フィリピンでの不動産投資詐欺の手口と注意点 | 不動産投資を考えるメディア

フィリピンでの不動産投資詐欺の手口と注意点

シェアする

フィリピンへの不動産投資は、利回りの高さや初期費用の安さから人気が高まっています。しかし、この人気に目をつけた不動産投資詐欺も増えています。この記事では、フィリピンの不動産投資詐欺の手口や傾向、注意点をご紹介します。

フィリピンの不動産投資は詐欺に注意

フィリピンの不動産投資は詐欺に注意
利回りの高さが魅力の海外不動産投資は、国内の不動産投資では飽き足らない投資家から熱い注目を集めています。中でも特に人気なのがフィリピンへの不動産投資です。フィリピンは温暖で物価も安く過ごしやすいことで人気が高く、日本からも多くの人が移住している国です。
フィリピンの不動産相場は日本の3分の1以下なので不動産投資でも初期費用が安く、良質な物件も豊富なので初めての海外不動産投資先として多くの投資家が不動産を購入しています。
しかし、フィリピンの不動産投資では詐欺による被害も多く日本人も多くの被害にあっています。海外不動産投資では現地のチェックがどうしても国内不動産に比べると甘くなりがちで、信頼できる業者探しも簡単ではありません。
信頼して大金を預けた業者が行方をくらましてしまい持ち逃げされるという単純な手口による詐欺被害も頻発しており、いくら成長が見込めるからといって気軽に投資すると大切なお金を失う羽目になってしまいます。
フィリピンへの不動産投資では、信頼できる人間を探すのがもっとも重要です。日本から大々的なツアーを組んで投資用不動産の見学に招待する仲介業者もいますが、ツアーそのものがターゲットを探すために詐欺グループが仕組んだものだったケースも報告されています。
フレンドリーだから、日本語が話せるからというだけで信用してはいけません。うまい話には必ず裏があると疑ってかかるくらいでないと、あっという間に詐欺のターゲットとして目をつけられてしまいます。国内不動産投資以上に慎重に情報を集め、軽はずみにお金を渡したり契約書にサインすることのないようにしてください。

物件の将来性をチェックして被害を防ぐ

物件の将来性をチェックして被害を防ぐ
成長著しいフィリピン経済ですが、全てのエリアで順調に経済発展が続いているわけではありません。首都マニラ近郊は急速に近代化が進み経済発展を続けていますが、首都を離れるとまだまだ発展が遅れているエリアはたくさんあります。
まだ発展していないエリアはチャンスが多く転がっているとも言えますが、今後の経済動向によっては不動産に投資しても全く収益が上がらない可能性もあります。
不動産は安全資産ではありますが、将来的に必ず値上がりする保障などありません。特に近年集中的に開発が進められたエリアでは不動産物件が供給過剰ぎみで、値上がりのペースは鈍化しています。新しい物件が次々に建設されるということは、購入した投資用物件があっという間に古くなる可能性もあるということです。
フィリピンの物件情報をチェックしてみるとこう価格で販売されている物件もありますが、売れ行きは必ずしも順調ではなく利ざやを狙った転売前提の投資の成功見込みは不安が残ります。
不動産投資の基本は物件の将来性です。フィリピンへの不動産投資でも例外ではなく、投資対象の物件に将来性があるのかをきちんと見極めなければ収益どころか損失を出してしまいます。必ず値上がりするからなどと現地のブローカーは調子のいいセールストークをしてきますが鵜呑みにしてはいけません。
必要な情報をブローカーや仲介業者に尋ねてもウソの情報を掴まされる恐れがあります。物件の立地や周辺環境、入居者候補の人口など基本的な情報は出来る限り自分で調べ、本当に価値ある物件なのかそれとも高値で売りつけられる詐欺物件なのかを慎重に確認して下さい。

信頼できる業者を探して詐欺を回避

信頼できる業者を探して詐欺を回避
不動産詐欺は常に詐欺師の手によって行われます。詐欺師は常にターゲットを探しており、不動産投資に不慣れながら裕福な日本人投資家は詐欺師の目から見ると絶好のカモとして映ります。詐欺師といってもいかにも怪しげな風貌をしているわけではありません。中には正規のライセンスを所有していながら詐欺がらみの商売に手を染めている悪徳業者もいるため、ライセンスの有無だけで信用するのは危険です。
詐欺師を見分けるポイントとしては、うまい話ばかり言ってくる相手には要注意です。必ず儲かる、絶対に値上がりするとアピールするのは詐欺師の常套手段です。不動産投資で確実に儲かる物件などごくわずかで、そんな優良物件はとっくに売れてしまっているはずです。
具体的な数字を出して収益性をアピールしてくる場合もありますが、その数字が本当のものかどうかは疑わしいものです。客観的に思えるデータを出されるとつい信用したくなりますが、詐欺師にとって本物に見えるデータを用意することなど朝飯前です。データを見せられたら必ず自分で裏を取るようにしてください。
日本人は日本語を話せる外国人を無条件に信用してしまいがちですが、言葉が通じるというだけで信用してはいけません。日本語が話せるフィリピン人が詐欺に手を染めるケースは珍しくありませんし、日本人がフィリピンで不動産詐欺を行っている可能性もあります。
フィリピンで不動産投資をするのなら信頼できる人間に業者を紹介してもらうか実績のある大手業者を頼りましょう。中小業者は無数にありますが、どこに詐欺話が紛れているかわかりません。費用は高くなってしまいますが、安心を買うと思えば安いものです。

まとめ

不動産投資詐欺に合わないためには、簡単に他人を信用せずに自分で情報を集めることが大切です。日本人は語学が苦手なうえに商慣習も独特なので、ターゲットにされやすい傾向があります。この記事にある内容を参考にして、詐欺被害に遭わないようにしてください。

不動産詐欺師の手口と詐欺事例についてはこちらの記事でも詳しく紹介しています。
実際にあった!不動産投資詐欺の手口と対処法

各種お問い合わせやご相談はこちら