【2018年】不動産投資の人気書籍ランキング10選

不動産投資書籍

本

不動産投資を始めたのはいいものの、「何かが足りない!」と思っていませんでしょうか。仮に初めての不動産投資が上手くいっていたとしても「思わぬ落とし穴が!」なんて失敗談はよくある話です。そこで今回は、Amazonで評価の高い10冊を選び、本の内容や口コミをランキング形式でご紹介したいと思います。ランキングはレビュー数に対する星5の割合を算出し、その割合順にランキングしています。自分に必要な本だと思ったら、是非購入して不動産投資に活かしてみましょう。

【1位】初心者から経験者まですべての段階で差がつく!不動産投資 最強の教科書

レビュー数25
星5の数27(96%)
内容(学べること)不動産投資の基本や物件選びのコツ、融資に関することまで解説。「物件の手放し方」なんて話やメンタル面の解説もされており、Amazonでベストセラーとなっています。ダラダラと解説されているのではなくQA方式で書かれているのも評価が高いようです。特典として付いている「物件評価をする際に使用しているキャッシュフローの分析シート」も人気。
主なレビュー・初心者や実践者にも役立つ良本
・自分の不動産投資で抜け落ちていた知識も学べた
・こんなにわかりやすく書いてある本は初めて

【2位】改訂版 はじめての不動産投資成功の法則

レビュー数23
星5の数22(96%)
内容(学べること)物件の選び方から実際の賃貸経営と管理について原理原則を解説。空室対策や狙い目エリア、利回り、入居率についてなど、不動産投資に必要な知識やノウハウが凝縮されており、2014年の初版に加筆された最新版です。
主なレビュー・初心者だけではなく経験者の知識の整理に役立つ
・これほど具体的でリアルな説得力の本はなかなかない
・同じ投資でも株とは仕組みやリスクも全く違うことがよく分かった

【3位】万年赤字物件を驚異の高値で売る方法

レビュー数16
星5の数15(94%)
内容(学べること)不動産経営の出口戦略である「売却」について語られている。売却に関してといっても、物件の価値を高めるための安定したインカムゲインや空室対策について解説されています。どうすれば高く売れるのかが分かる、評価の高い本となっています。
主なレビュー・ローンの考え方やRC造のコスト、管理会社との付き合い方がとても参考になった
・売却に関する本は珍しい
・物件購入のポイントも書いてあり、物件探しの参考にもできる

【4位】高家賃でも空室ゼロ! これからの不動産投資は地方の新築デザイナーズアパートが狙い目です

レビュー数43
星5の数39(91%)
内容(学べること)デザイナーズアパートなら高い家賃でも入居者が入ると説く珍しい本。デザイナーズアパートの魅力や成功する方法はもちろん、管理会社との付き合い方や物件購入後の管理方法までデザイナーズアパートに特化した興味深い情報が満載。
著者ならではのこだわりの見える本です。
主なレビュー・利益だけに目がいくことなくアパートに住む方の目線である事が素晴らしいと思います
・知識がない初心者でも理解できる内容になっています
・地方で投資する方にはオススメの一冊です

【5位】失敗のしようがない 「新築」投資の教科書

レビュー数29
星5の数26(90%)
内容(学べること)新築はダメと言われる不動産投資において、融資の引きやすさや入居付けで有利、修繕費がかからないなど敢えて新築のメリットを説く。しかしデメリットもしっかり説明されている。著者の経験を踏まえ、購入から売却に至るまでのテクニックを詳しく解説しています。
主なレビュー・中古物件の投資方法に関する本は多くあるが、土地から新築木造という投資方法という点で貴重な書籍です
・これから不動産投資を始める方に最適な良書です
・中古不動産投資を進めてきたが、不動産投資の新たな道を示してくれた本書は参考になった

【6位】物件サポート3500人! 事例で見る“勝ち組み大家”の法則

レビュー数20
星5の数18(90%)
内容(学べること)ノウハウと成功者の経験談の両方から不動産投資を解説する本。不動産投資の歴史や購入、管理、出口戦略に至るまで網羅し、不動産投資成功した人たちの共通点まで解説されています。
主なレビュー・購入から運営、売却までの全体を網羅しているのが非常に良い
・自慢話や難しい数字が並ぶのではなく、実例が簡単に書いてあって読みやすかった
・不動産投資の歴史や不動産業界などの実録書のような内容で目からウロコ

【7位】初心者を代表して「不動産投資」について教わってきました!

レビュー数47
星5の数41(87%)
内容(学べること)不動産投資の初心者である著者と有名不動産投資家の一問一答で分かりやすく不動産投資を解説。質問数がとにかく多く、ノウハウ本と言うよりも質問集のように読むと良いでしょう。どんな人が不動産投資に向き、どのくらい利益があがるのか。そしてデメリットやリスク、物件の違いによる戦略までを網羅している一冊。
主なレビュー・利回りの種類や算出方法が書いてあり不動産投資を始める段階で役に立つ
・初心者目線で丁寧に説明されていて漠然とした不安が解消された
・初心者には分かりやすい内容になっていました

【8位】「高利回り」新築不動産投資の学校

レビュー数65
星5の数56(86%)
内容(学べること)この本ではノウハウと言うよりも、ズバッとメソッドを解説。物件やエリアの選択から、建築や設計、融資、交渉などの方法を具体的に説明している。低収入で何の経験も担保もないと語る著者がなぜ成功できたのかも解説されており、不動産投資の初心者を勇気づける一冊になっています。
主なレビュー・初心者でも実践できる具体的な方法が明記されています。この金額でこの内容は絶対に買いです
・土地仕入れと建築費のコストカットで積算以下を実現する考えはすごく斬新
・数ある不動産投資関連の書籍の中でも良書

【9位】空き家を買って、不動産投資で儲ける!

レビュー数156
星5の数129(83%)
内容(学べること)今問題になっている空き家を投資対象として解説する本。紹介される物件の利回りは全て14%以上。空き家をリフォームするコツや人生設計に合わせた不動産投資の方法など、商人的視点から不動産投資を学べる一冊です。
主なレビュー・不動産投資だけでなく、商売の基本がわかりやすく書いてあって為になった
・この本に書いてある方法は、これからの時代に合った投資になるのかも
・増える空き家に焦点を絞りわかりやすく解説したお勧めの本です

【10位】実録マンガ 好きなように生きたくて不動産投資はじめました

レビュー数23
星5の数19(83%)
内容(学べること)今回ご紹介する中でも唯一、マンガで不動産投資が解説されている。不動産投資についてはもちろん、ストーリー仕立てで将来的な資産形成について書かれている。時間を味方につけ、なぜ会社員が不動産投資をすべきなのかを説く、生き方を見直せる一冊です。
主なレビュー・単なる不動産投資の話だけでないので面白い
・投資を成功させる本質を押さえた本
・不動産投資関連では珍しくノンストップで読み切ることができました

まとめ

今年も不動産に関する良いニュースも悪いニュースも、実にたくさんの話題で溢れました。逆にそんな話題を見ている限り、日本の不動産投資家もかなり洗練されてきたと思わされることも多くなっています。それは今回ご紹介したような本の影響もあるでしょうし、信憑性のあるWEBメディアが増えてきたからとも言えるでしょう。

不動産投資の本を探すコツは「宣伝色が強すぎる」「極論すぎる」本は避ける事。そのような本の中にも良いことを言っていると思える場合もありますが、本来の不動産同士から逸脱している特殊な方法が解説されている場合が多くあります。是非自分に合った本を探して、読書の秋を過ごしてみてはいかがでしょうか。

5/5 (2)

記事の平均評価