ついに出た!帰宅後が快適すぎるAI搭載マンション「LUXUDEAR芝公園」 | 不動産投資を考えるメディア

ついに出た!帰宅後が快適すぎるAI搭載マンション「LUXUDEAR芝公園」

シェアする

ここまで進化した!最新型のAI搭載マンション

  • 「家に着いたら快適な温度だったらいいのになぁ…」
  • 「誰かが先にお風呂沸かしてくれてたら…」
  • 「暗い部屋に帰るのって何だか寂しいけど、照明付けっぱなしは電気代が…」
  • 「夜の帰宅時、玄関の前で鍵をバッグから取り出している瞬間が怖い…」

こんな風に、自分の家の環境について仕事帰りの道で思いふけったことのある方は多いのではないでしょうか。
特に一人暮らしの方にとって、家の中の事は全て自分で行わなければいけないのはもちろん、「帰ってすぐにこれがしたい!」を叶えるのは、人の手がないとできないと感じることも多いことでしょう。
そんな希望を満たしてくれそうな近年のIT技術。
先日、ついにAI搭載マンション「LUXUDEAR芝公園」が販売されて話題となっています。
今回は、新規分譲されたLUXUDEAR芝公園の魅力と、搭載されたAIの内容などをご紹介させていただいと思います。

人の好みを学習するマンション

AI搭載マンションと聞いて、どんな様子を思い浮かべるでしょうか。

  • 部屋に近づくと勝手に玄関扉が開く
  • 寒い冬には勝手にお風呂を沸かしてくれる
  • 歩くところだけライトが点灯する
  • エントランスにロボットコンシェルジュがいる

さすがにロボットはいませんが、LUXUDEAR芝公園では上記に近いことが実現されています。
とはいえ、LUXUDEAR芝公園に搭載されたAIでできる事を一言で伝えるのは難しいかもしれません。
AIとは人間の行動を学習し、それらのデータから希望していることを先読みして考え、その結果をアウトプットしてくれるもの。つまり、自分が無意識に行っている事ですらAIが代替してくれるため、「何ができる」ということでは括れないのです。
しかし、「CASPAR」というAI が搭載されたLUXUDEAR芝公園で可能なことを具体的にお伝えするなら、以下のようなシーンを想像すると分かりやすいでしょう。

  • 朝の起床時、自分の目覚めのタイミングに合わせて事前にカーテンを開けてくれる
  • 帰宅する時間に合わせてエアコンの電源を入れてくれたり、室温調節をしてくれる
  • 人の行動や気配に合わせてライトを調光してくれる
  • etc…

これらはあくまで一例です。
更に具体的な例を挙げるとするなら、夜中に目が覚めてトイレに行きたくなった時。
暗闇で照明のスイッチの場所が見えないことが煩わしく感じたり、足をぶつけてしまったりすることもあるでしょう。
しかし、LUXUDEAR芝公園に搭載されたCASPARなら自動で人の気配を察知し、ライトを自動で点灯してくれることでしょう。
他にも、料理の途中や掃除の最中、両手が塞がっていたりする場面でも「ライト消して」なんて一言を声に出せば照明を消してくれる。
仮に自分の好みの動きをしてくれなかったとしても、住む人の簡単な指示で変更可能ですし、それらの行動パターンがデータとして蓄積されることによって住む人の嗜好を学習し、いつしか指示が無くても全てを自動で行ってくれるようになります。

住めば住むほど自分の理想に近づいていく住環境。
CASPAR が搭載されたLUXUDEAR芝公園が、日本初の最新型のAI搭載マンションとして話題になってもおかしくありません。

LUXUDEAR芝公園の気になる価格と立地

私たちが想像していた未来の家の姿が見事に体現されている。
そんな風に感じさせるLUXUDEAR芝公園ですが、改めて不動産という視点で見たとするなら、その価格や場所などが気になるところ。
確認してみたところ、現時点で確認できるLUXUDEAR芝公園の正式な物件詳細は以下のとおりとなっています。

「所在地」
東京都港区芝2-15-3
「利用可能路線と最寄り駅」
都営三田線 芝公園駅 徒歩5分
都営浅草線 三田駅 徒歩7分
都営大江戸線 大門駅 徒歩8分
JR山手線・京浜東北線 浜松町駅 徒歩9分
東京モノレール 浜松町駅 徒歩9分
「価格帯」
AI搭載E type 3戸:6980万円~
「管理費等」
管理費:1万7590円
修繕積立金:3520円
修繕積立基金:17万5900円
「間取り・広さ」
AI搭載E type:2LDK(50.27㎡)
※LDK11.2帖、洋室5帖/4.1帖、バストイレ別、バルコニー5.89㎡
「売主・管理会社」
株式会社インヴァランス

全6路線が利用可能なのは驚きですが、立地の良さの表れとも言えるでしょう。
正式に公表されている住戸は2LDKのE typeのみとなっていますが、他に1Kを20戸、1Rを20戸の販売が予定されているようです。

LUXUDEAR芝公園のその他スペック

さて、AI搭載マンションLUXUDEAR芝公園の物件概要等をご紹介させていただきましたが、実はAIだけではなく、スマートホームの機能も備えています。
株式会社インヴァランスはマンションデベロッパー事業としてだけではなく、不動産投資アプリ「alyssa.(アリッサ)」も提供しており、投資や保険といった資産運用のコラム、そして各種セミナーの紹介などを見ることができるのですが、不動産投資情報を見るだけでなく、「ホームコントローラー」としての役割も果たすのです。

当アプリに搭載された「alyssa.touch.(アリッサタッチ)」と名付けられたホームコントローラー。
無料で使える上に照明のON/OFFはもちろん、室内の温度湿度の確認、エアコンのON/OFF、浴室の湯張り、床暖房のON/OFF、玄関の施錠などが可能となっており、まさに冒頭でお話したような「家に付いたら既に快適であってほしい!」という願いを叶えてくれる超有用なアプリとなっています。

全てが自動、離れたところからも室内のコントロールができる。
LUXUDEAR芝公園は、日本のマンションの中でも最先端のものというのは言うまでもありません。
では、セキュリティ面はどうでしょうか。
今では珍しくはないかもしれませんが、当然のようにカメラ付きオートロックシステムが採用されているため、エントランスと住戸の玄関で2重のチェックが可能です。
そして、1000億通りの理論鍵違い数で高い耐ピッキング性を誇る玄関鍵のシリンダーとダブルロック、各所に設置された防犯カメラや宅配ボックスなどもあり、防犯性の高さは折紙付きと言えるでしょう。

便利、快適、安全。
住まいにおける重要なポイントを抑え、立地としても申し分ないLUXUDEAR芝公園。
日本初のAI搭載マンションとして販売されたことで話題になりましたが、今後、AIなどの最新技術を活用した住宅が当たり前に存在する日は、刻々と近づいていると言えるのではないでしょうか。

まとめ

これまで、IT技術を駆使した不動産テックについて様々な事例をご紹介させていただきましたが、具体的には遠隔でサポートできる通信機能を備えたものや、常に警備会社が安全を見守ってくれるシステム、他にもスマートロックやスマートホームといったものがありました。
ただ、これらは全て自発的な操作が必要なものが多く、さすがに入居者の意図を読み取って自動的に稼働してくれるAIを活用した事例は、間違いなくLUXUDEAR芝公園が初の事です。
数年前まで「将来の住まいはこうなる!」といった記事を目にすることはありましたが、ここまで早い時期に実現されるとは誰が思ったでしょうか。
今後の不動産テック、ますます目が離せなくなります。

各種お問い合わせやご相談はこちら