新耐震基準は、旧耐震基準と比較して何が変わったのか? | 不動産投資を考えるメディア

新耐震基準は、旧耐震基準と比較して何が変わったのか?

シェアする

新耐震基準は、旧耐震基準と比べて何が違うのか?│画像

いつ襲ってくるかわからない大地震。昨今では新耐震基準の物件を購入することがほぼ常識になりつつありますが、新耐震基準と旧耐震基準の違いとは一体、何なのでしょうか。今回は2つの耐震基準の違いについて解説いたします。

耐震基準はどのように変わったのか?

地震に対してどれだけ耐えられるかの基準となる耐震性ですが、この耐震性を建築する時のルールとして決められたのが耐震基準です。この耐震基準というのは、建築基準法の中の耐震性に関する基準で制定されています。
耐震基準を決めるきっかけとなったのが1948年に発生した福井地震。建築基準法は2年後の1950年に制定されています。その後、世間に大きな衝撃を与える大地震が発生するたびに建築基準法が改正されています。

1964年の新潟地震で起きた液状化現象を軽減するために木造建築でも基礎部分をコンクリート化することが義務付けられ、1968年に発生した十勝沖地震を受けた1971年の改正では、マンション内の鉄筋コンクリートの柱部を強固なものにするよう義務付けられました。
さらに1978年の宮城県沖地震を受けた1981年の建築基準法の改正では項目が多岐にわたりました。この1981年の改正を新耐震基準と呼び、改正以前のものが旧耐震基準と呼ばれるようになったのです。

新耐震基準と旧耐震基準の違いとは?

新耐震基準の基本コンセプトは、大地震が起きても人命に関わる甚大な被害が出ないことです。建物の強度は、「震度6強から7に達する大規模地震で倒壊・崩壊しないこと」「震度5強程度の中規模地震ではほとんど損傷しないこと」という基準があります。
旧耐震基準では「震度5で倒れない」だったのが、新耐震基準では、中規模地震である震度5では軽いひび割れ程度で済むように建築する必要があるということです。
その新耐震基準制定後、1997年に阪神・淡路大震災が発生しました。このとき国土交通省が調べた建物の被害状況は旧耐震基準で造られた建物の約7割が小破から大破以上の被害を受けたのに対して、新耐震基準ではその割合を3割以下まで抑えることに成功したのです。

記憶に新しい2016年4月の熊本地震でも新耐震基準での建物は多く残りました。震度7を2度も観測した益城町中心部の倒壊率は旧耐震で32.1%、新耐震基準では7.6%に抑えることに成功しています。
ただし、新耐震基準が導入されたのは、1981年のこと。すでに35年以上の時期が経過しており、経年劣化した建築物も多いため、想定外の地震が発生す6れば倒壊する危険性は高まります。今後はそうした建物を補強・修繕するなどして耐震性を高める必要があるでしょう。

新耐震基準の物件は建築確認済証の交付日をチェック

1981年6月以降に建築申請が行われていれば新耐震基準に合致している建築物となります。建物が建てられた竣工年ではなく、建築確認済証の交付日を見ます。
建物を建てた場合には建築基準法などの法律に違反してないかどうかを市区町村がチェックします。そのテストに合格すれば、建築確認済証が交付されます。そうすれば、新耐震基準に合致しているということになるのです。
たとえば、1982年に竣工したマンションであっても、建築確認済証の交付日は新耐震基準以前という場合もあるのです。分からなければ不動産会社に確認をしましょう。

木造住宅は交付日が2000年6月1日以降を選ぶ

先述の通り、耐震性は大きな地震とともに改正されてきました。1995年の阪神・淡路大震災では多くの木造建築物が倒壊したため、2000年6月1日以降の法律では、木造建築物の耐震基準を上げるための改正が行われています。

具体的には、「新築時の地盤調査が義務化」、「耐力壁をバランスよく配置する」、「筋交いや柱を留める金具の種類を明確化する」などが法律によって定められることとなり、この改正以降の木造建築物はより地震に強い建物となっているのです。

新耐震基準以降の建築物でも注意すべきポイント

大地震の影響による津波などで床上浸水や床下浸水に見舞われたり、火災に見舞われたりして基礎の一部が壊れ、構造上の問題を抱えている建築物があります。大地震の影響を受けたエリアの物件では構造上の問題がないか、必ず不動産会社に確認することが重要です。

同じように構造上の問題は増築・改築などによっても発生します。増築時の処理が適切でない場合には、増築部分から耐震性が低くなる可能性もあります。

新耐震以降の物件だからといって手放しには喜べません。建築確認済証のチェックや構造上で何か問題が起きてないかなど、チェックすべき項目は数多く存在するのです。物件調査では細かいところにまで目を向けてきちんと確認することが大切です。

各種お問い合わせやご相談はこちら