サラリーマンに最適!初期費用を抑えた必見のマンション投資法とは? | 不動産投資を考えるメディア

サラリーマンに最適!初期費用を抑えた必見のマンション投資法とは?

シェアする

2019060301

サラリーマンとして働いている方の中には不動産投資で不労所得を得たいとお考えの方もいるのではないでしょうか。ある程度の預金などがあり、株やビットコインなどのリスキーな方法で投資経験がある人の中には手堅く不動産投資をしたいと思われるケースも少なくありません。

特にサラリーマンの方は堅実なので、不動産投資ならマンション投資という人が多いです。今回は、サラリーマンの方でも初期費用を抑えてできるマンション投資について詳しくご紹介します。

サラリーマンにマンション投資がおすすめの理由

近年、サラリーマンの方で不動産投資を始めて大家さんになったという話をよく聞きます。サラリーマンという職業は安定性も高く、大手企業なら不安なく生涯働けるような気もしますが、個人主義が浸透し、先行きの不安がある場合も少なくありません。

そんなサラリーマンが不労所得で稼げる不動産投資を選んでいます。特に不動産投資ならマンション投資が選ばれていますがどうしてでしょうか。マンション投資をサラリーマンが選ぶ理由には次のようなものがあります。

  • 初期費用を抑えて始められる
  • 初期費用を抑えられるのでリスクが軽減できる
  • 無理せず不動産投資を始められる

不動産投資と言っても、一軒家などの中古住宅を購入する場合もありますし、アパートを一棟買う方もいらっしゃいます。マンション投資ならば、マンションの一部屋から始められるので初期費用をかなり抑える事ができます。

無理せずマンション投資を始めることでリスクも抑えられるのです。サラリーマンならば安定収入がありますが、リスクが多い投資よりもマンション投資で手堅く不労所得を得られる方がお得と言えます。

マンション投資なら初期費用を抑えられる?

不動産投資を行いたいというサラリーマンの方はある程度の預貯金を持っていますが、全く借り入れを行わずキャッシュでマンションを買えるという人は少ないです。ある程度の借入は不動産投資の場合だと必要になりますが、マンション投資ならどうして初期費用を抑える事ができるのでしょうか。

例えば、戸建て住宅を買う場合、土地と建物を購入する事になります。家賃が取れるような戸建て物件は駅近でなければなりませんので、当然、土地の値段も高いです。土地と建物で数千万円では購入できない物件も多いのです。

アパート経営やマンション経営の場合、マンションのように個々の部屋を購入できません。アパートやマンションを一棟買いしなければならないのです。サラリーマンの方で初めて不動産投資をするのにアパートやマンションの土地と建物を一棟買いする事は難しいでしょう。

その点、マンション投資ならば、マンションの部屋ごとに売買契約を結ぶことができます。初期費用はマンション1部屋を購入する事から始められるので土地代もいらず初期費用を抑えられるのです。また、初期費用を抑える分駅から近い人気の物件を購入する事が可能になります。

サラリーマンのマンション投資セミナーとは?

サラリーマンの方でマンション投資をお考えの方の中にはマンション投資セミナーに参加してみようかとお考えの方も多いです。確かにセミナーでは様々な不動産知識を得られる場合もありますが、不動産会社と結託した悪質なマンション投資セミナーもあるので注意が必要になります。

マンション投資セミナーには無料と有料があり、有料の物だと数十万円の費用がかかる場合もあるのです。一概に無料の物が悪質だとは言えませんが、有料セミナーでもあまり知識を得られなかったという場合もあるでしょう。

マンション投資セミナーに参加する場合は、まず、セミナーの口コミなどを見てみましょう。悪い口コミが多いようなら止めた方が良いです。セミナーで数十万円払うよりも自分である程度不動産投資の勉強をするという人も多いので、まずは無料のセミナーに複数で参加してみてどのようなものなのか知っておくという方法もあります。

マンション投資のメリット・デメリット

サラリーマンがマンション投資をする場合次のようなメリット・デメリットが考えられます。

メリット
  • 不労所得を得ることができる
  • 管理会社にお任せできる
  • 税金の節税ができる場合もある
  • 様々なリスク回避に繋がる
  • 家族に資産を残せる
  • 景気が悪くても収入を得られる

サラリーマンは本業を持っています。当然、会社の仕事を休んで副業を行う事はできませんし、仕事中に株取引もできません。しかし、マンション投資なら仕事中でも管理会社にお任せすれば不労所得を得ることができます。

本業の仕事が不景気になり給料が例え下がってもマンション投資の賃料は入ってきますし、いざという時は家族に資産を残す事もできるのです。また、マンション投資で赤字を出せば申告する事で節税対策にもなります。

デメリット
  • 入居者がなければ収入が無い
  • 数千万円単位の初期費用が必要
  • 不良物件を買うリスクもある

マンション投資は株やビットコインに比べると投資のリスクは少ないと言われていますが、デメリットが全くないわけではありません。当然、入居者がいなければ不労所得を得ることはできませんし、悪徳不動産業者に人気の無い不良物件を売りつけられたというサラリーマンもいます。

初期費用は他の不動産投資に比べて抑えられますが、それでも数千万円必要です。このような点を考慮して始めなければならないです。

新築と中古マンションの初期費用と収入例

実際にサラリーマンの方がマンション投資を行う場合、新築と中古マンションではどれくらい初期費用と収入が違うのでしょうか。収入例を挙げながらご紹介します。

〇新築のマンション投資一例
購入場所 東京都(駅徒歩10分)
購入金額 5,000万円
自己資金 3,500万円
借入金額 1,500万円
返済 25年
金利 2.5%
月家賃 15万円
年間家賃収入 180万円
管理費+諸経費 家賃の10%
表面利回り 3.2%
実質利回り 2.7%
〇中古マンション投資一例
購入場所 東京都(駅徒歩5分)
購入金額 3,000万円
自己資金 3,000万円
月家賃 9万円
年間家賃収入 108万円
管理費+諸経費 家賃の10%
表面利回り 3.6%
実質利回り 3.1%

■参考:収益・投資物件 簡単収支シミュレーション

特にサラリーマンで初めてのマンション投資なら新築マンションより中古マンションの方が初期費用を抑えられますし上手くいけば融資を受けずにマンション投資を始められ利回りも良いです。

まとめ

一時期に比べるとサラリーマンのリストラなどは減りましたが、働き方改革の影響で残業代が付かなくなり、収入が減ったという声も聞かれます。不動産投資を始めるなら初期費用を抑えられるマンション投資がおすすめですが、良い物件を購入できれば良いものの、その逆だと資産を減らす可能性もあるのです。

賢くマンション投資で不労所得を得るには、ある程度の知識とノウハウが必要になります。セミナーなどを活用するのも良いですが、資格を取ったり、自分で勉強したりする事で不動産知識を得てリスクを減らす事もできるでしょう。

3/5 (1)

記事の平均評価

各種お問い合わせやご相談はこちら