東京と大阪、不動産投資を始めるならどっちが正解? | 不動産投資を考えるメディア

東京と大阪、不動産投資を始めるならどっちが正解?

シェアする

東京vs大阪

不動産投資を行う上で重要になのが、「どの土地に投資をするか」ということです。それを考えた時、真っ先に候補として挙がるのが東京と大阪ではないでしょうか。

日本経済の中心である東京と、西日本の経済の核である大阪。それぞれに投資を行うメリットとデメリットがありますが、今回は二つの都市で不動産投資を行う場合において総合的に比較してみました。

東京都で不動産投資を行うメリット

まず東京都での不動産投資から考えていきましょう。考えられるメリットは沢山ありますが、何と言っても一番に上がるのは圧倒的な人口の多さです。

人々が多く集まり、彼らの一人一人が住む場所を探し求めているのですから、必然的に賃貸需要は高まります。勿論その上で何処に物件を構えるか、家賃はどれくらいに設定するかという面も大切になってきます。

いくら東京都に需要があると言っても、23区外などに物件を構えたらガクンと入居希望者は減っていきます。

また、今後も人口は増え続けるでしょうから、マンションやアパートの価値も安定する可能性が高いです。今後東京オリンピックに合わせて更に需要が高まることを鑑みれば、さらなる価格上昇も期待できます。

それに先駆けて物件を所有し、折を見て売却することでキャピタルゲインを狙うことも可能でしょう。当然自分の資産として運用することも可能です。

東京都で不動産投資を行うデメリット

次に、都内で不動産投資を行う上で生じると思われる負の面にスポットライトを当てていきます。

デメリットは主に二つです。先ず言えるのが、土地の高さです。高すぎると言っても過言ではありません。その為初期投資としてかかる費用が大きく、それを回収するにもそれなりの時間がかかります。

選定した立地次第では人が集まらないこともあるため、十分な事前調査が必要になります。

そして二つ目は、都内の物件に共通して言えるが「利回りが低い」ということです。これは随分前からはっきりしていたことなのですが、なかなか利益を上げにくい、というのが都内の物件に言える傾向のようです。

その為、メリットで挙げたようにキャピタルゲインも狙う、駐車場を併設するなど、家賃以外の収入も見込める形にしないと投資は難しいようです。

大阪で不動産投資を行うメリット

続いて、大阪で不動産投資を行う場合のメリットについて考えていきましょう。

東京で生じるデメリットの裏返しでもあるのですが、適切な場所を選べば非常に土地が安い、というのが真っ先に考えられます。投資リスクは東京に比べて低いため、余裕をもって運用することができます。

大阪駅や梅田近郊であれば土地の価格もそれなりに高くなってきますが、阪急沿いなど「アクセスには困らない京都と大阪の中間」のような場所にも十分な需要があると考えられます。

こういった穴場を探すことで、投資成功の可能性を上げることができます。

大阪で不動産投資を行うデメリット

既にお気付きの方もいるかもしれませんが、これは東京で不動産投資を行うメリットの裏返しです。

つまり、これは地方全体に対して言えることなのですが、人口減少という問題を抱えているということです。

人口の少ない土地では当然入居希望者も減りますから、不動産投資を行う上で不利になります。

大阪の場合、若者の割合は60%強と、東京と比較しても大きな違いはありません。しかしながら、全体的な人口の推移としては減少傾向にあり、そこで東京と大きな差が生まれています。

病院や大学、大手企業の数でも断然東京都の方が多いため、住みやすさという観点でも大阪は不利な状況に立たされているのです。

そのため、大阪で不動産投資をする場合には、長期的に入居希望者を確保できる立地の選定が東京以上に重要になってきます。いくら土地が安かったとしても、住みたい人がいない、需要がなくなるかも知れない場所に投資するのは高いリスクを伴います。

大阪で不動産投資を行う際には、「10年先も人が住みたいと思えるエリアを選び、20年先も住むことができる物件を構える」という意識を持つことが大切になるでしょう。

まとめ

今回日本の二大都市を比較して、様々な長所と短所が見えてきました。しかし各々どういった投資戦略を行うかによってもまだまだ可能性は広がりますから、単純に東京がいい、大阪がいいということは断言できません。

どのエリアであっても空室を減らし、確実に利益を上げるためには信頼できる不動産会社を選ぶことが不可欠です。仲介業者選びに失敗すると、どんなに魅力的な物件でも悲惨な末路を辿ることになりかねません。

本当に様々な可能性があるだけに土地の下調べや情報の整理といった事前準備が大切です。近い将来、遠い未来のことを総合的に考えた上で、しっかりとした戦略の元に投資を行いましょう。

各種お問い合わせやご相談はこちら