投資に興味のないサラリーマンこそ不動産を持つべき5つの理由 | 不動産投資を考えるメディア

投資に興味のないサラリーマンこそ不動産を持つべき5つの理由

シェアする

サラリーマンと不動産
今回は「投資に無関心なサラリーマンこそ不動産投資を始めるべき」ということで、その5つの理由を解説させていただきます。

マンションやアパート、一戸建てに駐車場と、不動産投資には様々な投資先や手法がありますが、最近ではシェアハウス問題やスルガ銀行の話題も要因となり、すっかり悪いイメージが広まってしまいました。

そんな状況で投資に無関心なサラリーマンこそ不動産投資をすべきというのは、なかなか勇気あるテーマだと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、不動産投資自体は決して怪しいものではなく、あらゆる面で見た時に多くのメリットが存在するのです。

では、投資にあまり無関心の無いサラリーマンが不動産投資を始めたとして、どのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

不動産投資でよく耳にするメリット

不動産投資の初心者であったり、全く知識を持ち合わせていないという場合、まずは不動産投資がどのようなもので、どんなメリットがあるのかを調べる事から始める方がほとんどでしょう。
不動産投資自体のメリットは多く存在しますが、主に言われているのは以下のようなものです。

・不労所得を得られる
・節税対策になる
・年金代わりになる
・生命保険代わりになる
・資産が持てる
・他の投資商品よりリスクが低い
etc…

一般の不動産投資会社ではこういった点を挙げて、積極的に投資用物件を売り込むわけですが、確かにこれらは不動産投資のメリットであり、個人的も下手に先物などに手を出すよりもよほど健全で安定的な収入が得られるという点が気に入っています。

しかし、これらのメリットがあるから、老若男女問わずに誰もが不動産投資をすべきかというとそうではありません。

やはり投資という限りはリスクがゼロではありませんので、ここでは少なくともサラリーマンという安定収入がある方にとってオススメであるという前提で解説を進めていきたいと思います。

投資に無関心なサラリーマンは不動産投資を始めよ!5つの理由とは?

では、今回のテーマである投資に無関心なサラリーマンこそ不動産投資をすべきとは何故なのか。
5つの理由を解説させていただきましょう。

不動産の所有者という強みを持てる

まず一つ、不動産投資をしている人としていない人の明確な違いは、「不動産を所有している」という強みがあるか無いかです。
その強みは特に銀行に対して有効に働きます。
これは、不動産投資ローンを利用しなかった前提で考えると分かりやすいでしょう。

いずれマイホームを購入するときなどには必ず年収を見られることになりますが、会社の業績悪化や倒産、自身の都合による転職などで年収が悪化していた場合でも、不動産を所有しているというだけで住宅ローンの審査にも良い影響を及ぼします。
必ず審査に通るというものでもありませんが、高値が付く骨董品やレアアイテムをコレクションしていたところで銀行は資産と見なしません。
やはり、不動産という資産を持っている人だからこそ、銀行側も融資判断の際の安心材料として見てくれるのです。

これが投資に無関心でもサラリーマンが不動産投資を始めておくべき理由の一つ目です。

違う業界からの収入というポートフォリオになる

投資の業界では「分散」が大事であることをご存知の方は多いかと思います。
実は、分散をすべきなのは自身の所得に関しても同じです。

というのも、近年もてはやされるようになった副業解禁という言葉がありますが、日本は既に終身雇用という常識が崩れています。
こういったパラダイムシフトはあらゆる場所で起こっており、代表的なところでいうと、人間を必要としないIT技術の発達によりメガバンクが多くの人員削減を発表していることでしょう。
これにより、これまで銀行一本で働いてきた人の一部は転職に悩んでいるという話も出ています。
当然、低金利政策による業績悪化を防ぐという目的もありますが、この変化はどちらかというと、次世代の銀行にするための手始めといった色の方が強いのです。

つまり、自分が勤めている会社で今後どのような変化が起こるか分からず、より専門的な狭い分野で働いているという人ほど、いざという時の方向転換が利かない可能性があります。
よって、早い段階で不動産投資という自分とは遠い世界にも足を踏み入れる勇気が必要になるかもしれないのは、投資に無関心なサラリーマンにこそ言えることなのです。

法律や税金、ビジネスの力を身に付けられる

もう一つ、投資に無関心なサラリーマンこそ不動産投資を始めるべき大きな理由があります。
それは、税金や法律、ビジネスに関する知識が得られるということです。

サラリーマンにありがちなのが、これらの知識が無いために税制上の損をしていたり、何の気なしに行ったことが法律違反だったというようなトラブルです。
ビジネスとは言っても、不動産投資はお店を出して利益を得るようなものでもありませんが、少なくとも個人事業主となる不動産投資を始めることで、ビジネスや経済、法律、税金といったことを嫌でも覚えるようになります。
これにより、自宅と会社を何となく行き来していた生活から一歩抜け出すことになり、より賢く堅実なライフスタイルを確立することに繋がります。

