初心者の個人投資家にオススメの不動産投資ベスト5 | 不動産投資を考えるメディア

初心者の個人投資家にオススメの不動産投資ベスト5

シェアする

若葉とオフィスビル

初めての不動産投資を行うにあたって、多くの人が「どの不動産投資を選べばいいのかわからない」「不動産投資を選ぶ視点・基準を知りたい」などの不動産投資に関する疑問や悩みを抱いています。

まさにその通りで、6帖のワンルームマンション経営から大規模なオフィスビル経営まで、大きさは違っても同じ「不動産投資」に該当します。このように“不動産投資”といっても様々なのです。

この記事を読む層は一般的に個人投資家がメインだと思いますが、個人向け不動産投資もアパート経営や駐車場経営のように多岐にわたって存在します。そのため、初心者の方にとっては情報量がありすぎて「なかなか実践できない」という人も多いはず。

そこで今回は、シンプルに「個人向けのオススメ不動産投資」を解説しながらご紹介していきます。

【第5位】ファミリータイプマンション経営

ファミリータイプのマンションは分譲で販売されることが多く、分譲であったものを「賃貸」に移行して投資物件として売り出されるケースがあります。このような物件を不動産投資用に選ぶと「リスク」が少なくなります。

なぜかというと、入居者が退去したあとに「通常のファミリーマンション」として比較的高い価格で売却することが可能だからです。さらに、購入時の価格相場も中古物件であることから安く、個人投資家には狙い目だといえます。

しかし、市場に出回る物件数が少ないため、稀少性が高く競争率も上がってしまうのが欠点となります。

【第4位】定期借地事業

建物を不必要とし、所有している土地を貸し出して収入を得る方法も不動産投資になります。不動産投資においてのリスクといえば「建物を所有すること」なため、建物投資を行わない定期借地事業は極めてリスクが低く、長期的に安定した収入を得ることが可能です。

ただし、定期借地事業を行うには「ニーズのある土地を元々所有していること」が一定の条件となり、このためだけの土地を新たに購入することはあまりオススメできません。定期借地事業は、特定の投資家にしか向いていない不動産投資となっています。

【第3位】駐車場経営

駐車場経営は、不動産投資の中でも収益性の低い投資ではありますが「イニシャルコストが低い」という点で言えば、初心者の個人投資家にオススメです。

こちらも先ほどの定期借地事業と同様に、元々土地を所有している場合に有効な活用方法となります。とは言え、駐車場経営はローリスクローリターンの代表的な投資として知られているので、新たに土地を購入して駐車場経営を行うことは不可能ではありません。

そのときは、「車の交通量が多く、駐車場の需要がある地域なのか」を見極める判断能力が必要となります。

【第2位】アパート経営

アパート経営は個人投資家が行う不動産投資の典型例であり、建築においては市場が確立されていることからハウスメーカーの見積もりが容易で、さらに発注依頼も簡単なのが特徴的です。また、ハウスメーカーによっては一括借り上げサービスも取り入れているため、管理面の心配をする必要はありません。

デメリットとして、欠点を挙げるなら「供給過剰」だということです。家賃収入には欠かせない「空室」というリスクが大きくなってしまいます。

【第1位】ワンルームマンション経営

オススメ不動産投資の第1位はワンルームマンション経営です。ワンルームマンションは資金となる“投資額”、経営する“難易度”、家賃収入としての“収益性”…と、どの要素を取っても個人投資家には最適なバランスだといえます。

単身世帯が増加傾向にあることもあって、今後はますます需要が高くなることが予想されます。東京23区などの立地が優れている物件であれば、入居者の退去後もすぐに新たな入居希望者が現れるので賃料を下げる必要もありません。

また、資産価値の高いタワーマンションのワンルームタイプだと、売却価格が購入価格を上回る可能性も。そのため、複数戸のワンルームマンションを経営する投資家が最近増えてきています。

【まとめ】

個人投資家はどうしても「資金力」という点がネック要素となってしまいます。このことから、初心者の個人投資家はできるだけ投資額を抑えて、難易度の低い不動産投資を選ぶことがポイントになるでしょう。いきなり大きな収益システムをつくろうと意気込まず、まずは小さな投資から始めてみましょう。

記事の平均評価

各種お問い合わせやご相談はこちら