家賃保証システムの仕組みと利用するメリット | 不動産投資を考えるメディア

家賃保証システムの仕組みと利用するメリット

シェアする

不動産投資でアパートやマンションの経営するときに、家賃保証というシステムがあります。不動産投資家にとっては大変魅力的なシステムですが、具体的にはどのような仕組みなのでしょうか。この記事で家賃保証の仕組みやメリットなどを紹介していきます。

未払いリスクの回避に家賃保証を利用する

未払いリスクの回避に家賃保証を利用する
家賃保証の魅力は、不動産投資で大きな問題となる賃料未払いを防ぐことにあります。この家賃保証は初めに手続きや審査が必要ですが、保証会社によって賃料が肩代わりされるため、入居者の事情による賃料未払いを防ぐことができます。家賃=不動産投資における収入そのものですので、未払いが多くなるほど当然オーナーの利益は少なくなります。
このリスクを減らすために家賃保証システムを導入するオーナーが増えています。万が一家賃の未払いが発生した場合、その後の支払いについて話し合いをするのは保証会社と入居者になります。オーナーにとって煩わしいお金の問題に頭を悩ます時間も減らすことができます。
仮に入居者の家賃滞納により強制退去が必要になった場合でも、その後支払いを追求するのはオーナーではなく家賃保証会社ですので、不動産投資で起こるリスクを一つ解消したのと同じことと言えます。不動産投資を始める際に検討する利回りは、想定年間家賃を基に考えていますので、家賃収入の減少は致命的なリスクになります。家賃保証会社の支援を受けて賃貸経営を行うことは、リスクヘッジも兼ねていると言えるでしょう。
この家賃保証システムを実際に利用するには、家賃保証機関に審査申し込みを行うなどの手続きがありますが、比較的短期間で結果がわかりますので、必要となった段階で申し込みの検討をしても間に合うでしょう。今の時点で必要性を感じていないオーナーも、将来的な利便性を考えて事前に情報収集しておくと良いと思います。不動産投資で物件を安定運用するための有効な選択肢の1つになります。

空室リスクも回避する家賃保証

空室リスクも回避する家賃保証
不動産投資で賃貸業をするときは、空室リスクが最も怖いと言われています。部屋があるのに入居者がいないのは、稼働していないのと同じことで、収益は上がらず老朽化は進み経費だけが掛かってしまうからです。
近年の高齢化現象によって高齢の方から賃貸住宅のニーズは高まっているものの、連帯保証人をつけることができず契約に至らないケースが目立つようになりました。さらに外国人からも賃貸住宅のニーズが増えていますが、同じく保証人を見つけられずに入居できない状況に陥っています。連帯保証人が必要なのは家賃収入の安定化だけではありませんが、オーナー側としても支払いが滞らないのであれば契約したいと思う方も多いのが実情です。
このような背景もあり、家賃保証会社を利用して入居者を確保しているオーナーが増加しています。不動産投資の空室リスクを軽減したくても、連帯保証人がいないのでは困る。でも空室は埋めたいと考えている方には、家賃保証の仕組みは非常に便利だと言えます。賃料に関する支払いの問題は家賃保証会社にて行ってくれますし、オーナーは未払いのリスクを考えることなく賃貸契約が結べます。
もちろん、他に保証外の問題があれば入居者とオーナーの間で解決しなくてはなりませんが、最も重要な賃料収入に支障が出ることはありません。入居者の未払い問題だけでなく、不動産投資で最も不安視される空室リスクまで回避できるのが、家賃保証の大きなメリットなのです。これで不動産投資における2つのリスクヘッジができたことになります。安定的な運用のためにもこの家賃保証のシステムを取り入れる方が増えるのも納得できるでしょう。
注意点として、保証会社が一棟まるごとを借り上げ、空室でも満室分の家賃を一定の料率で保証するサービスも「家賃保証」と呼ばれています。この家賃保証は、別名「一括借り上げ(サブリース)」と呼ばれるものであり、メリットとデメリットがあるため慎重に検討する必要がありますので、全く別モノとして扱うようにしてください。
一括借り上げ(サブリース)については以下の記事で解説しています。
アパート経営の落し穴「一括借り上げ(サブリース)」のリスクとは?!

家賃保証会社は希望に合わせて選択する

家賃保証会社は希望に合わせて選択する
家賃保証を行っているのは家賃保証会社と呼ばれている業者です。現代の時代背景に伴い保証会社も増えており、提供するサービスも多種多様となりました。家賃の支払いに関してだけ対応するのではなく、退去時のハウスクリーニングや原状回復、設備メンテナンスなども含めて保証をしてくれる会社もあります。
できるだけ費用が掛からないように、物件の保全と家賃収入の確実な回収ができれば初めて不動産投資を行うオーナーも安心して投資を行うことができます。サービス内容の詳細を比較しながら、最も便利な家賃保証会社を選択してください。保証会社によって契約内容の詳細やハウスクリーニングの申請に関しての規定が異なっていることがあります。事前にしっかりとチェックしておきましょう。
また、増加する高齢者の入居に対応する家賃保証もあり、万が一の場合もハウスクリーニングが適切に行われるという条件であれば入居の受け入れのハードルが下がります。また、文化の異なる外国人の方も受け入れるのにも抵抗感はなくなります。結果として入居率を高く維持できます。
家賃保証は、大まかには不動産投資のリスクを減らすのに大いに活用できるシステムと捉えていただいて構いません。各家賃保証会社の提供するサービスを厳選すればさらに賃貸経営をスムーズにしてくれるでしょう。

まとめ

長期的な投資になりがちな不動産投資において、家賃保証は基本的にあった方が助かる仕組みですので、投資家サイドに優しい制度と言えます。家賃保証会社を選択できる場合は、積極的に検討すべきではないでしょうか。

各種お問い合わせやご相談はこちら