格安で沖縄を満喫!沖縄の人気民泊・ゲストハウス15選 | 不動産投資を考えるメディア

格安で沖縄を満喫!沖縄の人気民泊・ゲストハウス15選

シェアする

近年再び、バブル期のような盛り上がりを見せている沖縄。ホテルやマンションの建築ラッシュで、観光でも不動産投資でも気になるスポットです。そんな沖縄を直に感じることができるのが、民泊やゲストハウスでの滞在。リゾートホテルと比べて地元の人と交流を深めることができたり、リゾートエリアでは見えないディープな沖縄を知ることができます。沖縄バブルの現状視察に、のんびりと羽を伸ばしに、民泊やゲストハウスで格安で沖縄を満喫してみてはいかがでしょうか。今回はそんな沖縄で人気の民泊やゲストハウスを厳選してご紹介いたします。

ホストが魅力的な民泊

陽気なホストが営む親戚の家のように過ごせる「とぅるば家」

太陽のような笑顔のホストとチャボたちがお出迎えしてくれる「とぅるば家」。気さくなホスト宅の一部屋に泊まるので、まるで親戚の家のような感覚で滞在することができます。海釣りや野草を使った夕食作り等、体験メニューも充実しています。人気観光スポットの美ら海水族館や古宇利大橋にも近いです。

【基本情報】
場所 国頭郡今帰仁村
1泊料金 6,500円/1人
物件タイプ ホスト宅滞在型

参考:https://stayjapan.com/area/okinawa/okinawa-northern-region/kunigami/pr/745

三線・料理名人のホスト夫婦が営む実家のように過ごせる「あらはの宿」

手つかずのマングローブの茂る海が目の前にある「あらはの宿」。三線の先生でもあるご主人と、地域行事の料理も担当している奥さんが、実家のようにあたたかくもてなしてくれる宿です。

【基本情報】
場所 国頭郡国頭村
1泊料金 8,000円/1人
物件タイプ ホスト宅滞在型

参考:https://stayjapan.com/area/okinawa/okinawa-northern-region/kunigami/pr/1341

イタリア人女性ホストによる和風民泊

那覇市中心部で、イタリア人女性ホストが営む古民家民泊。部屋は琉球畳の和の雰囲気のなかにも、どこかヨーロッパの洗練された雰囲気のインテリアになっています。目玉はホスト手作りのお洒落なイタリア風ブレックファースト。国際通り近くで国際感覚が味わえる民泊です。

【基本情報】
場所 那覇市国際通り近く
1泊料金 7,000円/1人
物件タイプ 個室

参考:https://www.airbnb.jp/rooms/11932326

ディープな沖縄体験ができる民泊

ビーチで馬と泳げる「夢有民牧場牧場」

乗馬と海遊びが両方楽しめるというレア体験ができる「夢有民牧場」。ビーチでの乗馬の他、一般道路を外乗することもできます。宿泊施設も石積みの家、薪風呂と自給自足に近い生活が体験できます。沖縄の大自然に抱かれたい人向けのワイルドな民泊です。

【基本情報】
場所 国頭郡今帰仁村
1泊料金 2,500円/1人
物件タイプ ドミトリー・個室・一棟貸しコテージ

参考:https://stayjapan.com/area/okinawa/okinawa-northern-region/kunigami/pr/1182

少年心を思い出す!ツリーハウス体験ができる民泊

大人でも一生に一度はやってみたいツリーハウスでのお昼寝。そんな少年心をくすぐる体験ができるのが古民家の宿「つばめや」。DIY愛溢れるホスト手作りのハンモックやブランコ、ツリーハウスで、時間を気にせずのんびり過ごせます。ツリーハウスではお昼寝以外にもバーベキューも可能です。

【基本情報】
場所 国頭郡今帰仁村
1泊料金 14,815円/1人
物件タイプ 古民家一棟貸し

参考:https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/153114/153114.html

沖縄ならではの農家民泊ができる「赤がわらの家」

シークワサー・ウコン・パパイヤ・バナナといった南国野菜の収穫体験ができる「赤がわらの家」。野菜作りと料理が得意なホスト夫婦が営む民泊で、沖縄の豊かなローカル食文化が味わえます。

【基本情報】
場所 沖縄県名護市
1泊料金 10,500円/1人
物件タイプ ホスト宅滞在型

参考:https://stayjapan.com/area/okinawa/okinawa-northern-region/nago/pr/1030

オーシャンビューが楽しめる!ロケーション抜群なコテージ「魂喜村」

プライベートビーチで海を満喫できる癒しのコテージ

敷地内にプライベートビーチがあり、ゆったりとオーシャンビューが楽しめるコテージ「魂喜村」。実はここはオーシャンビューやマリンスポーツだけではなく、かつて不動産セールスの世界に身を置いていたオーナーによるヒーリング体験もできる場所。
ヒーリングに不動産、何かと気になる情報が得られそうなコテージです。

【基本情報】
場所 国頭郡今帰仁村
1泊料金 5,600円/1人
物件タイプ コテージ

参考:https://stayjapan.com/area/okinawa/okinawa-northern-region/kunigami/pr/696

有名なサーフスポットが目の前!北谷のバルコニー付きコテージ

嘉手納基地や美浜アメリカンヴィレッジがあるアメリカンな雰囲気漂う北谷にあるコテージ。ベッドからオーシャンビューが望める贅沢なロケーションです。目前の海は、沖縄でも有名なダイビング・サーフィンスポット。マリンスポーツ好きにはたまりません。

