広島県のマンション投資は低価格物件~億ションまで選択肢が豊富 | 不動産投資を考えるメディア

広島県のマンション投資は低価格物件~億ションまで選択肢が豊富

中国・四国地方での不動産投資では、第一の選択肢として広島県を考えてみましょう。広島県は人口や物件価格の面で、不動産投資先として非常に魅力的なエリアです。この記事では広島県での投資用物件の特徴や注意点などを中心に解説しています。

広島市は人口増が顕著なのが特徴

広島市は人口増が顕著なのが特徴

広島県は瀬戸内海に面した穏やかな地域と、山野部の雪深い地域とに分かれ、観光資源が豊富な事で知られています。広島市は中国・四国地方で最大の人口を誇り、周辺自治体からの人口流入が続くなど不動産投資に適した街でもあります。産業面でも発達しており、地価を含めた不動産価値の上昇も見込めることが特徴となっています。

都心部を中心としてマンションの物件数が多く、広島市以外にも人口が多い自治体が多いことから分散投資もしやすいのが特徴となっています。新築分譲が多いなど不動産の供給面での不安が少なく、状態が良いマンションを求めやすいのもメリットです。

一方で利回りのバランスが良い物件などは早めに成約してしまう事も多いため、こまめなチェックが必要になります。タイミングを外すと築年数が古く、空き室リスクが高い物件しか見つからないことがあるからです。

広島市内でも再開発や住宅事情の変化から人口が移動しており、どこに投資するかも重要なポイントになっています。変化が顕著なのが安佐南区で、地価が下落傾向で割安感があったことなどから不動産投資が集中し、人口増と土地価格の上昇をもたらしています。空き室率も10%前後と非常に低い水準となっており、人気化しているエリアの一つです。

広島市全体の人口増加傾向は続いているため、どこに投資しどれだけのリターンを得るかは非常に重要です。全体的な利回りが高いことから、マンションの一棟買いでも収益化しやすく、資金額や許容できるリスクによって様々な戦略が取れるのも魅力です。

マンションの価格帯を選びやすいのも魅力

マンションの価格帯を選びやすいのも魅力

広島のマンションは非常に多く、価格帯も様々です。新築物件であれば価格が億を超えるいわゆる億ションも珍しくなく、付加価値が高い物件を扱っていく方法もあります。また、築年数が古く数百万円単位から投資できる物件もあります。立地からそれほど利回りが高くならないものの、比較的リスクが少ない物件が多いのが魅力です。

ポイントになるのが利回りです。築年数が20年以内で10%近い利回りを確保できるものは比較的売れやすくなっています。リフォームをした物件はそれだけ利回りが低下している場合が多く、何年程度で回収できるか慎重に検討する必要があります。

30年以上前の耐震基準が切り替わる前の物件は価格が安く利回りが高い分、リスクが高まりやすくなります。一戸買いではなく、一棟買いをする場合は利回りが高くなる傾向がありますが、それだけ資本が必要になります。

アパート経営と利回りやリスクを比較するのが基本で、不動産投資の経験が浅い内はマンション一戸から経営を始めてみるなど準備段階を経ることも大切です。不動産コンサルタントなど優秀なアドバイザーがいる場合は早め早めに投資していく方法もあります。

ただし、その分資金管理にもシビアになる必要があります。物件ごとに空室率にばらつきが多く、思ったよりも資金が回収できないと言うことはよくあるため、余裕をもって投資することが大切になるのです。

特に管理する戸数が増えれば、それだけ物件の当たりはずれが出やすくなります。採算が取れない物件をどう処理していくかも重要な課題となるのです。

マンションの価値向上や維持も重要

マンションの価値向上や維持も重要

広島はマンションの物件数が多い分、競争も激しい点に注意が必要です。物件の定期的な修繕は必須であり、必要な経費として計算しておく事が大切です。築年数が古くなればそれだけ建物が傷むため、見た目や住み心地を長く良い状態に保てるかが重要になります。維持が上手くできなければ空室が増える原因となり得ます。

リノベーションを行い、建物自体を近代化するケースも珍しくなくなっています。費用が掛かることから利回りは低下するものの、デザイナーの手を入れる事や間取りの変更を行うことで、入居率を高められる可能性があるのです。デザイン性が高いマンションは高い付加価値を求める層に非常に人気です。

間取りを変えればファミリー層や単身世帯でも富裕層に向けたアピール力が高まります。不動産の価値自体も高まるため売却する際の買取価格の向上や、優秀な担保としても活用できるようになるのです。

マンションを一戸単位で購入する際も、鍵等のセキュリティ面や冷暖房への配慮などで大きく価値が変わる可能性があります。窓を二重にするなど細やかな工夫でも物件のアピールポイントも増えます。全体のコストを抑えつつ、利便性を向上させることも不可能ではないのです。防音性能と省エネ化は常にチェックしたいポイントになっています。

管理会社に管理を委託するだけでなく、こまめに住民の要望を聞くことや掃除に行くことがプラスになることもあります。実際に住んでいる人の声はそれだけ物件改善や、次の投資のアイディアに繋がります。自分の足を運び、実際に聞かなければわからないこともあるのです。

まとめ

広島県は人口が増えている地域が複数あり、それに応じて物件の供給も増えています。とはいえ、機を逃すとお得な物件はすぐに無くなってしまいますので、常に情報のアンテナを張り巡らせておきましょう。また、競争も激しい地域ですので、維持費や差別化も広島県で不動産投資を行う上では大切な要素となります。

各種お問い合わせやご相談はこちら