福岡県内での人気投資スポットは福岡市と北九州市。その理由とは? | 不動産投資を考えるメディア

福岡県内での人気投資スポットは福岡市と北九州市。その理由とは?

シェアする

九州随一の人口を抱える福岡県は、九州での投資用不動産選びを考えた場合に最初に候補に検討すべきエリアと言えます。この記事では、不動産投資家にとっての福岡県の魅力や特徴を見ていきましょう。

福岡市と北九州市は人気スポット

福岡県は不動産投資の人気スポット

福岡県は福岡市と北九州市という二つの政令指定都市を持ち、九州の玄関口として経済発展を遂げています。特に福岡市は周辺自治体や他県からの人口流入が多く、不動産投資に人気のスポットとなっています。経済規模が大きいことから新築マンションなどの選択肢の幅が広く、数億単位のマンションが1棟売りで出ることも珍しくないのです。

マンション一棟であっても中古物件であれば1億円を切りつつ、高い利回りを実現できる物件もあります。一戸単位の運用であれば投資額が低く、利回りが高いマンションの数が豊富です。ただし、不動産価格が低い場合は売却に手間取るケースも多く、売却までに時間が掛かれば赤字になってしまう事も覚悟する必要があります。

全体的に都心部の新しい物件は利回りが低い傾向にあるため、不動産価格の高さを生かした次の戦略を考えていく必要があります。長期で収益化すると同時に、不動産価値を利用した担保として小型物件を買う人も多く、経営の多角化のポイントにもなってきます。アパートの一棟買いや収益ビルの利回りと比較しつつ、タイミングを見計らい良い方向に切り替えていくのが基本になります。

人口増傾向が強い福岡市と、人口流出が顕著な北九州市では利回りの感覚や地価に関する感覚も異なっています。北九州市でも人口増の傾向がある地域があるだけでなく、高い利回りで収益のバランスをとっていく方法もあります。リスクに合わせた戦術をとる事で、資産のバランスをとりやすいのが福岡県の特徴となっています。

福岡市と北九州市の収益物件の比較

福岡市と北九州市の不動産投資物件の比較

福岡県は地域ごとで不動産価値の流動性や価値が大きく異なります。福岡市は都心部の再開発が進み人口増の傾向が続くなど、不動産評価額が高まる要素が揃っています。そのためマンションなどの収益物件の利回りは低く、長期で安定収入を得ることに向いています。

北九州市は逆に人口減の傾向があるものの、再開発などで逆に人口が増えている地域も存在します。平均利回りは福岡市よりも高いため、うまく利用すれば高いコストパフォーマンスを発揮するのです。

ポイントになるのが資本金です。福岡市のマンションや収益物件は、値段が安い物であれば極端に利回りが高く、空き室があればそれだけ赤字になりやすい物も多くなります。これは築年数が古い物が中心になるからで、常に修理や修繕を行い入居者を繋ぎとめるためのリフォームなどの費用が必要になります。

北九州市は人口流出傾向があることから物件全般が安めの値段になっています。程度の良い物件を確保しつつ営業を工夫すれば、高い利回りで長期的な収入に繋げられる可能性があるのです。空き室リスクと利回りのバランスを考えつつ、どこにどれだけ資本を投入できるかが成功の鍵になってくるのです。

空き室リスクが最も低い福岡市の都心部になると、利回りが5%前後になってしまう場合もあります。各種手数料などを考えなければ20年ほどで回収できる利回りですが、それだけの年月を経た場合はリフォームなどの必要性も増してきます。

北九州市の場合は人口流出に歯止めがかからなければ、売却が難しくなるなどの難しさもあります。物件の魅力をいかに維持し、維持費も捻出するかが大切なポイントになるのです。

都市部以外も人口が増えている地域が多い

都市部以外も人口が増えている地域が多い

福岡県は福岡市と北九州市が不動産投資の中心地となっていますが、それ以外の一部地域では人口増加の傾向があります。交通の利便性等から福岡市以外の地域に住居を構える人も珍しくなく、車を利用して郊外や周辺自治体に住む人も存在するからです。

特に大型の道路で繋がっている福岡市から久留米市の周辺にかけては人口増が目立っています。九州南部への大動脈となる道路が存在するため、都心部を避ける人の需要も存在するのです。

久留米市にもマンションは多く、流動性が高いのも特徴となっています。築年数が古いことからリフォームやリノベーションを前提とした物件も多く、地価の関係から割安な物件も増えています。

特徴的なのはペット可のマンションが増えるなど、都心部との差別化を図る物件が珍しくない事です。もちろん都心部のマンションをリノベーションする際にペット可の物件にリニューアルするなど、付加価値を高めるための戦略にも利用できます。

マンションへの不動産投資と同時に考えたいのが駐車場の運営です。同じ不動産投資でも利回りが小さいことで知られ得ていますが、安定して収益をあげられる可能性があります。

福岡市や九州市であっても面積は広く、車の需要は強いため自前の駐車場を用意できるかでも利益率が変わるのです。もちろん周辺に十分な駐車場があれば紹介してしまう方法もありますが、利便性が高ければそれだけ入居者を集めやすくなります。

車の需要が強く空き室リスクも高い北九州市や、車が必須となる地域では駐車場の重要性が大きく異なるため、付加価値を高める戦略として検討することも大切です。

まとめ

福岡県は指定都市以外でも人口増加傾向が見られ、そういったエリアのニーズを上手く拾えば利益を得やすくなります。同じ規模の物件を首都東京より低価格で獲得できるのも魅力なので、そういった点も踏まえて検討してみましょう。

各種お問い合わせやご相談はこちら