【基本情報】
場所 沖縄県北谷町
1泊料金 7,900円/1人
物件タイプ コテージ

参考:https://www.airbnb.jp/rooms/13626893?irgwc=1&irclid=Rq1W9Lwl8QuZ2zpWKNw822ucUkjXmiS2BQnK3I0&ircid=4273&sharedid=&af=108670796&iratid=9627&guests=2

ビーチまで徒歩2分の一棟貸しのログハウス

目の前がビーチという好立地にある一棟貸しのログハウス。ハウス内にはダイニングキッチンもあり、リアルな沖縄ビーチライフを味わうことができます。沖縄一有名なパワースポット「斎場御嶽」にも車15分で行くことができます。

【基本情報】
場所 沖縄県南城市
1泊料金 17,500円/1泊
物件タイプ ログハウス1棟貸し

参考:https://www.airbnb.jp/rooms/6170872?location=%E6%B2%96%E7%B8%84%E7%9C%8C&s=Am271i36

那覇市内のお洒落な民泊・ゲストハウス

那覇のゲストハウスといえば「AO」

那覇のお洒落ホステルとして最も有名な「AO」。スタイリッシュなベッドスペースに、ゲスト同士で交流を深めることができるラウンジスペースもあり、長期滞在や旅行費用を抑えたい人・旅仲間を作りたい人向けのゲストハウスです。

【基本情報】
場所 沖縄県那覇市
1泊料金 2,000円/1人
物件タイプ ドミトリー・個室

参考:https://www.kitchenhostel.com/

国際通りから徒歩5分の古民家民泊

にぎやかな国際通りから一本中に入ったところにある、築65年の落ち着きのある古民家。那覇の賑やかさと歴史ある古民家の落ち着き、国際通り近くで両方を味わうことができます。

【基本情報】
場所 沖縄県那覇市
1泊料金 2,000円/1人
物件タイプ 古民家貸切り

参考:https://www.airbnb.jp/rooms/20094495?irgwc=1&irclid=Rq1W9Lwl8QuZ2zpWKNw822ucUkjXm32XBQnK3I0&ircid=4273&sharedid=&af=108670796&iratid=9627&guests=2

国際通り徒歩圏内!外観も中もお洒落なロフト付き民泊

2017年にできたばかりの新築民泊ビル。部屋は、ロフトが寝室となっており、キッチン・リビングルームもあり、長期滞在でも快適な広々とした作りになっています。

【基本情報】
場所 沖縄県那覇市
1泊料金 9,000円/1人
物件タイプ 個室

参考:https://www.airbnb.jp/rooms/19202645?irgwc=1&irclid=Rq1W9Lwl8QuZ2zpWKNw822ucUkjXiGU%3ABQnK3I0&ircid=4273&sharedid=&af=108670796&iratid=9627&guests=2

外人住宅で海外気分に浸れる民泊

北谷プライベート外人住宅!ビンテージHouse

嘉手納基地がある北谷は、米軍人向けの物件が多数ある場所。このコンドミニアムも元々米軍人向け物件を利用しており、こだわりのビンテージ家具に囲まれながら古き良きアメリカを味わうことができます。

【基本情報】
場所 沖縄県中頭郡北谷町
1泊料金 9,000円/1人
物件タイプ コンドミニアム1棟貸し

参考:https://stayjapan.com/area/okinawa/nakagami/pr/10875

本格的なアメリカのインテリアに触れられるゲストハウス「ベースサイドイン」

アメリカのミセス達に習ったというアメリカンスタイルのインテリアが素敵な「ベースサイドイン」。ハイセンスなインテリアは、全国的にも評判で、テレビ取材・雑誌の撮影スポットとしても使用されています。コンドミニアム一棟貸しというスタイルで、アメリカ中流家庭の暮らしが味わえます。

【基本情報】
場所 沖縄県宜野湾市
1泊料金 25,000円/1人
物件タイプ コンドミニアム1棟貸し

参考:http://baseside.jp/

コロニアルスタイルの洋風住宅にゆったり滞在

移動に便利な沖縄中部に位置する洋風住宅の民泊。アメリカナイズドされたキッチンや内装が直に触れることができ、一泊の価値あり。2.3人で泊まっても、一泊15,000円ぽっきりという価格も魅力です。

【基本情報】
場所 沖縄県うるま市
1泊料金 15,000円/1人
物件タイプ 個室(キッチン付き)

参考:https://www.airbnb.jp/rooms/4319006?location=%E6%B2%96%E7%B8%84%E7%9C%8C&adults=1&children=0&infants=0&s=f40slb0F

まとめ

今回ご紹介した民泊・ゲストハウスは、多くの民泊が淘汰された民泊法施行後にも生き残った強者ばかり。1つ1つ見ても、沖縄という立地を生かしたオリジナリティのある民泊が生き残っていることがわかります。

  • ホストが魅力的
  • 立地が良い
  • ディープな沖縄体験ができる
  • 外人住宅など物件自体に魅力がある

沖縄観光でリゾートホテル以外に民泊を利用するという選択肢が増えた現在、観光客も多様な楽しみ方をすることができるようになりました。沖縄バブルはまだまだ続きそうです。

記事の平均評価

各種お問い合わせやご相談はこちら