クリスマス時期は「新国興市場の株価」の動向に注目。そのワケとは!? | 不動産投資を考えるメディア

クリスマス時期は「新国興市場の株価」の動向に注目。そのワケとは!?

シェアする

クリスマスの街並み

今年も12月に入るとともに、クリスマスシーズンが近づいてきました。例年、クリスマスシーズンの12月は株価の変動が大きくなる時期で、その1つに「新国興市場」があります。

12月の新興市場の株価は1年の中でも大きく変動する時期となっており、クリスマスなど季節の余韻に浸っていると知らない間に損失となってしまう可能性が出てきます。
「どうしてなのか?」という理由をお伝えしていきますので、これから新国興市場の株価購入予定者、または既にお持ちの方はクリスマスの新国興市場の動向に注目を。

「新国興市場」とは?

新国興市場とは、企業の成長性はあるが実績はまだ見られない企業などに対して、株式上場による資金調達の場を設けるためにつくられた株式市場のことをいいます。いきなりの業績急上昇・急低下などによる株価の変動が大きい発展過程の途中にある中小企業で構成されているので、投資家のための定期説明会が開催されているのが特徴的です。

クリスマスシーズンの新国興市場は下落傾向にアリ!?

クリスマスシーズンの新国興市場の株価は下落傾向していくという独特の動きをみせます。理由はいくつかありますが、その1つは「個人投資家」による要因が大きいです。

クリスマスが終了し、大晦日を迎え、新年が訪れると、個人投資家は確定申告の時期となり資料などを集めて利益を確定させなければなりません。利益が多いほど多額の税金を払う必要があるので、個人投資家はこれを嫌がります。そのための節税対策として、新国興市場の株に目が向けられます。

利益を少しでも減らすために、含み損となっている新国興株式を売却して損失を決定させる“節税対策”がとられます。なので、新国興市場の下落傾向にある銘柄の株価は売り注文が先行して、ますます下落していく可能性があります。その逆をいえば、上昇している株価は保有されるので売り注文が後退していくということになります。

このような「個人投資家」によって起きる12月特有の新国興市場の動きを理解していなければ、自身が保有している株価の下落が起きてしまい、損失が大きくなるかもしれないので注意が必要となります。

2つ目の要因は、「機関投資家」によるものです。
機関投資家は年末時点で保有している株式の情報を資金提供者に公開する必要があります。公開時に下落している株式を保有していると、機関投資家としての信頼度にも関わってきます。なので、資金提供者の信頼を失わないために、一時的に「含み損となっている新国興銘柄を外す」という対策が取られることもあります。

この2つの要因が同時に重なることで、結果的にクリスマスシーズンの新国興市場の株価は「下落傾向」になってしまうということです。

下落傾向=買い時である

上記で挙げた2つの要因がメインとなり、12月の新国興市場は下落傾向になります。しかし、市場全体が下落傾向ということは、“買い時”であるということ。

下落している銘柄は株価が低いので、非常に購入しやすい時期になっています。また、12月は一時的に下落しているだけであって、その先は再度上昇していく傾向が強いです。これから新国興銘柄の購入予定者にとって12月は“オススメの買い時”だといえます。

売り注文が多くなる期間は15日前後がピークとなりますので、購入予定者はこの期間を狙ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

クリスマスシーズンである12月の「新国興市場の動向」についてお伝えしていきました。
12月の新国興市場は、「損失となりやすい時期」と「チャンスになりやすい時期」が合わさっていることがわかります。

損失の回避、チャンスの確保にも繋がっていきますので、株式を既にお持ちの方、また購入を予定している方は、12月の新国興市場の動向に注目してみてください。こういった経済のデータを参考にしていけば、株式投資のテクニックが向上していくことでしょう。

各種お問い合わせやご相談はこちら