アパート経営はコンサルタントや弁護士など専門家に相談すべき理由 | 不動産投資を考えるメディア

アパート経営はコンサルタントや弁護士など専門家に相談すべき理由

相談はコンサルタントやNPO法人に

相談はコンサルタントやNPO法人に

アパート経営のための情報サイトは多く、手軽に始められるケースも多くなっています。一方で始めてから知らないことが多いことに気づき、経営の見直しを行う人もいます。事前の準備が十分でなければどうしても経営が赤字になりがちなため、困った場合は専門家に相談するのが基本になります。

アパート経営で重要になるのが入居率や、賃料のバランスです。また運用の資金など運営面で躓きがちな部分は多く、コンサルタントやNPO法人に相談することは大切なポイントです。有料無料を問わず、アパート経営のセミナーは各地で開かれているため、勉強会などに参加して講師に質問する方法もあります。

物件を販売する不動産会社で相談に乗ってくれる場合もあるため、どこに問い合わせればどのようなアドバイスを受けられるかも知っておく必要があります。情報の精度も大切になるため、匿名掲示板を利用した場合や情報元が怪しい場合は別途確認をするなど工夫も必要になってきます。

はじめてセミナーに参加する場合などは事前の情報収集も大切になります。運営会社が信用できる会社か評判を確かめることも重要な作業です。良い評判だけでなく悪い評判も検索するとバランスがとりやすくなります。経営者は情報を鵜呑みにするのではなく、取捨選択する能力が大切なのです。

特に大規模なアパート経営に乗り出す場合は、コンサルタントを雇った際の料金も跳ね上がりがちです。まずは小規模なアパート経営から段階を踏むなど自分の能力を磨くことが重要な場合もあるため、マネーバランスを考えることも大切なのです。

税理士や弁護士への相談も忘れずに

税理士や弁護士への相談も忘れずに

税金に関する相談は税理士に、法律に関する相談は司法書士や弁護士へ相談するのが基本になります。税金はアパート経営にとっての難関になることが多く、書類が足りなければ受けられる控除も受けられなくなってしまう可能性があります。

特に初年度は費用がかさみがちなため早めに税理士に相談することが大切になるのです。税理士に相談することによって数十万円単位から数百万単位の税額控除を受けられる場合もあります。不動産経営を始めた場合は確定申告は必須になるため、まず税の基本を教えてもらった方が良いのです。

司法書士に相談が必要になるのは、物件の取得や売却が必要になる際です。不動産会社に代行を頼むと手数料がかさんでしまう場合があるため、司法書士に手続きをお願いした方が費用の節約になる場合があります。

住民トラブルなどがあった場合は弁護士への相談が大切です。強制退去や家賃の滞納への措置は、対応を間違えれば自分が訴えられる側になりかねないからです。あくまで法律に則った手続きが必要で、弁護士を挟まなければ費用負担が増してしまう可能性があります。ケースによって対応方法も変わることを踏まえ、他の不動産物件で培ったノウハウはあくまで参考程度にとどめておいた方が良い場合もあるのです。

トラブルを早期に解決することや、税の問題に詳しくなることは経営状況を良くすることに繋がります。トラブルが予期される中で放置をすれば、自分が管理義務を問われる可能性もあります。アパートの評判が悪くなれば入居者も集まりづらくなるため、環境をよくするためにも努力が必要なのです。

アパート経営は管理の委託も重要

アパート経営は管理の委託も重要

アパート経営をする場合は管理を委託するかどうかも重要なポイントになります。特に複数のアパートを経営する場合は物理的に一人で管理することは難しく、どこに任せるかが大切になるのです。管理会社によって委託によって生じる費用が変わるだけでなく、サポートの範囲も異なってきます。

例えば、家賃の回収を代行するかどうかです。家賃の回収を代行する場合は滞納に関しても対応してくれる場合が多く、収入低下のリスクに備えられます。空き室があっても一定の賃料を保障する会社も存在するため、事前の相談と確認が重要になります。自分で対応する場合は委託費用をおさえられますがトラブルは自分で処理する必要があります。

どの程度の割合で建物を巡回するかも大切です。建物の巡回は防犯上重要なだけでなく、共有スペースの電気が切れていないか、駐車スペースなどに雑草が生えていないか確認する業務も含まれます。外壁にひびが入るなど危険が予測される状況の場合は早めに修理が必要になる場合があります。怪我人を出してしまえば管理会社の責任だけで終わらない場合が出てきます。

掃除の回数も重要なポイントで、共有スペースがキレイであれば入居者も集まりやすくなります。回数が足りないと思ったアパート経営者が自分で掃除に行くケースもあり、管理が行き届いている場所は人気になることが多いのです。

副業としてアパート経営に乗り出す場合は、管理会社への委託もセットになることが多くなります。相場を調べるだけでなく、自分が思う経営に見合ったサポート内容かどうか確認することも大切なのです。

各種お問い合わせやご相談はこちら