不動産投資で融資を受ける際の必要書類一覧 | 不動産投資を考えるメディア

不動産投資で融資を受ける際の必要書類一覧

シェアする

不動産投資では融資の利用が一般的です。融資を受ける際には数多くの書類が必要となり、中には準備に時間がかかる書類もあります。この記事で紹介しますので、前もって準備しておきましょう。

融資申込のときの必要書類を確認しておこう

融資申込のときの必要書類を確認しておこう

不動産投資の対象物件が決まったら、よほどお金に余裕のある人でない限り、ほとんどの人が金融機関に融資を申し込むことになります。賢いローンを組むことは、不動産投資を成功させるための重要なポイントの一つ。事前によく準備をし、最初のステップでつまずくことのないよう十分に注意したいものです。

融資を申し込む際の必要書類を提出するタイミングは、基本的には物件確保のあとになります。また融資銀行は不動産仲介会社が紹介する金融機関がベストですが、ほかにも自分の属性に当てはまる銀行などに申し込むこともできます。

金融機関によって必要な書類は異なり様式も様々ですが、物件取得で遅れをとらないようまずは融資申込の際に必要となる書類を確認しておきましょう。

必要書類(最初の投資用物件の場合)

身分証明書
運転免許証、健康保険証のコピー
源泉徴収票
3期分
確定申告書
確定申告している場合 3期分の写し
住民票
3部程度 市役所で取得
印鑑証明書
3部程度 市役所で取得 事前に印鑑登録が必要
納税証明書
3期分 税務署で取得
給与明細
直近3か月分
金融資産の一覧
預金、株式、保険の保有額と合計を表にしたもの
金融資産のエビデンス
保有資産の残高証明書など。仮審査通過後の提出が多い
返済予定表
他に借り入れがある場合
経歴書
学歴、職歴、保有資格など記載
家系図
配偶者を含めた家系図

このほかに連帯保証人が必要な場合は連帯保証人の身分証明書・源泉徴収票3期分・確定申告書3期分。すでに物件(自宅・投資用物件)を保有している場合、物件概要書・固定資産税額・返済予定表・最新レントロールが必要になります。

必要書類の事前準備に関する注意点

必要書類の事前準備に関する注意点

次に、必要書類の準備に関して注意点を挙げてみました。

物件の資料は自分でも用意する

融資を申し込むときに必要になる書類には、物件に関する書類があります。対象となる物件の住宅地図、建物図面、構図、路線価図、登記簿、評価証明など様々な書類を提出することになりますが、そのほとんどは不動産会社が準備します。

自分で準備するものとしては、物件の写真や周辺環境の地図などです。対象物件の情報をより詳しく融資担当者に伝えることは重要なので物件の内見時に写真を撮ったり、周辺環境の資料を調べるなどして資料を準備しておきましょう。

取得に時間がかかる書類は事前に用意しておく

必要書類の中には取得までに時間がかかるものもあります。住民票や印鑑証明書は市役所で、納税証明書は税務署で取得しますが予想外に手間や時間がかかる場合もあるので、余裕をもって準備をすることをおすすめします。

金融資産の一覧は保有資産をすべて記載する

金融資産の一覧には、預金、株式、保険、定期預金など即時換金できないものも含め保有資産は全て記載しましょう。融資を内定させるには保有資産が多いほど有利になります。

書類は複数用意しておく

融資の審査基準は各金融機関によって異なります。また審査は大変厳しいものです。最初の金融機関で断られた場合、すぐに次の金融機関へ申し込めるように必ず複数の必要書類を用意しておきましょう。

あらかじめ自分で用意できる書類は早めに複数用意しておくことで余裕をもって金融機関を回ることに集中できます。自らの準備不足が原因で物件取得の機会を逃すことのないようスピード感と緊張感を持って取り組んでほしいと思います。

融資内定を左右する必要書類は万全の準備を

融資内定を左右する必要書類は万全の準備を

そのほかに、注意点として次のような場合があります。

法人を持っている場合に必要になる書類

借主が法人を持っている場合には、以下のような書類が必要になります。本人や保証人に関する必要書類に加え、さらに次の書類の提出が求められます。

【履歴事項全部証明書写し】
金融機関から登記簿謄本の提出を求められた場合、法務局で取得します。

【決算書3期分】
法人の場合は確定申告3期分の提出が求められます。

【保有資産一覧】
法人で所有している金融資産を全て記載しましょう。

【収益物件の返済予定表】
法人で所有している保有物件(収益物件)に関し、銀行が作成した返済予定表のことです。

融資特約(ローン特約)期間に注意し、書類提出はスピーディに

一般的にローン特約期間は1か月程度とされています。借主は見つけた物件を取得するために、契約後ただちに最初の金融機関に融資を申し込みます。融資が断られた場合は次の金融機関に申込むので、審査が出るまでの期間がさらに必要となります。

ただしこの期間に融資が通らなかった場合は、せっかく見つけた良い物件も買付申込がキャンセルされ取得をあきらめることに。

万全を期して融資申込に臨んだ結果であれば仕方がありませんが、必要書類を揃える時点で怠慢や不備があった上での結果はとても残念です。またこの程度の取り組み方では、たとえ希望の物件が取得できたとしてもその後の不動産投資における成功は厳しいものになりそうですね。

金融機関が求める必要書類は、買主に融資を行うかどうかを決定する上で大変重要な資料になります。迅速に融資内定を受けるためにも、求められた書類は万全の準備で速やかに提出しましょう。

まとめ

必要な書類が多すぎて大変ですが、前もって準備しておくことで自分の資産状況を詳しく知ることに繋がります。スムーズに融資を受けるためにも、この記事を参考にして書類の準備を進めておきましょう。

各種お問い合わせやご相談はこちら