東京都内のマンション投資は堅実に利益を出しやすい23区内がオススメ | 不動産投資を考えるメディア

東京都内のマンション投資は堅実に利益を出しやすい23区内がオススメ

シェアする

日本の首都東京には、数多くの投資用不動産が扱われています。多すぎて目移りしてしまいますが、どのような基準で選択すると良いのでしょうか?この記事では、東京の投資用マンションについての投資基準を考えていきます。

23区のマンション需要は底堅い

底堅いマンション需要が魅力!堅実な利益が狙える東京の不動産投資画像1

日本の首都である東京は日本一地価の高いエリアです。様々な統計を見ても東京とそれ以外の地域では経済水準に大きな開きがあり、不動産投資先としても有望です。

東京でマンションへの不動産投資を考える場合、戦略は大きく分けて2つに分かれます。ひとつは23区内の物件への投資、もうひとつは23区外の東京都下と呼ばれる市部の物件への投資です。どちらにもそれぞれメリット・デメリットがありますが、マンション需要の底堅さという点では23区内の物件に軍配が上がります。

東京23区内には日本を代表する企業や有名大学はもちろん中小企業やベンチャー企業、各種専門学校から予備校まで多くの会社や学校が集まります。そこに通う人たちの数は数百万人にもなり、住宅需要が尽きることはありません。地価の高い23区内では単身世帯向けの小規模なマンション需要が高く、特に都心に通うのに便利なエリアの物件は競争率が下がりません。不動産投資の大きな課題である入居者確保という点で23区内の物件は圧倒的なアドバンテージを有しており、空室リスクを回避できます。

23区内にも人気のエリアや流行りの物件はありますが、多少古いマンションや駅から離れたエリアでも一定程度の需要が見込めるのが特徴です。不動産投資の対象として考えると堅実な利回りが得られる良質な物件となり、リセールで売却するときも値崩れしにくいので安定性は抜群です。

価格が高いというデメリットはありますが、中古物件なら割安の出物は少なくありません。初心者からベテランまでオススメの投資先が23区内のマンション物件です。

値頃感が強い市部の物件も有望な投資先

底堅いマンション需要が魅力!堅実な利益が狙える東京の不動産投資画像2

堅実なマンション需要が見込める23区内のマンション物件に対し、23区外の市部のマンション物件は値頃感が大きな魅力です。23区内のマンションに比べると市部の物件は2~4割程度安く、少ない資金でも不動産投資を始められます。マンション需要に関しても都心へ一本で行ける駅から徒歩圏内の物件であれば23区内と変わらない需要が見込めます。

最近は市部エリアの再開発が活発に進められており、新築の高層マンション建設ラッシュが続いています。地価が安いので条件の良い新築マンションが割安で購入可能で、不動産投資の対象として有望な物件が多く見られます。特にファミリー世帯向けのマンションに関しては23区内より市部の方物件数が豊富で、初めてマイホームを購入する若い世帯からの高い需要が見込めます。ワンルームマンション投資に比べると高額の資金が必要になりますが、ファミリー世帯向けマンションは中古市場も活発でリセールが容易というメリットもあり堅実な利回りが見込める魅力的な投資先です。

古くから開発されたニュータウンエリアには築年数の古い物件も多く、割安なマンションが多いです。ただし、築年数の古いマンションは価格の低さから表面的な利回りは高いものの空室リスクが高いため、実質的な利回りはそれほど期待できません。買い手を見つけにくいので簡単に売却できないという点も見過ごせません。

老朽化の進んだマンションは建替えの問題がつきまとい、新たな追加投資を求められれば利回りは大きく低下してしまいます。安さだけで判断せず、物件としての需要をチェックして価値を見極めてください。

開発計画が大きく影響する東京の不動産投資

底堅いマンション需要が魅力!堅実な利益が狙える東京の不動産投資画像3

東京の不動産投資では今後の開発計画が大きく影響します。東京は常に発展を続ける街であり、開発計画が途切れることはありません。開発によってガラリと街の雰囲気が変われば当然物件の価値も大きく変動します。20年前まではほとんど何もなかったお台場ですが2017年には多くの商業施設や観光スポットが集まる大人気エリアに変貌しています。マンション相場も右肩上がりに上昇しており、開発前に投資した人は大きな利益を確保しています。

お台場ほどの大規模開発ではなくても、東京は常にどこかで再開発計画が進められています。長期的な視野を入れて不動産投資するのなら目先の利益だけを考えず10年後、20年後の街の有り様まで考慮して投資対象のマンションを探しましょう。

マンション投資の狙い目としてはまだ再開発が進められておらず、都心への交通の便が良いエリアです。有力なのは地下鉄沿線、特に都営三田線沿線エリアです。都営三田線は都心まで一本で行けるだけでなく他路線との接続もよく、東京のどこにでるにも便利です。沿線は東京下町の雰囲気を残すエリアが多く、築年数の古いマンション物件が割安で購入できます。リノベーションで古い割安マンションを新しく生まれ変わらせれば一人暮らしの大学生や社会人に底堅い需要が見込めるでしょう。

再開発で街に新しい価値が生まれれば小さな元手で大きな利益を手にできる可能性もあります。再開発計画の情報は公的機関によって公表されています。行政の開発計画を参考にして、不動産投資先として有望なエリアを絞り込見ましょう。

まとめ

東京でのマンション投資は23区内か外かに大別されますので、それぞれの特徴を良く考えてください。また、東京では常に開発が進められているので、開発計画に着目して利益が見込めそうな地域に早めに投資するのも良いのでしょう。

各種お問い合わせやご相談はこちら