ノンバンクと銀行融資との違い、ノンバンクから融資を受けるメリット | 不動産投資を考えるメディア

ノンバンクと銀行融資との違い、ノンバンクから融資を受けるメリット

不動産投資では多くの場合、融資を組むことになりますが、その選択肢の1つが「ノンバンクからの融資」です。
では、そもそもノンバンクとはどういう金融機関なのでしょうか。ノンバンクと銀行融資との違いやメリットやデメリット、おすすめのノンバンクについてご紹介します。

ノンバンクとは?

ノンバンクとは?

不動産投資において融資というのは切っても切れない関係にあります。キャッシュで不動産を買えるような潤沢な資金力を持っている不動産投資家でない限り、不動産投資を行う人は融資を受けるということを常に念頭に置きながら、進めていく必要があります。

このような不動産投資に関わる融資してもらう先としては銀行などの金融機関が第一候補に挙がってきます。ただ、銀行をはじめとした金融機関は融資審査が厳しいケースがほとんどです。

そのため、不動産投資を考えている人の中には銀行などの金融機関の融資審査に通らないような人も多数存在しています。そこで次の選択肢として登場してくるのが「ノンバンク」になります。

ノンバンクとはお金の貸出ししか行っていない金融機関のことです。預金業務といった仕事を行っている銀行などとはその点が大きな違いとなってきます。

このノンバンクの例としては消費者金融、クレジットカード会社、信販会社などを挙げることができます。このようなノンバンク融資については銀行融資と比較したときに銀行より高い金利が設定されている場合がほとんどになります。さらに銀行で融資を受けた場合よりも返済にかかる期間が短く設定されており、短い期間でより多くのお金を返済していくことが求められます。

非常に融資の条件が悪くなるため、不動産投資を行うために融資を検討している人達の間でも敬遠されがちなのがこのノンバンクを利用した不動産投資のための融資になります。出来る限りノンバンクからの融資は避けるべきだというのはもはや定説となっています。

ノンバンクの持つメリット

ノンバンクの持つメリット

金利や返済期間といった融資条件という点で大きなデメリットを抱えているのがノンバンクからの融資になります。ただ、ノンバンクからの融資に全くメリットがみられないのかと言えば決してそんなことはありません。むしろ場合によってはノンバンクの融資が持つ特徴が大きなメリットとなって、不動産投資家を利してくれる場合もあります。

ノンバンクの融資が銀行などの金融機関からの融資よりも大きく勝っている点があります。ここからはノンバンクから不動産投資に対する融資を受けるメリットについて述べていきます。

それは融資までの審査が下りるスピードになります。不動産投資というのは一種のスピード勝負のような要素があります。それこそたくさんの不動産投資家が掘り出し物の物件を血眼になってさがしているという現実があります。このような不動産投資家同士の勝負に勝つためには気に入った物件が出てきたときに誰よりも早くその物件を押さえてしまう必要があります。

このためには一刻も早く金融機関の融資審査を通して、資金を手に入れる必要があります。この場合、ノンバンクの融資審査のスピードの速さが役に立つことになります。ノンバンクからスピード融資を受けることで、銀行などの金融機関からの融資審査を待っている不動産投資家の一歩先を行くことが出来ます。

また、融資を受ける場合、担保というものを差し入れる必要があります。この担保については原則融資金額と同等以上の価値を持つ担保を差し入れる必要があるのですが、ノンバンクであれば担保割れ物件でも融資が下りるケースがあります。例えば、3,000万円の融資を受ける担保に2,000万の家を設定するといったケースです。

不動産投資でおすすめのノンバンク

不動産投資でおすすめのノンバンク

上記では不動産投資を行うにあたって融資をノンバンクから受けるメリットについて述べてきました。ここからは不動産投資を行うにあたっておすすめのノンバンクを2つ紹介したいと思います。

三井住友トラストローン&ファイナンス

まず、1つ目に紹介したいノンバンクは三井住友トラストローン&ファイナンスになります。同社は首都圏などを中心に事業を行っているノンバンクになります。不動産投資への融資にも力をいれており、賃貸目的のアパートを購入する目的で融資を受けることが出来るアパートローンをサービス内容に組み込んでいます。さらに違法建築物件や築古物件でも共同担保を差し入れることにより、9割までの金額を融資してもらうことが出来ます。

また、金利は団信(団体信用生命保険)がついていなければ3.9%、団信をつけると4.3%となります。団信とは住宅ローンを組んだ人が亡くなった場合などに住宅ローンの返済が免除される制度です。

セゾンファンデックス

次に紹介するのがセゾンファンデックスになります。このセゾンファンデックスの不動産投資に対する融資の金利は変動金利で4.8%と高めの利率に設定されています。

ただ、このセゾンファンデックスには見逃せない2つのメリットがあります。それは保証人不要で融資を受けられるという事と、共同担保と呼ばれる担保を差し入れる必要が無いという事です。金利は高いですが、この2つのメリットが不動産投資への融資を考えた時に非常に大きなメリットになるため、セゾンファンデックスで融資を受けるのもおすすめです。

まとめ

ノンバンクは融資の条件こそ悪くなりますが、審査基準が緩めでスピードが早いという特徴があります。通常の金融機関と違う特性を活かせば他の投資家に先んじることが可能です。選択肢を増やすのは投資をする上で有利なので、ノンバンクを使うことも考えておくといいでしょう。

各種お問い合わせやご相談はこちら