戸建賃貸ブーム到来?!空き家の賃貸経営は今がチャンス! | 不動産投資を考えるメディア

戸建賃貸ブーム到来?!空き家の賃貸経営は今がチャンス!

シェアする

不動産投資は戸建賃貸がいい?!今注目の「空き家の賃貸経営」

不動産投資の一般的なイメージは「不労所得が得られる」というもの。毎月決まった収入が得られることは魅力的ですが、未だに不動産を多数所有している人が賃貸経営を行っているイメージも根強く、自分とは縁遠いイメージを抱く方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、最近ではごく普通のサラリーマンが副業で賃貸経営をしているケースも増えています。最近注目されつつある不動産投資は、実はアパートなどの戸数が多い賃貸物件ではなく、一戸建ての空き家を活用した賃貸経営なのです。

全国で空き家問題が深刻化

空き家率が年々増加している…という話を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。
平成25年の総務省の調査によると、全国の空き家戸数は820万戸、住居全体の空き家率は13.5%となっており、空き家が448万戸だった平成5年頃と比較すると、その戸数は2倍近くと急増していることが分かります。
空き家が増えている背景には、人口減少問題があります。子供の数が多かった昔は、兄弟の誰かが家を継ぐケースが多く、結婚後も親と同居して住み続けるなど空き家が出にくい状況でした。
しかし、少子化が進む今は、一度親元を離れた子供は別で新居を購入するケースが多くなってきました。そのため、親が亡くなった後に誰も住むことのない実家が「空き家」となって残ってしまったのです。
さらに、親が遺した実家を処分するのに抵抗があって何となくそのままにしている人が多いのも空き家問題に拍車をかけています。

空き家にしたままのリスクとは?

建物は人が住んでいる場合より住んでいない方が傷みやすくなります。
遠方に住みながら空き家を管理している場合、ときどき窓を開けて通風することもなかなかできず湿気がこもります。また、誰も住んでいなくてもホコリはたまってしまいます。建物が傷みが進んでしまうと、いざ「売却しよう」「誰かに貸そう」となっても、住める状況とはほど遠い状態になっている事もあり、莫大な修復費用がかかってしまうケースもあります。
その他にも空き家を放置していたために盗難被害や放火に遭ったケース、いつの間にか他人が無断で住み着いていたなどのトラブルも起きています。

空き家を有効活用する

親が住んでいた実家を相続した際、賃貸物件として活用するという選択肢があります。家賃収入で不労所得が得られると聞くと、嬉しいイメージばかりが先行してしまうかも知れませんが、当然デメリットもありますので十分に把握しておくことが大切です。

■メリット

物件の立地によって家賃相場は異なりますが、空室とならない限り、毎月家賃収入があります。例えば、月10万円の家賃なら、経費等を考慮しなければ年間120万円ほどの収入が得られます。そして人が入居しているため、空き家の時よりも通常劣化しにくいというメリットもあります。さらに、資産としての不動産を維持できるため、将来自分が住むという選択肢も可能になるでしょう。

■デメリット

賃貸契約を結んだ時点でオーナーとしての責任が発生します。「トイレが壊れた」「外壁が剥がれた」「水道が漏れた」など借り主の故意でないトラブルに関しては、原則として全てオーナー側が費用を出して修繕する必要があります。また、借り主が変わるごとに室内を綺麗にリフォームするのも重要な点です。そして家賃収入の管理や確定申告など事務処理なども行う労力が発生します。

空き家を購入してオーナーになる

現在空き家を所有している方なら元手はほとんどかからず賃貸経営ができるでしょう。
しかし、最近では敢えて空き家を数百万円と格安で購入して、賃貸経営するという空き家の戸建賃貸経営がTVなどでも度々紹介されるほど定着しています。
立地や売主の事情によって200万円程度で購入できる空き家もあります。ただ、そういった物件は外観や室内が非常に傷んでいたり、何らかのいわくつき物件という場合が多いのも実情です。
最近ではボロ家と言われるような築年数のかなり古い建物を、新築のように蘇らせるリノベーション住まいが注目されていますが、いざ戸建住宅全体をリノベーションするとなると相当のコストがかかってしまいます。初期投資を抑えるためにもリフォームは最低限に抑えるのが無難と言えるでしょう。
しかしターゲットによっては清潔感も非常に重要となります。掃除を念入りにする、壁紙を張り替えるなど自分でも可能な場所はDIYでリフォームしてみるのもおすすめです。
また、「リフォームOK物件」というのをアピールし、入居後に自由にDIYしてもらうのも経費を節約できる上、メリットの1つとして謳える有効な不動産投資手法の一つでもあります。

まとめ

相続した不動産を手放したくなくても、空き家は所有しているだけで維持費がかかります。賃貸に出せば「傷みにくく、不労所得も入る」というメリットもありますので、空き家の有効な活用方法として賃貸経営が注目されています。
たとえ空き家を所有していなくても、全国の空き家物件は社会問題にもなっているほど豊富です。不動産投資に興味を持っているなら格安で不動産投資を始めるチャンスと言っても過言ではないでしょう。
空き家を活用の際には不労所得というメリットだけにとらわれず、賃貸経営におけるデメリットがある事も十分に理解して投資を行うようにしてください。

各種お問い合わせやご相談はこちら