ゲーム感覚で出来る!アパート経営の仕組みを解説 | 不動産投資を考えるメディア

ゲーム感覚で出来る!アパート経営の仕組みを解説

アパート経営はゲームと同じ?!

アパート経営はゲームと同じ?!
不動産投資の中でも利回りの高さと安定性で注目を集めるアパート経営。最近は副業としてアパート経営を始める人も多く、20代のOLがアパートを購入して経営するケースも珍しくありません。
経営の素人なのにアパートに投資して大丈夫なの?と疑問を持たれるかもしれませんが、全く問題ありません。アパート経営には特殊な知識も資格も必要なく、経営の初心者でもポイントさえ抑えておけばゲーム感覚でアパート経営をこなすことができるのです。一般的なビジネスとアパートでは同じ経営でも求められる資質が全く異なりますから、もちろん本業と併行してのアパート経営もOKです。
アパート経営で重要なのは「物件の選択」と「家賃の設定」、突き詰めるとこの2点のみです。物件の維持管理は管理会社に委託すれば全て任せられますし、故障箇所の修繕も連絡があり次第手続きすれば対応できるので特別な知識は必要ありません。
重要なのは「どれだけ入居者を確保できるか」、「入居者を確保するための最適な家賃はどの程度か」をゲーム感覚で判断することのみです。現実として投資した資金の行方を左右する以上、遊びの延長ではありませんが求められる作業は経営シミュレーションゲームと大差ありません。
アパート経営者としての仕事は決断することのみです。実務作業を直接オーナーが手がけることはないので、完全なデスクワークとしてアパートを経営する投資家も多く見られます。物件に足を運んだのは購入時の一度のみでその後は必要事項を連絡するだけ、というオーナーは珍しくありません。経営者としてやらなければならない仕事量はゲームよりも少ないくらいです。

資金調達もゲーム感覚で乗り切る

資金調達もゲーム感覚で乗り切る
アパート経営の最難関が資金調達です。良質な物件を購入するには十分な資金が必要不可欠ですが、全てを自己資金でまかなうのは現実的ではありません。一般的には銀行の不動産投資専用ローンから融資を受けて初期費用を工面します。審査に通過できなければ融資を受けることはできず不動産投資計画は頓挫してしまいます。
最重要課題であるローン審査もゲーム感覚で乗り切れます。ゲームとは設定された目標を乗り超えることを目指す行為であり、ローン審査の突破はまさにゲームそのものです。対象は銀行のローン審査担当者です。損失を出したくない銀行を説得するためには、いかに今回の不動産投資が安全であるかをアピールしなくてはいけません。攻略の鍵は長期的な視野に立った不動産投資計画です。
銀行にとっての最悪の結末とは、貸付金が返済不能になることです。これが銀行側のゲームオーバーの要件なのですから、融資を受ける側としてはゲームオーバーのリスクが少ないことをアピールするほど審査に通過できる可能性は高まります。
周辺の相場と比較して問題のない家賃設定や物件の持つ魅力、ライバル物件にはない強みや今後のエリア発展見込みなど攻略の鍵となるアピールポイントはいくつもあります。銀行側の信用メーターがいっぱいになるまで積極的にアピールしましょう。
仮に融資を断られても落ち込む必要はありません。不動産投資ローンを提供している金融機関はいくらでもあります。審査に落ちてもすぐコンティニューという位に気持ちを切り替えて別の金融機関に融資を申し込みましょう。審査基準は銀行によって異なるので一度落ちたくらいでゲームオーバーではありません。

ゲーム同様、状況に応じて最適な判断をする

ゲーム同様、状況に応じて最適な判断をする
ゲームというと遊びの印象を受けますが本来の意味は全く異なります。スポーツの試合のことをゲームと呼ぶように、状況に応じて最適な判断を下し最終的な勝利を目指すのがゲームです。楽しみや遊戯といった意味合いも含まれますが、本来のゲームという言葉には高度な駆け引きが含まれます。
状況に応じて最適な判断が必要という意味では、アパート経営はまさにゲームそのものです。アパート経営を取り巻く状況は常に変化し続けます。入居者はいつでも退去できますから常に空室リスクに対する備えが求められますし、エリアの人口構成や施設状況など外部要因によってアパートの価値は大きく変わります。
再開発で新しい施設が増えれば賃貸需要は高まりますが、反対に商業施設が閉鎖したり最寄り駅に急行が止まらなくなると物件の価値は大きく下がります。
アパート経営ではオーナーとして対処が可能なものと、どうやっても対処できないものがあります。それを見極めた上で最適な判断を下すのがオーナーの役割です。
アパート経営は商店の経営のように細かい判断は求められませんが、判断するポイントが少ない分だけ一つの選択が経営に大きな影響を及ぼします。ベテランオーナーだからと言ってアパート経営がうまくいく保障はありませんが、初心者だから失敗するとも決まっているわけではありません。
アパート経営というと難しいように思えますが、実際にオーナー経営者として求められるものはゲームと同じです。状況を理解した上で最適な判断を下すというゲームの基本を忘れなければ、アパート経営はきっと成功に近づくでしょう。

各種お問い合わせやご相談はこちら