初心者向けマンション投資の魅力・メリットは? | 不動産投資を考えるメディア

初心者向けマンション投資の魅力・メリットは?

シェアする

不動産投資の選択肢として「マンション投資」があります。マンション投資には融資面や物件数、長期的な運用を考えた様々な利点があり、初心者向きの部分も多いのです。不動産投資の選択肢の1つとして積極的に検討してみましょう。

初心者でも始めやすいマンション投資

初心者でも始めやすいマンション投資

不動産投資の中でもマンションへの投資は初心者でも始めやすい投資です。マンション投資は戸建て物件や貸しオフィスに比べて物件の平均価格が低く、資金の少ない初心者でも投資できます。

マンションは物件数が豊富なのも魅力です。投資対象が限られてしまうと選択肢が低く思うような投資スタイルが取れませんが、物件数が豊富なマンションなら立地や設備、広さなど様々な条件を考慮して戦略的に投資を実行できます。最新設備の整った新築マンションから割安の中古マンションまで、幅広い物件の中から好みの物件に投資可能です。

銀行はマンション投資を対象とした専用の不動産投資ローンを用意しています。投資資金に対して積極的に融資を行う銀行は増えており、一定程度の自己資金がある方ならローン審査はそれほど厳しいものではありません。マンション投資の場合は投資対象の物件が担保として設定されるためローンの貸付条件も厳しいものではなく、しっかりとした投資プランがあれば不動産投資に初めて挑戦するサラリーマンでも融資を受けられます。

投資初心者にとって怖いのは投資した資金が回収できないリスクですが、マンション投資の場合は比較対象となる物件が豊富なので大ハズレの物件を選んでしまう可能性は一戸建てよりもずっと低く、初心者にとっては安心です。一戸建てに比べると火災や地震などの天災リスクも低く抑えており、想定外の事態で投資計画が崩れてしまう心配もありません。

最近は初心者を対象にしたマンション投資セミナーなども活発に開催されています。きちんと学べば堅実に利益を得られるマンション投資は初心者向きの不動産投資と言えるでしょう。

マンション投資は堅実性が高い

マンション投資は堅実性が高い

マンション投資は不動産投資の中でも堅実性が高く、資金を長期的に運用するのに向いています。マンション物件は家賃を高水準に設定することはできませんが、相場並みの家賃に設定していれば底堅い需要が見込めます。マンション需要の高い立地を選ぶ必要はありますが、物件選択を間違えない限り定期的な家賃収入で堅実に利益を確保できます。

マンション投資の利回りは物件の立地や広さにもよりますが、平均で4~7%程度です。一攫千金は狙えませんが雀の涙程度しか利息の付かない定期預金よりはずっと高い利回りですし、株式投資やFXのように大損するリスクもありません。長期的な運用を考えるならマンション投資は堅実で安定性の高い投資です。

一戸建てに投資するとなると、物件の管理は基本的に自分の責任で行わなくてはいけません。日々のメンテナンスは管理会社に委託できますが、設備交換や修繕など大規模な問題に関してはオーナー自らが積極的に関与する必要があります。

マンション投資の場合は日常的な管理から物件の修繕まで管理会社が包括的に担当してくれるので、オーナーとして求められるのはマンション総会への出席など極一部のみです。物件を最良の状態に維持するための作業はほとんど必要なく、なにか対応が必要な場合も管理組合などが窓口になってくれるので安心です。

不動産投資である以上空室リスクは避けられませんが、好立地のマンションならある程度正確な需要予測ができるので投資計画が大幅に崩れることはありません。きちんとした賃貸管理会社を選べば空室期間を最低限に抑えられ、安定的な家賃収入を確保できます。

中古市場が整備されているので転売しやすい

中古市場が整備されているので転売しやすい

マンション投資を含む不動産投資では、物件という現物資産を手に入れられるという大きなメリットがあります。株式投資では投資先起業が不祥事を起こして倒産してしまえば株式は無価値になってしまいます。

しかし不動産投資では価格が下落するリスクはあるものの、ある日突然無価値になることはありません。また大地震でマンションそのものが崩壊するという不測の事態は想定されますが保険加入でそのリスクは回避できるので心配ありません。

現物資産を所有できるのは大きな強みです。景気の波が大きく変わってもマンションを持っていれば資産を守れますし、万一の時には現金化できるので貯蓄代わりにもなります。

中古市場が充実していて一戸建てより転売しやすいのもマンション物件の魅力です。不動産投資では投資対象を変更するときに物件を売却しての資金を作りますが、マンションは中古市場が充実しているので売却しやすく現金化が用意です。

良質な物件であれば中古でも値崩れしにくく、新築から数年以内の転売であれば条件次第で値上がりするケースも珍しくありません。最初からリセールを想定した物件選びをしていれば利回りと合わせて大きな利益を得ることも夢ではありません。

マンションの資産価値が大きく変わるのは築5年、10年、15年と5年単位で相場が変動します。築15年を超えた物件は老朽化による修繕の必要性が出てくるので相場が大きく下がります。減価償却まで投資を継続するのも1つの選択肢ですが新しい投資先を探したほうが利回りが改善する可能性もあります。新たな不動産投資をするのであれば投資対象であるマンションが築15年を超える前に売却するとより高い投資効率が期待できます。

まとめ

マンション投資は初心者でも始めやすく、撤退する場合でも中古市場がしっかりしているので不動産の中では流動性が高い傾向があります。初めての不動産投資先には、マンション物件を選んでみてはいかがでしょうか。

各種お問い合わせやご相談はこちら