不動産投資での借金リスクを未然に回避する方法 | 不動産投資を考えるメディア

不動産投資での借金リスクを未然に回避する方法

シェアする

不動産投資の際には、多くの場合融資を利用します。融資を得るとは即ち借金を背負うことです。本記事では、借金にまつわるリスクとリスクヘッジの方法、そしてリスクへの理解を深める方法をご紹介します。

不動産投資での借金がリスクになる例

不動産投資での借金がリスクになる例
不動産投資を行う上で借金は付き物だと思っている方は多いと思います。また、あえて借金をして節税をしたりレバレッジ効果を狙ったりする方も多くありませんよね。お金を借りるということはリスクにつながる行為でもあるので不動産投資の際に借金をするとリスクになる例をいくつかご紹介しましょう。
不動産投資における最大のリスクとも言われているのが借金、つまりローンを組むことです。まず例として挙げられるのが購入した不動産投資の物件の代金を多くの方が賃貸収入で返そうと考えています。ですがその部屋がずっと空室のままになってしまった場合、家賃収入は全く見込めません。
これに付け加えて修繕や火災など想定外の出来事が起こってしまった際の出費、それに管理費などが発生した際は当然ながらオーナー自身が全てを賄わなければいけなくなります。毎月の借金返済も家賃収入がない分、大きな出費となって自分にのしかかるというリスクが待っています。
また、不動産価値の値上がりを見込み金銭面で多少の無理をしてマンションやアパートなどを購入する方もいます。ところが値上がりをするだろうと踏んで購入した物件の価値が一向に上がる気配がなく、逆にどんどん下がる一方ということもあります。そうなってくると、その物件の値上がり予想と現状の金額の差額が損失となりあなたの負担となってしまうリスクがあります。
こういった借金によるリスクを負わないためにも、あまりにも多額の借金を組んだり、無理な不動産投資をすることは辞めた方が無難だと言えるでしょう。

不動産投資で借金リスクを抱えない方法

不動産投資で借金リスクを抱えない方法
では不動産投資をする上で、もっとも問題となる借金でリスクを抱えないためにはどんな方法を取ればよいのでしょうか。
1つは先述した通り、無理な借金は組まないということが大前提になります。ベストな方法としてあなたが購入しようとしている物件の値段の60%は自己資金で支払うことです。そして残りの40%だけを借りるという方法を取れば、ある程度予想外の出費があっても支払いが滞るような事態は回避できます。
たとえ金利が上がったとしても(もちろん急激に上昇したらリスクはありますが、そういったことはほとんど考えられません)、この比率を守っていれば、不動産投資で借金をした際に借金によるリスクは防ぐことができると言えます。
また当たり前のことですが、「何となくよさそうだし、何となくきれいで人も入りそうだからこの物件に不動産投資しよう」なんて簡単に考えて適当に借金をしてしまうと、これもまたリスクにつながります。
空室があまり出ないような物件に不動産投資しなければ、家賃収入がみこめなくなりますから不動産投資のプロなどに相談して家賃収入から借金を返済できるようにしましょう。セミナーなどに参加してそのノウハウを聞くということもおすすめです。
さらに不動産投資ローンは最低でも2%前後です。金利ももちろん毎日のように微妙ではあっても変化しますので、それに備えたローン計算をしておかなければ、金利がアップしてしまった際に借金地獄に陥ってしまい、これもまた不動産投資の借金リスクとなってしまいます。

不動産投資の借金リスクを学ぶ方法

不動産投資の借金リスクを学ぶ方法
不動産投資を初めてするという方ですと動くお金がかなり大きなものとなりますから、相当な才能と運がなければ上手く黒字にすることはできないと言ってよいでしょう。そして不動産投資をする上で、最大のリスクと言われている借金の怖さについて学ぶことが大切です。では一体どこでその知識を学ぶことができるでしょうか。
まずは何と言っても、絶対に行っていただきたいのが不動産投資関連のセミナーでしょう。そこでは不動産投資に関するイロハを教えてくれるだけでなく、借金の仕方やシミュレーション、どの銀行で借金をするのが良いのか、もしくは借金をしやすいのかということをじっくりと教えてくれます。しかも無料の所がほとんどなので、是非とも足を運んでいろいろなセミナーに参加をしていきましょう。
また、銀行に直接出向き、不動産投資するための借金について相談をするのも一つの方法です。お金に関するプロですし、リアルタイムな不動産投資に関する借金の話がきけます。ノウハウを熟知しているのでリスクを回避する方法などもアドバイスをしてくれますからセミナー同様、いくつかの銀行にあたってみることをおすすめします。銀行によって借金を申請する際に必要な書類や金利なども異なってくるので、1ヶ所だけではなくいくつか比較してみるのが良いでしょう。
もし周りで不動産投資をして成功した方や残念ながら失敗した方がいれば、不動産投資をした際の借金によるリスクについて尋ねてみると経験談をもとに話してくれるかもしれません。身近な方の体験談ならわかりやすいですし、必ずあなたの不動産投資時のためにもなるでしょう。

まとめ

不動産投資で儲けるための情報を積極的に学ぶ人は多いですが、リスクについては軽視されがちです。投資では失敗しないことが大切になってきます。まずはリスクへの理解を深め、リスクをコントロールした投資を心がけてください。

各種お問い合わせやご相談はこちら