不動産投資は老後の不安を払拭する手段になるのか? | 不動産投資を考えるメディア

不動産投資は老後の不安を払拭する手段になるのか?

不動産投資は老後の不安を払拭する手段になるのか

老後資金は7000万~1億円ほど不足。

40代、50代のサラリーマンが会社を辞めてから一番不安なことは、「老後の生活資金が足りなくなるのではないか?」ということです。2015年の総務省「家計調査報告(家計収支編)」によると、高齢夫婦無職世帯(夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)の1ヶ月の平均家計収支は次のようになっています。

  • 実収入:21万3379円(うち社会保障給付は19万4874円)
  • 支出:27万5706円(うち消費支出は24万3864円)
  • 赤字:6万2326円

生活費や税金、社会保険料で出費がかさみ、毎月6万円ほどの赤字を貯蓄の取り崩しで補填しているというケースが一般的のようです。1年間の家計支出は、330万8472円。仮に夫が90歳まで生きるとして夫婦二人の25年間の支出を概算で計算すると、8271万1800円になります。この金額に住宅ローンの残債やリフォーム資金、趣味やレジャー、医療や介護費用などを加えると、だいたい2000万円近くの費用がかかると言われています。
つまり、夫婦二人の25年間分の生活費として約1億円の老後資金を確保しなければならないのです。大卒で大企業に勤めているサラリーマンであれば、2000~3000万円程度の退職金が手に入りますが、1億円には程遠いということがわかるでしょう。不足分の補てん策を早急に考えなければならないのです。

貯金だけで老後資金を補てんするのは不可能

2016年の金融広報中央委員会の調査によると、老後のための資金計画を立てていない人は、6割以上もいるそうです。この理由の背景には、そもそも老後の生活にいくら必要なのか、いくら不足しているのかが明確になっていないということです。漠然と貯金をしたり、保険に入ったりしていますが、7000万~1億円ものお金を貯金だけで賄うのは難しいかもしれません。仮に、年収1000万円ある人でも税金や社会保障費を差し引くと、手取りは750~800万円程度。ここから毎月10万円ずつ銀行に貯金をしたとしても、この低金利時代ではほとんど利子がつかず資産を増やすことはできません。
例えば、40歳からスタートした場合は65歳までに3000万円しか貯めることはできないですし、50歳からスタートした場合は1800万円にしかなりません。単純な貯蓄では老後の生活資金には全く足りないため、選択肢の一つとして「資産運用」という手段を考えます。資産運用といってもリスクの高いFXや株式投資だと、収益を上げることはおろか、損失ばかり出しているという人も少なくないのが現状です。いきなり投資をスタートさせようと思っても、投資について学んだり、経験を積んだりしなければ、老後の資金を調達することはなかなか難しいでしょう。
貯蓄だけで安心するのではなく、老後の生活にいくら必要なのか、どの程度不足しているのかをしっかり計算した上で、不足分を増やすことを考えることが大切です。30代・40代から投資をスタートすることで、お金を稼いでくれる仕組み作りができます。現状では自分が働くことで収入を得ていても、いずれ高齢になればそれも難しくなってきます。そんな時に備えて今のうちに資産を効率よく運用してお金を稼いでくれる仕組みを作っておくことで、不労所得を得ることも可能なのです。

45歳から不動産投資をスタートしたサラリーマン

そんな老後の生活への危機感を覚えて、45歳から不動産投資をスタートしたサラリーマンがいました。それまでFXや株式投資にチャレンジしたものの収入を得ることは難しかったそうです。しかし、たまたま出張で転居することになったのがきっかけでスタートした自宅の賃貸経営でわずかながらお金を稼げたことが転機となり、不動産投資を本格的スタートさせたのです。
最初は金利の高い金融機関から融資を受けたため、手元にほとんどお金が残らず、このまま賃貸経営を続けていけるのか不安な気持ちでしたが、根気よく物件を買い増ししていったり、物件の自己管理やDIYなど自分でできることは何でもやるようにしていった結果、収入が安定し、少しずつ収益を残せるようになりました。
さらに、金利の低い金融機関に借り換えることによって、不動産投資をスタートしてからわずか3年間で、総資産7棟のマンションのオーナーになり、年間収益が4000万円を突破するまでになりました。現在では、会社をアーリーリタイヤして悠々自適の生活を楽しんでいるそうです。

まとめ

不動産投資にはリスクが付き物です。入居者がいなければ家賃収入は得られませんし、退去に伴うリフォームや大規模修繕などの出費がかかるため、計画的にコスト管理を行わなければ、収益を上げることは難しいでしょう。しかし、根気よく大家業を続けていくことで3年間で4億円もの資産を作り、年間4000万円の家賃収入を得ることができるようになったのです。サラリーマンが効率よく資産を作るために、不動産投資は優れた投資方法の一つと言えるでしょう。

各種お問い合わせやご相談はこちら