ローリスクローリターンの基礎が作れる

投資に無関心な方が何か始めようという事でやりがちなのが、いきなりリスクの高い投資を始める事です。
一般的なところでいうと、FXや株式投資です。
今や口座開設から投資を始めるまでの段階が非常に簡単であるため、多くの方が投資として最初に経験されるのですが、当然ながらすぐに儲けは出ません。むしろ、負ける確率の方が限りなく高く、ビギナーズラックすらありません。

不動産投資においても、いきなり高額な物件をキャッシュ払いで購入するのであればリスクは高くなりますが、少なくとも不動産投資をするまでには、物件の選択、利回り等の計算、物件周辺の賃貸需要など自分なりに色々と考える必要があります。
高い買い物をするのですから当然のことです。

不動産自体も相場がありますので価格の上げ下げはありますが、それよりも家賃収入が入ってくるように尽力することが重要。
価格の上げ下げを気にして瞬発力を要する株やFXなどと違い、リスクとじっくりと向き合い、確実な収益を得ることができるのは、不動産投資の妙味なのです。

社会保障がもはやあてにならない

かつて、年金を払わない人が多いという事で問題となったことがありましたが、その理由として多く口にされたのは「だって、年金もらえなくなるんでしょ?」というものでした。
国や有識者たちは「それは誤解だ」という事で火消しに動いたこともありましたが、誤解どころか、実際に将来の年金に怪しい空気が立ち込めています。

今、最も年金について話題になっているのが「受給開始70歳説」です。
これは何も私の推測によるものではなく、今年に入ってから政府が年金を70歳からの支給に先送りできる仕組みを作ると報じられていることからも、いよいよ国の社会保障が切羽詰まっている状況なのが見て取れます。
どちらかというと、国も70歳からにしたいという意向の方が強いのは明らかで、受給開始年齢が60歳から65歳に引き上げられることが決定して間もなくのことですから、「将来の年金ってもらえないんでしょ?」という誤解が実現してしまいそうだという不安がよぎります。

最初に不動産投資のメリットとして年金代わりになると申し上げましたが、年金はもちろん、自身が居住することもできますので、投資に無関心なサラリーマンこそ、今のうちに不動産を所有して運用しておくべきだと言えるでしょう。

不動産投資とは「会社を経営する事」と考える

不動産投資を必要とすべき理由は個々の事情によって違いもあるかと思いますが、主には以上のような5つが挙げられます。
ただここで、これらの理由に「今すぐ始めよう!」と無茶なことは言えません。
先ほども申し上げましたとおり、不動産投資とはリスクが孕むものである事に変わりありません。

例えば、不動産投資ローンを利用する前提なのであれば、上記5つの不動産投資を始める理由の一つであった「不動産の所有者という強みを持てる」というメリットが薄れることになります。
資金を融資する銀行も、家賃収入が無くなっても給与所得などからローンの返済ができるかどうかを判断しますが、つまりそれは、フルローンで不動産投資を始めたとしたなら一般の住宅ローンを借りる際に不利となる可能性があるという裏返しでもあるのです。

そこで、不動産投資をする上で忘れてはならないこととして「不動産投資とは会社を経営することである」という考えを持った方が良いでしょう。
会社経営というと、それこそ投資に無関心なサラリーマンの方にとっては大それた事と感じるかもしれませんが、銀行から融資を受けるのは会社の経営でも同じです。
しかし、融資の返済をしても利益があるからこそ経営を続けていくことができるのです。

これは不動産投資についても同じことが言え、ローンの返済があっても尚、住宅ローンやいざという時の借り入れができる程度の余裕を持つ必要があり、どの物件を購入してもローンの支払いでいっぱいいっぱいになるようであれば不動産投資は始めるべきではありません。

投資に無関心であるからこそ不動産投資を始めるべきですが、そこには必ずリスクが潜むという事を忘れることなく、自分で会社経営を始めるのだと意識を持つことが最初の一歩と言えるでしょう。

まとめ

不動産投資とインターネットで検索すると、実に様々な情報が出てきます。
不動産投資で失敗してしまう人は、これらの情報から間違った情報や自分には不適切な情報をチョイスして覚えてしまっていることが要因の一つと言えるでしょう。

今回のテーマでは最後に、投資は会社を経営することと同じと申し上げましたが、株やFXなどの投資と違って不動産投資は物件を購入してから始まります。
それまでに、多くの物件を見て回り、利回りやリスク、最終的な売却などの出口戦略まで考えてから開始できるのは不動産投資の大きなメリットです。
逆に、始めたからには簡単に引き返せるものでもありません。

将来への備えや自身のスキルアップのために、どこまでリスクを負うことができるか。
今回の記事をお読みいただき、メリットとリスクを天秤にかけても尚、不動産投資を始めるべきと思われた方は、気持ちを少し前に向けてみることができれば、その時点で一歩前進したと言って良いかもしれません。

各種お問い合わせやご相談はこちら