初心者でも出来る「儲かるマンション経営の秘訣」 | 不動産投資を考えるメディア

初心者でも出来る「儲かるマンション経営の秘訣」

初心者でも出来る「儲かるマンション経営の秘訣」

終身雇用制は既に崩壊し、この会社に入社できれば安心だと思える時代は終わりました。加えて、年金への不安もあり、老後の生活は大丈夫だろうか?と心配される方も多くなっています。資産を持たずに老齢期に入ってしまったら、経済的にかなり制約の多い人生を送ることになってしまうかも知れません。そこで、何とかして資産形成をしたいという方が増えています。資産形成をしながら、給与とは別の収入源を持つことができる方法があります。それがマンション経営です。実際にサラリーマンをしながら副業でマンション経営をされている方も数多くいます。しかし、マンションへの投資も絶対に成功するとは言えません。確実に儲かる方法はないにしても限りなく成功に近づけるコツというのはあるのでしょうか。

マンション経営のリスクとリターン

マンション経営はよくミドルリスク・ミドルリターンと言われており、ハイリスク・ハイリターンな株やFXなどと違って比較的安全性の高い投資方法であると言えます。株やFXなどは数万円といった少額からその場で売買できるメリットがありますが、一夜にしてゼロになる危険性もあります。ゼロになるだけならまだマシで、信用取引などの場合、暴落すると大きな負債を抱えてしまうこともあります。それに対して不動産価格の下落幅は少なく、一夜にして暴落することはほぼありません。老朽化などで空室率が高くなってきたら、賃貸経営を諦め、売却することも可能です。売却益を加えれば、トータルで儲けることはそれほど難しいことではありません。定年退職前にローンが終わるように組めば、老後にローン支払いの負担を残すこともありません。

初心者・サラリーマンの副業にも最適

マンションを購入する前にしっかりとリサーチすること、そして利回りの高い物件を見つけることに注意すれば、初心者でもすぐにマンション経営を始めることができます。区分マンションなら1室から購入することができ、安価なマンションも少なくありません。低価格なマンションなら、100万円台から購入することができます。これなら、サラリーマンやOLでも十分参加可能なのではないでしょうか。管理会社に物件管理を委託すれば、管理に時間を取られることもないため、副業としても最適です。初心者でも不動産投資で儲かるチャンスはまだまだあります。少しの貯金と少しの努力があれば今から始めることも可能です。

入居率が成功を左右する

マンション経営をする場合、全ての人が多くの利益を得られるという訳ではありません。儲かるかどうかを左右する条件の一つが入居率です。この場合、誰かに部屋を貸して家賃収入を得ることを目的として行いますが、そこに入居する人がいなければ残念ながら期待している様な家賃を得ることが出来なくなります。また、家賃は全て利益となる訳では有りません。金融機関からのローンを利用してマンションを購入した場合はその収入の大半がローン返済に消える時も有ります。また、マンションは一度建てればそのままにしておくことが出来る訳ではなく、当然メンテナンスも必要不可欠となり、その分の費用も家賃収入から支払うことになります。入居率が低くなってしまうと、利益を得ることが出来ないだけでなく、赤字になってしまう危険性すらあります。

自主管理か管理会社委託か

マンション経営では、自主管理を行うなど工夫次第で利益率を高めることは十分に可能です。手間や労力をかけず安定した収入を得たいと思ったら、管理業者に委託する方法があります。例えば、部屋を一括借り上げをしてもらうことで、入居率に関係なく毎月同じ収入を得ることが出来ます。もちろん自分で物件管理をする必要も無く、掃除や家賃の回収等も全て業者任せで良いので、家主にとってより負担が軽減されるメリットがある方法となります。

まとめ

マンション経営は一定のリスクがあるものの工夫次第でリスクを下げたり、利回りを上げることも可能な投資です。それが株やFXなどの投資と大きく異なる点でもあります。初心者や多忙なサラリーマンでも管理会社に委託することで、手間をかけずに始めることもできますので、資産形成の第一歩として検討してみてはいかがでしょうか。

各種お問い合わせやご相談はこちら