の話題で溢れます。7月中に特に話題となったのは路線価ではないでしょうか。特に銀座中央通りの路線価が昨年より400万円高い1㎡あたり4432万円となり、全国的に3年連続で上昇したことが話題となりました。

超速報!2018年(平成30年度)全国の路線価ランキング
超速報!2018年(平成30年度)全国の路線価ランキング
2018年7月2日、国税庁が全国の路線価を発表しました。この記事では全国の最高路線価トップ20と全国の路線価上昇率トップ10をご紹介いたし...
〈2018年7月にあった他の事件・ニュース〉

・不動産競売流通協会が金融機関や弁護士などの専門家を主としたFKR不動産オークションを開始

新たな不動産取引市場が誕生「FKR不動産オークション」とは?
新たな不動産取引市場が誕生「FKR不動産オークション」とは?
不動産のオークションと聞くと、Yahoo!不動産や裁判所の関わる競売をイメージされる方が多いかと思いますが、実は最近「FKR不動産オークション...

・詐欺グループに犯行拠点の部屋を提供したとして不動産会社社長らが逮捕される

・コンコルディア・フィナンシャルグループの東日本銀行が不正融資を行っていたとして業務改善命令を受ける

・大東建託が社員に違法な残業、賃金未払いがあったとして労働基準監督署から是正勧告を受ける

今度は大東建託!不動産会社に根ざす違法労働の実態
今度は大東建託!不動産会社に根ざす違法労働の実態
2018年6月上旬、大東建託が違法残業等により、労働基準監督署から是正勧告を受けました。 先日、本サイトでは建築基準法違反があったと発表した...

【8月】金利上昇!?金融政策決定会合

正確には7月31日の発表ですが、月をまたいだ8月1日に日銀の金融政策決定会合の内容が大きな話題となりました。事実上、金利上昇を容認する内容となったため、住宅ローンの金利がわずかながら上昇。今後の金利上昇リスクを懸念する声が数多く上がりました。

日銀の金融政策決定会合が発表!不動産ローンや業界への影響は?
日銀の金融政策決定会合が発表!不動産ローンや業界への影響は?
7月31日正午過ぎ。日本銀行による金融政策決定会合の内容が発表されました。今回はその内容をまとめつつ、住宅ローンや不動産へどう影響するのかを解...
〈2018年8月にあった他の事件・ニュース〉

・レオパレス21の3時間で自動停止するエアコンが問題に

新たなレオパレス問題「3時間自動停止エアコン」の真相
新たなレオパレス問題「3時間自動停止エアコン」の真相
ここ最近、何かと悪い意味でニュースなどに取り上げられることが多いレオパレス21。以前は建築基準法に違反が明らかとなり、レオパレスユーザーのみな...

・NHK受信料は入居者側にも支払い義務があると最高裁で判決

NHK受信料の強制徴収決定!全国の家電付き賃貸からテレビが撤去される!?
NHK受信料の強制徴収決定!全国の家電付き賃貸からテレビが撤去される!?
2018年8月29日、ついにNHKの受信料支払い義務に関する司法による一つの判断が下されました。それは「テレビが設置されている賃貸物件について...

・オリックス銀行がAIによる「キャッシュフローシミュレータ」のサービスを開始

銀行業界初!オリックスの人工知能(AI)「キャッシュフローシミュレーター」の使い方
銀行業界初!オリックスの人工知能(AI)「キャッシュフローシミュレーター」の使い方
銀行業界として初となる人工知能(AI)による「キャッシュフローシミュレーター」をオリックス銀行が9月5日ついにリリースされました。いち早く詳細...

【9月】TATERU事件

2018年に入ってからスマートデイズ社を発端としたスルガ銀行の書類偽造問題が大きく取り沙汰されていましたが、不動産テックの代表とも言えるTATERU社も融資書類を偽造していたことが発覚。最初に報道されたのは8/31でしたが、9月に入ってから大きく問題視され、その影響でTATERU社の株価は暴落。不動産会社による悪しき慣習が世間により広く知れ渡ることとなりました。

不動産テック大手「TATERU事件」が各市場に波及【総まとめ】
不動産テック大手「TATERU事件」が各市場に波及【総まとめ】
スルガ銀行に続き、有名不動産テック企業である「株式会社TATERU」において大問題が発覚しました。既に各市場では混乱が起きるのではないか思わせ...
〈2018年9月にあった他の事件・ニュース〉

・平成30年度の基準地価発表

2018年(平成30年)基準地価発表!グラフで見るバブル崩壊以降の地価推移
2018年(平成30年)基準地価発表!グラフで見るバブル崩壊以降の地価推移
先日9月18日、国土交通省により2018年(平成30年)の基準地価が公表されました。結果はなんと、全用途地域おける地価が全国平均として27年ぶ...

