少額資金で始める不動産投資。そのポイントとは? | 不動産投資を考えるメディア

少額資金で始める不動産投資。そのポイントとは?

シェアする

小額で始める不動産投資

「将来のため老後のために何とか今ある資産を増やしたい」。このような思いを抱えるのは、年齢を重ねると自然な流れだと思います。「資産を増やす」という意味では、投資は必要不可欠です。数ある投資の中でも、不動産投資を始めてみたいという方は意外と多いようです。

少額資金でも不動産投資は可能か?

不動産投資では一般的に初期費用がかかります。十分な資金を確保できている投資家がいったいどれだけいることでしょうか。できることなら、少額資金で始める不動産投資が理想的。しかし、少額といってもその金額の相場というのは不動産投資初心者にはあまりピンとこないと思います。ここで一つ代表例を挙げてみましょう。

30代前半の会社員が600万円の資金で不動産投資を始めたい場合です。

  • 家族構成は妻1人
  • 貯金額は現金で700万円
  • 年収は約500万円
  • 職業は普通の会社員

このような場合、年齢的にまだ若いということもあり、将来の返済が見込める職業ならば、ワンルームマンション程度から不動産投資を始められるケースは十分考えられるでしょう。不動産の築年数や駅からの距離感、土地柄によって条件もだいぶ変わってくるとは思いますが、東京都内でも決して不可能ではありません。

この位の資金から不動産投資してみたいと思っている人たちは検討の価値ありだと思います。マンツーマンでアドバイスしてくれる専門家との出会いや不動産会社との相性などもありますが、まずは相談から始めてみましょう。長い目で見れば、大家での大金持ちも夢ではないかも知れません。

全額自己資金で始める不動産投資

なるべく少ない資金で不動産投資を始めたいのであれば、まずは安い物件に投資してみるということです。不動産投資の基本収入(インカムゲイン)は「購入した物件を賃貸して家賃収入を得る」というものですから、購入物件が高いと投資資金を回収するためのハードルも高くなってしまうでしょう。家賃収入はそれほど高額な収入になる訳ではありません。

マンションを一棟購入するような不動産投資なら話は別かもしれませんが、そのような不動産投資は始めたばかりの少ない資金で行うことは不可能です。そのため、まずはマンション一室の賃貸からスタートします。そこで始めやすいのが、区分マンションの中古です。 区分マンションは「マンションを区分して所有するということ」。分譲マンションに近いイメージかもしれません。

この中古の区分マンションですが、東京都内でも100万円台から売りに出されている場合があります。東京都内のマンションと言えばもっと高額なイメージがありますから、かなり意外ですよね。もちろん安いからにはそれなりの理由が存在します。駅から離れていたり、築年数が経過していたり…。もう少し物件の条件を良くしたいのであれば、500~1000万円程度で東京都心のマンションも視野に入れることが可能です。

これぐらいの値段なら、頑張ってキャッシュで購入することも不可能ではないでしょう。キャッシュで購入できれば、無借金経営ということになります。そのため、万が一マンションを手放したくなった時でもすぐに売りに出すことが可能です。不動産投資を辞めたいと思った時にいつでも辞められるのでおすすめです。

不動産投資は銀行をフル活用する

「中古マンションではなく、新築の区分マンションで不動産運用をやりたい。」と言う投資家もいると思います。しかし、そのような場合は自己資金のみで始める不動産投資は現実的ではありません。もしも、東京都内で新築の区分ワンルームマンションを探すのであれば、最低でも2000万円は必要だと思います。2000万円を一括支払いできる投資家は少ないと思いますので、ローンに頼る必要が出てきます。

この時に「お金をどこから借りるか」が重要になってくるのですが、スタンダードな方法は銀行から融資を受けるということです。ところが、初心者の場合は「不動産投資のためにお金が貸りられるの?」と思うのではないでしょうか。

実際のところ、融資を受けるのはそこまで難しい話ではなく不動産投資の融資には意外にも銀行は寛大な一面を見せてくれます。理由は、不動産投資は景気などによって左右されることが少ないからです。不動産投資は瞬間的に大きな利益が出る訳ではないため、短期間に大きく損をするリスクも低いということになります。銀行によっては不動産投資向けのプランを準備している場合もあり、スムーズに話が進むことも珍しくはないでしょう。

また、物件の条件によっては購入したいマンション価格の90%近くまで融資してくれる銀行もあるので、積極的に利用すれば小額資金でレバレッジを利かせた投資を行うこともできます。

各種お問い合わせやご相談はこちら