公示地価で大阪ミナミがキタを逆転!世界の投資家が狙うミナミの不動産事情 | 不動産投資を考えるメディア

公示地価で大阪ミナミがキタを逆転!世界の投資家が狙うミナミの不動産事情

シェアする

大阪ミナミ

国土交通省が2018年3月27日に発表した公示地価で大阪ミナミが初めて大阪キタを抜き、近畿地方で1位になりました。1970年の調査開始以来、キタ以外の地域が1位になるのは初めてのようです。近年、海外投資家からの注目を集めている大阪ミナミに迫ります。

大阪キタとミナミの違いとは

大阪人であれば当然知っていても、大阪をよく知らない人は「キタ」や「ミナミ」と言われても詳しくはわからないかもしれません。
大阪キタとミナミとはそのような名前の土地があるわけではなく、大阪市北区の主に大阪駅・梅田駅周辺エリアをキタと呼びます。JRや地下鉄、私鉄の駅が集中する大阪のビジネスの中心地と言えるでしょう。
一方、ミナミは昔ながらのたこ焼き屋やお好み焼き屋などの飲食店が集まる巨大繁華街です。食い倒れの街としても有名な道頓堀や心斎橋、難波歌劇で有名ななんば駅を中心としたエリアがミナミと呼ばれます。
ちなみに、キタは北区ですが、ミナミは南区のことではありません。そもそも大阪市には南区はなく、道頓堀は中央区に位置します。ミナミと呼ばれるようになったのは、天下の台所と言われる船場の南側に位置するからと言われています。キタとミナミには厳密な境界線はありませんが、どちらにも属さない本町駅周辺が境界とも言われています。
道頓堀はテレビなどで良く紹介されますので、かに道楽本店やグリコの看板は目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

クリサス心斎橋とグランフロント大阪

今年、キタを抜いて公示地価が近畿地方1位になった地点は心斎橋にあるクリサス心斎橋という商業ビルです。
飲食店やブランドショップが入る7階建ての建物ですが、面積は大型のショッピングモールと比較するとそれほど広くはありません。評価額は、2018年1月1日付で1㎡あたり1,580万円になっています。
一方、長い間近畿地方で1位を誇っていたキタの最高価格地点はグランフロント大阪という商業施設のある場所です。グランフロント大阪は平成25年から昨年までトップの座にいた地点です。今回の公示地価の発表では1㎡辺り1,500万円の評価でした。
グランフロント大阪は、9階建てで北館と南館があり、クリサス心斎橋より大きなショッピングモールです。ショップやレストランだけでなくオフィスやマンションなどで構成される複合商業施設を総称してグランフロント大阪と呼んでいます。

訪日客に人気の街となったミナミ

昨年2017年の公示地価ではグランフロント大阪が上回りましたが、その時点でもクリサス心斎橋は急激に価格を上げていました。急成長の要因は、外国資本の投入や大阪を訪れる外国人の増加が影響しているようです。
クリサス心斎橋は建設当初日本法人が所有していましたが、現在はシンガポールのクリサス・リテール・トラストが所有しています。そのためか周辺には外国からの出展や企業の進出が目立ちます。
また、大阪を訪れた外国人は大阪観光局のデータによると、2017年は前年比約18%増の1,111万人と、東京の14%を抜き、外国人からの人気は急上昇しています。
当局の調査では、大阪で行きたい場所の1位は道頓堀、2位は大阪城、3位はUSJとなっており、世界的に人気なUSJを抜いて、1位・2位がミナミとなっています。
訪れる外国人の国別では、中国からが402万人、韓国からが241万人と、この2カ国で大阪を訪れる外国人の約58%を占めます。特に韓国人は東京の153万人を抜き、国内ではトップとなっています。
道頓堀は外国でも食の街として知られていて、韓国から大阪まで飛行機で1時間半程度で来られるため、気軽に美味しいものを安く食べられる街として認識されているようです。観光客へのアンケートでは「東京は忙しい街」と認識する人もおり、その辺りは日本人が感じているものに共通しているのではないでしょうか。

まとめ

大阪ミナミは海外投資家にも人気の街ですが、公示地価は訪問する人口の多さで上がるものではありません。
海外からの訪日客が増えると周辺の飲食店などの店舗が繁盛します。そうするとそのエリアに出店したい店舗やオフィスなどの需要が高まります。それによって公示地価は上がっていくのです。2022年には大阪万博の開催が予定されているため、今後も大阪ミナミの地価高騰は続くことが予想されます。
このことからミナミに拠点を置きたい店舗やオフィス需要がキタを抜きつつあるということかもしれません。海外からの訪日客を取り込みたいのは飲食関連の企業だけではありませんので、今後様々な業種がミナミへ進出してくるでしょう。今までは大阪でビジネス街と言えばキタでしたが、ミナミがビジネスの中心地になる日も近いのではないでしょうか。

記事の平均評価

各種お問い合わせやご相談はこちら