不動産投資向け金融機関と融資の審査基準とは? | 不動産投資を考えるメディア

不動産投資向け金融機関と融資の審査基準とは?

シェアする

不動産投資を100%自己資金で行える人は少ないため、不動産投資と融資は切っても切り離せない関係があります。この記事では、融資の審査基準や金融機関の選択基準、審査が厳しくなる内容などについて述べていきます。

不動産投資向けに融資を行う金融機関

不動産投資向けに融資を行う金融機関

不動産投資ローンは、銀行などの金融機関から融資を受けることが多いですが、日本政策金融公庫でも事業向けローンの一環として融資を受けることができます。それぞれに審査基準が異なるほか、融資期間や金額、連帯保証人の要・不要などの条件が変わります。申し込む金融機関によっては、利用可能エリアが限定的になることもあるでしょう。

金融機関を選ぶ際に比較するのは、最も気になる金利の比較から始めると良いです。固定金利と変動金利のいずれを選ぶと返済の負担が軽減できるのか、そして変動金利を選択したら、どの程度の変動幅を持っているのかという情報も必要です。固定胃金利を選択した場合は、何年間が固定金利期間で、その後の金利はどのようになるのかも把握しておきましょう。

さらに、想定したよりも収益が上がった場合に、繰上げ返済ができれば返済総額を減らせるので、先のことまでを考えた融資サービスを見つけてください。審査期間は、日本政策金融公庫なら7日から10日間程度、また銀行によりますが保証会社を利用すると1週間で審査結果がわかるところや、予備的な審査も含めて3週間必要だとする銀行もあります。

その他に給与所得のある方は、年収によって融資申し込みが可能な金融機関がわかれると言われています。一説には500万円、750万円のラインで分かれることから、自分自身の状況を正確に把握してから融資を受ける金融機関を探しましょう。勤務先企業に関する審査も行われます。この時に確認するのは、企業の資本金・売上高などの基本情報を元にして、安定した経営状況なのかを見ているのです。

不動産投資向けの融資の審査基準

不動産投資向けの融資の審査基準

不動産投資をする場合にもローンを利用でき、金融機関の融資を受けてスタートできます。ただし、個人向けの住宅ローンとは違う審査を行っているので、審査が厳しいとも言われています。事業性として見込みのある不動産投資なのか、そして融資の回収まで考え収益性に優れているのかなどの判断基準が加わるので審査が厳しいのだと考えて良いでしょう。

さらに、個人向けの住宅ローンの金利と比較して、高い金利設定になっているのも不動産投資ローンの特徴です。仮に住宅ローンの倫理が最大で3%とした場合でも、不動産投資ローンは最大金利が5%程度を目安にします。金利に関しては経済事情を反映するので、その都度確認するのが理想的です。

中には住宅ローン審査と共通の項目もあります。現在給与所得のある方は個人の年収で返済能力を判断している部分があります。この際に求められる書類に源泉徴収票があり、一般的なローンでは1年分を提出するだけで済みますが、不動産投資のローンを利用するときは3年分程度の源泉徴収票が求められます。勤続年数を把握するだけでなく、申込者の年収が年によって変動するものなのかを確認しています。勤務先企業の安定性も審査基準の1つとなるでしょう。

不動産投資のローン審査では、収益を含めて事業性に期待できるかという判断と、事業性はあるものの万が一のことがあって返済できない場合の支払い能力も含めた審査を行っています。どの金融機関でも詳細な審査基準は公表しませんが、以上のことは不動産投資における常識の範囲内と理解しておきましょう。

不動産投資の審査に通過しにくい理由

不動産投資の審査に通過しにくい理由

個人的に利用するローンやクレジットカードの審査でも、信用情報を紹介して審査を行っています。もちろん、不動産投資向けのローンでも、過去の情報を確認するために信用情報機関で情報をチェックしています。

個人向けローンの審査と大きく異なるのは、クレジットカードの引き落としや住宅ローンの返済、公共料金の支払いでも引落不可・延滞の履歴が残っていると、不動産投資のローンには大きく影響するところでしょう。場合によっては1日だけ返済が遅れたというだけでも、マイナス要素に受け取られてしまいます。不動産投資の融資を受ける方は、ご自身で信用情報機関に過去の履歴を紹介しておくと安心でしょう。本人確認ができれば、自分の情報を開示してもらうことも可能です。

他にも審査に通過しにくい理由があります。頭金となる自己資金が少ない、物件そのものの利回りが低いのも審査に影響します。自己資金が潤沢であれば融資をしても返済能力に期待できますし、利回りが高水準なら事業性の高い不動産だと判断できます。

ただし、より現実的な内容を把握する必要があるので、表面利回りではなく実質利回りで審査が行われると考えましょう。物件の価値が高ければ、担保としての価値も高く回収可能な事業と捉えることができます。

以前に消費者金融を利用した経験があるなら借入残高がゼロになっていることと、今後の利用の予定がないことを示すのに解約手続きまで済ませた方が良いといわれています。支払いの面でクリーンな状態であることを示すのも、不動産投資で融資審査に通過する条件だと捉えておきましょう。

まとめ

融資の審査基準は様々ありますが、まずは自分自身の資産状況を過去数年に渡って振り返っておくのが肝要です。その上で、審査が通りやすそうな金融機関を金利を見比べながら選ぶと良いでしょう。

各種お問い合わせやご相談はこちら