不動産業界知識

不動産業界知識

火災を未然に防ぐ!物件購入前に知っておきたい防火地域と準防火地域

不動産投資において大敵なのが火災。木造アパートのような物件では、ひとたび火災が起きれば、一気に燃え広がる危険性を孕んでいます。 そんな...
不動産業界知識

家賃滞納リスクを防ぐ「家賃債務保証会社」の選び方

賃貸物件のオーナーにとって、経営を大きく圧迫する家賃の滞納。日本住宅管理協会の調べでは、全国で家賃の滞納率は6.6%。関西圏では8.0%...
不動産業界知識

意外と知らない?公示地価と住みやすさの関係

毎年1月1日時点の地価を調査し、3月頃に発表される公示地価。そもそも公示地価ができたのは、売り手と買い手の複雑な事情に左右されがちな不動...
不動産業界知識

空き家所有者は要注意!「空き家対策特別措置法」の注意点とは?

日本では今「空き家の増加」が社会問題になっています。 2013年の総務省のデータによると、空き家は5年前に比べて63万戸増え820万戸...
不動産業界知識

知らないと損する!登記簿に書かれているウソ・ホント

不動産の所有権を証明するものが登記簿です。登記簿にはその不動産の所有者や土地の状況などが書かれています。しかし、登記簿に載っていることは...
不動産業界知識

新耐震基準は、旧耐震基準と比較して何が変わったのか?

いつ襲ってくるかわからない大地震。昨今では新耐震基準の物件を購入することがほぼ常識になりつつありますが、新耐震基準と旧耐震基準の違いとは...
不動産業界知識

不動産投資ブームに一巡感。今後の展望は?

国土交通省が9月29日に発表した2017年8月の新設住宅着工件数は、前年同月比で2.0%減の8万562戸。貸家の着工件数は6月から前年同...
不動産業界知識

不動産投資家は宅建業免許を受けるべき?違反するとどうなる?

大家が客付けに入居者が物件探しにお世話になる街の不動産屋さん。 例外なく宅建業の免許を受けているはずですが、賃貸や売買の仲介、物件の売...
不動産業界知識

不動産の賃貸需要を見極める3つの方法(基礎編・中級編・応用編)

不動産投資でもっとも恐れるべきリスクの1つは、空き室リスク。防ぐためには、購入前の需要調査が鍵を握ります。物件選定を間違えると入居者を見...
不動産業界知識

不動産取引が簡単になる「IT重説」とは?

IoT、フィンテック、AI……etc。IT技術などを活用した新しいビジネスが目白押しの昨今、ついに不動産取引にもIT化の波が押し寄せてい...
不動産業界知識

不動産経営において重大なリスクになり得る「ニオイの問題」

物件選定の際、購入物件が駅から近いかどうか、コンビニやドラッグストアなど利便性が高い施設が近くにあるかなどが一般的に重要視されます。 ...
不動産業界知識

秋台風に備えたい賃貸物件のリスクヘッジ

毎年夏から秋に掛けては台風のシーズンです。台風による猛烈な風や雨で所有する賃貸物件に雨漏りや外壁の破損など様々なトラブルが発生する可能性...
不動産業界知識

となりの家の火事で自分の物件も燃えたら、どうなる?

となりの家が火事です。その火が今にも自分の所有する物件にも届きそうです。炎が燃えうつったら大変。どうしましょう。でも、大丈夫。責任は全て...
不動産業界知識

不動産業界が大きく変わる「2022年問題」とは?

不動産業界の「2022年問題」というものをご存じでしょうか? 2022年以降、人のいない僻地のような場所に賃貸用アパートやマンションが...
不動産業界知識

もし所有物件で殺人事件が起きたら・・・どうすればいい?

以前、引越しの予定があり、物件を探していた時に、バラバラ殺人の現場となった物件を見たことがあります。 直接中を見たわけではありませんが...
不動産業界知識

民法改正が不動産投資の実務に与える影響とは?

2017年5月26日、民法(債権法)の改正法案が参議院で可決され、6月2日に公布されました。改正民法は、公布日から3年以内に施行すること...
不動産業界知識

不動産投資において重要な「土地の価格と住みやすさの関係」

毎年1月1日時点の地価を調査し、3月頃に発表される公示地価。そもそも公示地価ができたのは、売り手と買い手の複雑な事情に左右されがちな不動...
不動産業界知識

不動産投資をする上で注意したい不審火と放火事件

埼玉県・熊谷市で連続不審火が大々的にニュースで報道されています。現場周辺では、人気のない場所の物置やロッカーなどが燃える事件も起きており...
不動産業界知識

不動産投資をする前に知っておくべきリスクと対策

不動産投資は他の投資同様に様々なリスクがありますが、そのリスクの対策方法をきちんと知っておくことでリスクを最小限に抑えて投資を行うことが...
不動産業界知識

年間3000万人?!来たる外国人社会にどう対応すべきか?

年間20万人の外国人受け入れが必要 すでに人口減少社会を迎えている日本では、将来の働き手不足や社会保障制度をどの層が担っていくのか大き...