・金融庁が不動産関連融資の監視強化を発表

ついに始まった!金融庁が全国の地方銀行の不動産融資を調査開始!
ついに始まった!金融庁が全国の地方銀行の不動産融資を調査開始!
今年2018年に入ってから、次々と発覚した不動産業界と銀行による書類改ざんや不正融資という問題。先日8月31日には、不動産テック企業大手の「T...

・国交省が不動産の履歴書となる仕組みを作ると発表

・不動産会社「プロフェスサービス」「ハイパイン」の2社代表が脱税で告発・逮捕される

【10月】積水ハウス地面師事件の犯行グループ逮捕

未だ報道されている積水ハウスの地面師事件に関わる犯行グループが逮捕されたのが10月。これは不動産業界関係者だけでなく、一般にも「地面師」の存在や恐ろしさを認知させる事件となりました。しかし、事件の中心人物であるカミンスカス操容疑者は海外へ逃亡中。今も捜査が続けられています。

積水ハウス巨額地面師事件の犯人逮捕!犯行の手口に見る「登記」の穴
積水ハウス巨額地面師事件の犯人逮捕!犯行の手口に見る「登記」の穴
先日、積水ハウスの巨額地面師事件の犯人らが逮捕されたというニュースが大々的に流れたのをご存知の方も多い事でしょう。案の定、世間の声として「司法...
〈2018年10月にあった他の事件・ニュース〉

・スルガ銀行に一部業務停止命令

スルガ銀行に一部業務停止命令。金融庁が下した処分と市場の反応は?
スルガ銀行に一部業務停止命令。金融庁が下した処分と市場の反応は?
「オマエの家族皆殺し!」 これは実際にスルガ銀行の一連の事件を調査した第三者委員会が公表した事実に基づくものです。スルガ銀行内で実際にあった...

【11月】大阪万博の開催決定

今年最後の大きな話題とも言えるのが、大阪万博開催決定のニュースではないでしょうか。国会でも揉めに揉めたカジノ法案もまだ記憶に新しいところですが、大阪万博決定により周辺の開発がより具体的になったことで、不動産業界の関係者や投資家も多くこの話題を取り上げました。

大阪万博の開催決定!投資目的の不動産は今から買うべき?
大阪万博の開催決定!投資目的の不動産は今から買うべき?
2018年11月24日、かねてから期待されていた「大阪万博」の誘致が決定しました。半年以上が経過した今も多くのメディアと個人による期待の声が聞こえてき...
〈2018年11月にあった他の事件・ニュース〉

・TATERU事件に絡み、西京銀に立ち入り検査

TATERU資料改ざん事件の詳細が判明!内部で起こっていた驚きの事実とは
TATERU資料改ざん事件の詳細が判明!内部で起こっていた驚きの事実とは
昨年8月末、不動産テック会社としてはパイオニア的存在であるTATERU社が、スルガ銀行の事件に続いて資料改ざんを行っていた事実が発覚し、ニュー...

まとめ

こうして見ると、2018年は不動産業界だけに絞っても多くの話題や事件がありました。スルガ銀行やレオパレス21など、かねてからくすぶっていた問題が今年になって大きな転換を迎えたという印象が否めません。残念だったのは、これから盛り上がりを見せるはずだった不動産テックに対し、TATERU社の事件が水を差す形になったことではないでしょうか。とはいえ、仮想通貨で不動産が買えるようになったり、ブロックチェーン技術を使った不動産管理が推進されてきたことを考えると、今後も不動産業界の変化には注目していきたいと思います。

5/5 (4)

記事の平均評価

各種お問い合わせやご相談はこちら