甲子園球場周辺は魅力的な投資エリアなのか? | 不動産投資を考えるメディア

甲子園球場周辺は魅力的な投資エリアなのか?

甲子園球場周辺は、魅力的な投資対象エリア画像1

第99回全国高校野球大会で、注目を集めている甲子園球場のある甲子園エリアは、実は大正時代の昔から高級住宅街として宅地開発された場所でもあります。
大阪の中心街から15分程度でアクセスできる利便性から大阪に会社を持つ経営者やビジネスマンのベッドタウンとしても知られています。
土地の価格も隣接するブランド都市「芦屋」に比べると手頃で、投資家も注目を集めています。今回はそんな西宮市の不動産投資事情を紹介いたします。

かつて高級リゾート地だった甲子園

甲子園球場を擁する西宮市は、兵庫県の南東部に位置しており、大阪と神戸のちょうど中間にあるベッドタウンです。総人口は約48万人で兵庫県で第3位の人口を抱える大都市です。

大阪の中心街からのアクセスが良いこともあり、阪急電鉄沿線の閑静な住宅街には、財界人や文化人、プロ野球選手、指導者、評論家などの邸宅が並んでいます。
また、西宮市には、関西学院大学や甲南大学を始め、大学や短大の多い文教地区としても有名です。東京ドームを擁する文教地区として知られる東京都文京区とどことなく似ているところがあります。

甲子園エリアの隣、尼崎市との市境には、武庫川(むこがわ)という川が流れていますが、その昔、地元の人は「向こう側(むこがわ)に住む」ことをステータスとしていた時代があります。

もともと甲子園という名は、大正時代から昭和初期時代にかけて開発された高級リゾート地の名前です。
大阪が発展するに従って、風光明媚な土地を求めた実業家たちは、甲山(かぶとやま)を背にして海側に広がる土地を鉄道会社や不動産会社とともに開発したのです。
この時代に開発された土地の名前は、甲子園の他に昭和園、甲風園、甲東園、甲陽園、苦楽園、香櫨園の7つがあり、これらを総称して西宮七園と言います。

甲子園球場はどのようにしてできたのか

全国高校野球選手権は1917年から開催されています。当時は武庫川の河口近くの「鳴尾球場」で開催されていましたが、その近くの「甲陽中学校」が優勝した影響で野球人気が一気に高まり、新球場の開設が望まれていました。

まず、武庫川の水防を改良する資金を捻出するため、阪神電鉄に河川敷を売却しました。そこで阪神電鉄が甲子園の開発構想の一環として武庫川の支流の申川と枝川を埋め立て、1924年に甲子園大運動場を建設。それがのちの甲子園球場になりました。

甲子園エリアは、国道2号線から南に向かって、一番町、二番町と地名がつけられていますが、それは阪神電鉄がこの地を開発分譲した時につけた地名になっています。
一番町の先にある現・武庫川女子大学には、帝国ホテルを設計したフランク・ロイド・ライトの弟子の遠藤新による甲子園ホテルがあります。大きな娯楽施設を囲むようにして、宅地開発を行った大正当時のニュータウンだったのです。

古くからのインフラが残る町

阪神電鉄各線、JR東海道本線が町を横断し、大阪中心街へのアクセスも良い甲子園エリア。
古くからのインフラが整うこの町では、毎年、約200~500人規模で子育て世代の転入が増えており、2011年から2016年の5年間で西宮市の人口は1.1%増加し、2020年にピークを迎え、そこから緩やかに減少していくと予測されています。

現在、人口が微増している甲子園エリアには、賃貸のマンションの供給量が急増しています。
西宮市全体の世帯構成は、65%が二人以上の世帯で残りの35%が単身世帯になります。
転入組のファミリー層が多く、その3割ほどはマンション暮らしです。経営者やビジネスマンなどの単身世帯では通常よりもやや広い物件を好んでいるようです。

区分マンションの収益物件は多いのですが、一戸建てや土地は少なく、相場もやや割高の傾向があります。

毎年夏に全国高校野球選手権が開催される甲子園球場があるため、観光で利用する民泊需要も見込めるエリアです。さらに文教地区でもあるので、学校周辺の物件には学生の需要もありそうです。

甲子園エリアでの買い物と言えば、阪神電鉄の甲子園駅にあるイオン甲子園店が有名でしたが、2017年5月末で惜しまれつつ閉店してしまいました。
今後、新たな商業施設がオープンする予定となっているようです。

まとめ

古いインフラが残る甲子園エリアは、今後も投資対象として注目を集めるエリアです。
急激な勢いで子育て世代が転入しており、兵庫県内でも屈指のマンション供給率を誇る西宮市ですが、古い街並みが残っており、マンションを建築するための大きな土地が少ないのが投資対象になり得る物件がなかなか出にくい理由なのかもしれません。
今後、街の再開発が進めば、一気に投資対象として注目されるエリアになる可能性を大いに秘めたエリアとも言えるでしょう。

各種お問い合わせやご相談はこちら