業界知識 | 不動産投資を考えるメディア - Part 2

「 業界知識 」一覧

不動産業界が大きく変わる「2022年問題」とは?

不動産業界が大きく変わる「2022年問題」とは?

不動産業界の「2022年問題」というものをご存じでしょうか? 2022年以降、人のいない僻地のような場所に賃貸用アパートやマンションが急増し...

民法改正による不動産投資の実務への影響とは? Vol.1

民法改正による不動産投資の実務への影響とは? Vol.1

2017年5月26日、民法(債権法)の改正法案が参議院で可決され、6月2日に公布されました。改正民法は、公布日から3年以内に施行することが定め...

不動産投資において重要な「土地の価格と住みやすさの関係」

不動産投資において重要な「土地の価格と住みやすさの関係」

毎年1月1日時点の地価を調査し、3月頃に発表される公示地価。そもそも公示地価ができたのは、売り手と買い手の複雑な事情に左右されがちな不動産取引...

良い管理会社、悪い管理会社の見分け方

良い管理会社、悪い管理会社の見分け方

不動産投資家にとって最も重要なパートナーとなるのが管理会社。管理会社次第で安定収益が出ることもあれば、いつまで経っても空室が埋まらなかったり、...

年間3000万人?!来たる外国人社会にどう対応すべきか?

年間3000万人?!来たる外国人社会にどう対応すべきか?

年間20万人の外国人受け入れが必要 すでに人口減少社会を迎えている日本では、将来の働き手不足や社会保障制度をどの層が担っていくのか大きな...

単身入居者のニーズ調査から見る不動産投資

単身入居者のニーズ調査から見る不動産投資

不動産投資で満室経営を目指すのであれば、顧客である住人のニーズを満たすために空室率を下げることが家賃収入を増やすポイントになります。しかし、住...

「タンス預金」と「定期預金、投資信託、FX、不動産投資」の徹底比較

「タンス預金」と「定期預金、投資信託、FX、不動産投資」の徹底比較

不動産投資への注目度が高まっている今、いよいよタンス預金を卒業して投資を検討するという方も多いと思います。そこで気になるのが、他のメジャーな投...

住人の孤独死による大きな出費を考える

住人の孤独死による大きな出費を考える

不動産投資で収益物件を長期間所有していれば、いずれどこかで、住人の死に直面することもあります。その時にどのくらい出費がかかるのか、そこに住んで...

改正住宅セーフティーネット法の施行で空き家・空室は激減するのか?!

改正住宅セーフティーネット法の施行で空き家・空室は激減するのか?!

日本全国には2017年6月現在、空き家と空室が約820万戸、うち賃貸用住宅は約430万戸あると言われています。 そうした空き家・空室を活用で...

メディアで踊る空室率はあてにならない!?

メディアで踊る空室率はあてにならない!?

不動産投資の収入の鍵を握る空室率。昨今、首都圏の空室率の高さが話題になっています。 事実、賃貸市場を見てみると賃料の値引き交渉やフリーレントは珍...