ボビーオロゴンさんがメガ大家に!?日本人が学ぶべき投資術 | 不動産投資を考えるメディア

ボビーオロゴンさんがメガ大家に!?日本人が学ぶべき投資術

シェアする

家複数イメージ

先日、ニュースで気になる記事を目にする機会がありました。かつて、おとぼけ外国人キャラとして人気を博した「ボビーオロゴンさん」が、どうやら抜群の手腕を持った投資家であるというのです。

過去に事務所とのトラブルが報じられた後、あまりテレビでその姿を見ることはなくなったボビーオロゴンさんですが、実は上手に日本語を話せる上、相当頭のキレる人物だという話を耳にすることもあります。

そこで、今回のニュースをキッカケに、ボビーオロゴンさんがどのような投資活動を行っているのか、不動産投資についてどのような考えを持っているのか調べてみました。

既に2軒の高級住宅を所有!?

今回報道されていたのは新聞社や週刊誌が独自入手したような情報を報じたものではなく、あくまでTBSのバラエティ番組で放送された驚きの内容を紹介したもの。その内容とは、ボビーオロゴンさんが既に2軒の豪邸を所有し、他にも株やFX(外国為替証拠金取引)などで投資活動で大きな利益を得ているというのです。

初めて株を購入したのが6歳で、投資歴8年だとされていますが、後述の通り、最初に投資と呼べるものを行ったのが5歳の頃と自身で語っていたこともありますので、現在45歳のボビーオロゴンさんの投資歴はなんと40年ということになります。

長い年月をかけて投資経験を積んだボビーオロゴンさん。当然、成功を掴んでいてもおかしくないと思える経歴の持ち主のようですが、実際の生い立ちや投資経歴はどのようなものなのでしょうか。

ボビーオロゴンさんの生い立ちと投資経歴

ボビーオロゴンさんは、1973年4月にナイジェリアで生まれました。なんと、お父さんには6人の妻がいて、ボビーオロゴンさんは34人兄弟の中の3番目なのだそうです。

そんなボビー父の職業は貿易会社の社長。幼い頃からお父さんに連れられて日本に来ることも多く、貿易の仕事現場を見る機会も多かったのだとか。その後はナイジェリアの大学で経済学を学び、卒業後はお父さんの貿易商を手伝ったり、自身で商品の買い付けのために日本に来日するも、良からぬ日本人にパチンコでお金が儲かると吹き込まれて資金を使いこんでしまったとのこと。

そのまま日本に滞在している間に、今の奥さんと知り合い結婚。一時ナイジェリアに戻ることはあったものの日本に帰化。現在は5人のお子さんをもうけ幸せにくらしているそうです。前述の通り、現在はさいたま市に6LDKの自宅を所有し、千葉には4LDKの別荘もあるのだとか。

簡単に生い立ちをご紹介しましたが、最後の別荘所有という事実が気になるところ。調べてみると、ボビーオロゴンさんは幼い頃から貿易商のお父さんのそばにいたことがキッカケとなったのか、なんと5歳でハムスターなどの繁殖ビジネスを行い、その利益でニワトリやウサギなどを買い、最終的にナイジェリアでのステータスとも言われる牛を飼うに至ったのだそうです。しかも、この時の年齢が高校二年生の時だと言うのですから、抜群の投資センスを伺わせます。

ボビーオロゴンさんがメガ大家!?その投資術とは?

ボビーオロゴンさんの現在の投資の主戦場はFX(外国為替証拠金取引)のようですが、これまでにボビーオロゴンさんが受けたインタビューにおいて、「目先の勝ち負けに捉われるな」「世界の動きを見ろ」「儲ける事ではなく勝つことが大事」など、名言とも言える発言をしています。では、不動産投資に対してはどのような視点で見ているのでしょうか。

ボビーオロゴンさんのインターネット上のインタビュー記事や過去のTV出演時の情報で気になったものをいくつかご紹介させていただきます。

  • 地価や地域の特性、他の物件との価格差など、物件の下調べはしっかりと
  • 新築か中古かは自分に合っている方で決める。ちなみに私は中古物件を選んで魅力的な物件に変える
  • 不動産は投資とは別に資産運用という面もある。固定したものを持っていた方が失敗しにくい
  • 現在は3億円相当の不動産投資を検討している
  • 不動産業者に払う手数料がバカバカしくて、奥さんに宅建を取らせて自ら業者となった

参考:
楽待不動産新聞「ボビー・オロゴンさんに取材! 実は投資で稼いだお金で別荘を購入していた!!」
https://www.rakumachi.jp/news/column/175162
健美家「実は凄腕投資家だったボビー・オロゴンさんから学んだこと!」
https://www.kenbiya.com/ar/cl/redyoshi/79.html

ボビーオロゴンさんは、株やFX、日経平均先物だけでなく、仮想通貨にも投資していると言われています。不動産という点では、先述のさいたま市にある自宅は推定1億円を超えると見られており、千葉の別荘について「牛500頭分くらい」と語っていることから推定3億円ほどと見られています。

更には先述もご紹介したように、現在3億円のマンションの一棟買いを検討している状況。もし3億円のマンションを購入したとするなら、自宅を合わせて少なくとも7億円もの不動産を所有していることになります。そう考えると、ボビーオロゴンさんがメガ大家としてメディアで見かけるようになる日もそう遠くはないかもしれません。

最後に、日本人の投資意識に対してどう思っているかを聞かれた2016年のインタビューで語っていた、以下の発言をご紹介させていただきます。

「迷うより、やれ! ですかね。日本人は、いい人が多くて好きですが、心配性なところがいけません。(中略)株やFX、不動産投資にしてもやらなきゃそれがどんなものかなんてわからないんです。ぜひ、一歩踏み出してみてください!」

引用:楽待不動産新聞「ボビー・オロゴンさんに取材! 実は投資で稼いだお金で別荘を購入していた!!」
https://www.rakumachi.jp/news/column/175162

まとめ

バブル期の頃、週刊誌やスポーツ紙、テレビの芸能ニュースなどでは「有名歌手の別荘は〇億円!」「あの女優が住むのは〇億円の高級マンション!」といった、個人が所有する資産を煽情的に報じるものが多かったように記憶しています。しかし最近では、財テク芸能人と呼ばれる、芸能活動とは別の業界で利益を確保している著名人を紹介する番組の話題が多くなったように感じます。

小泉政権の頃から言われるようになった「貯蓄から投資へ」という言葉もすっかり色褪せたかのように見えますが、一度は底を経験した日本、個人の投資への意識が昔とは違ってきていると言えるのかもしれません。

各種お問い合わせやご相談はこちら