日本政策金融公庫からサラリーマンが融資を受けるには? | 不動産投資を考えるメディア

日本政策金融公庫からサラリーマンが融資を受けるには?

シェアする

不動産投資に関する融資を受ける際、「日本政策金融公庫」からの融資を検討する投資家もいます。しかし、これがどのような機関なのかを具体的に知る人は少ないでしょう。この記事では、日本政策金融公庫についてわかりやすく説明します。

日本政策金融公庫は不動産投資に使える!

日本政策金融公庫は不動産投資に使える!

日本政策金融公庫というのは3つの目的をもって設立された金融機関になります。

それが、

  • 自然災害や経済環境が悪化した場合のセーフティーネットとしての役割を果たすこと
  • 日本経済の成長を促進すること
  • 地域を活性化させること

の3つになります。

このうち、日本経済の成長を促進するという観点から不動産投資をはじめとした事業を行おうとする人を積極的に支援しています。この日本政策金融公庫で行わている融資を受けるための条件としては3つのものが挙げられています。それが対象となるのが「不動産投資事業に当たると判断されること」、「担保となる物件があること」、「公共料金や税金の未払いが無いこと」の3つになります。

ちなみに、日本政策金融公庫は投資に対しての融資は行わないことになっているため、不動産投資を家賃収入を得る目的で行う「不動産賃貸事業」であるとして申請する必要があります。ちなみに、サラリーマンが申請した場合でも事業としてみなされます。ただ、不動産を購入してその売却益を狙う目的であると申請すると投資となってしまい、審査が下りないので、その点は注意するようにしましょう。

日本政策金融公庫は上記で述べたように日本政府の政策に基づいて設立された機関であるため、利益優先で運営されていないという特徴があります。したがって、これらの条件が満たされた場合には基本的に融資を受けることが可能になります。ただし、融資を受けた後にはその融資を受けた人の経営者としての資質、日々の資金繰りの状況、資産の状況といったものを事細かくチェックされることになります。

融資条件は?サラリーマンでも借りられる?

融資条件は?サラリーマンでも借りれるの?

上記で述べたように、基本的に日本政策金融公庫の融資の対象は条件に当てはまる人となっているため、サラリーマンでも十分に融資を受けることは可能になっています。実際、この日本政策金融公庫の融資を受けて、低収入のサラリーマンでも不動産投資をスタート出来ますといった情報を伝えるネット記事なども見かけることがあります。ちなみに、この日本政策金融公庫の融資の条件は一般の金融機関よりもかなり優遇された条件になっています。

この日本政策金融公庫の融資条件を期間・金利の2つの面から見ていきたいと思います。まず、金利については1.25~1.85%の間で設定されることになっています。この金利が何パーセントになるかというのは、融資を受ける際に差し入れることになる担保物件の評価価値に対応してきます。例えば、融資を受ける金額と比して、担保物件の評価価値が100%であるならば、最も金利が優遇され、1.25%の金利で借入れを行うことが可能になります。

これに対して、担保物件の評価価値が25%未満の場合であれば、1.85%まで金利が上昇することになります。ただし、この金利には優遇措置が設けられています。具体的には女性の場合、29歳以下の男性の場合、55歳以上の男性の場合にそれぞれ金利が優遇されることになっています。具体的には上記で設定されている金利から0.4%の利下げが行われることになります。例えば、上記の最も金利が優遇された場合の1.25%が適用されるケースであれば、金利が0.4%減じられ、0.85%で借入れを行うことが可能になります。

日本政策金融公庫の融資が持つメリット

日本政策金融公庫の融資が持つメリット

さて、不動産投資のために、この日本政策金融公庫からの融資を受けることはさまざまなメリットがあります。まず、上記でもさんざん述べてきたように利益追求するという目的だけで運営されていないため、他の金融機関と比較しても金利が非常に安いということです。加えて、日本政策金融公庫の金利は固定金利になっているため、金利が変動する不確定性を融資返済時のリスクとして考える必要が無くなります。

また、この日本政策金融公庫の理念として社会的弱者とされる若者・女性・高齢者を支援しようという考え方が設けられています。このような社会的弱者であることは一般の金融機関では融資の際のマイナス条件になっても、決してプラス条件になることはありません。ただし、上記でも述べたように、日本政策金融公庫の融資ではこれらの社会的弱者と考えられる人には金利を優遇するという制度が設けられています。これも大きなメリットになります。

これに加えて大きいのが借り入れに際して保証人が不要であるという点です。融資を受ける人にとって重荷になるのが保証人の存在です。このような保証人の必要が無い日本政策金融公庫からの融資は事業を進めるための心理的ハードルを下げてくれます。

このように日本政策金融公庫から融資を受けるメリットは挙げればきりがないほどたくさん存在します。日本政策金融公庫から融資を受けることで、通常の金融機関からの融資よりもお得な条件で不動産投資をスタートすることが出来ます。不動産投資を考えるサラリーマンでもし資金面で困っている人がいれば、まずはこの日本政策金融公庫の融資を受けることを検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

日本政策金融公庫は金利が良く、社会的弱者の支援に積極的で、しかも保証人が不要などのメリットがあります。一定の制限や条件、融資後のチェックが厳しいという難点はありますが、積極的に利用を検討してみる価値はあるでしょう。

各種お問い合わせやご相談はこちら