不動産投資をはじめる前に読んでおきたい本の選び方 | 不動産投資を考えるメディア

不動産投資をはじめる前に読んでおきたい本の選び方

シェアする

不動産投資についての書籍は多く、いざ勉強しようとしても、初心者には本の選び方すら分からないことが多いです。本記事では、そんな不動産投資の初心者のために、どのような基準で本を選べばいいのかを段階や目的に応じてご紹介します。

不動産投資を知らない初心者は入門編から

不動産投資を知らない初心者は入門編から

不動産投資を初心者が行うのは難しいというイメージがありますが、それでも興味があるのならやってみようと思います。しかし、初心者ですのでいきなり不動産投資をするには危険です。

そこで初心者のうちは、不動産投資について勉強をしなくてはなりません。勉強の方法は不動産投資会社のセミナーに参加する方法がありますが、誰でも簡単に参加できるものではありません。

その理由は、セミナーを開催している場所が限られていることや、時間もいつでも開催されているとは限らないからです。そこで、初心者のうちは本を読んで勉強するのがいい方法になります。

特に、不動産投資に関する入門編の本は数多く出版されています。今まで多くの投資家が不動産投資を行っていますので、それだけの本が出版されているのでしょう。

本の選び方としては、広く浅く書かれているものを買うようにするのが最初は肝心です。不動産投資をするための考え方や、物件の選び方はさわり程度でいいでしょう。とにかく最初は基本的なことをさらっと学ぶようにすることです。

専門的な知識は後からついてきますので、流れを確認するような形で構いません。簡単なものから順番に読むようにすると、知らない間に知識は広がっていきます。

そして、入門編の本の選び方ですが、いきなり数冊の本を買うのはもったいないので、図書館に行って入門編の本を探すのがいい方法です。

初心者向けや入門編の本を数冊選んで、その中から分かりやすい内容の本をじっくり読むと不動産投資について理解が深まります。理解が深まってからは、さらに他の本に目を向けましょう。

初心者を卒業してからの本の選び方

初心者を卒業してからの本の選び方

入門編や初心者向けの本を読んで、もう初心者を卒業したと感じたら次のステップに進むことになります。どの程度で初心者を卒業したのかの判断材料は、それぞれの本を読んでも理解できるようになって、初心者向けの本は似た内容だから大丈夫だと思えば次に進むようにしたいところです。

次のステップでは、どんな物件に投資をすれば利益を出すことができるのかを知ることになります。そのため、実際に不動産投資を行っている人が書いている本を参考にするといいでしょう。

不動産投資を実際に行っている人は、どんな理由でその物件を買ったのかを独自の視点で語ってくれています。よくある内容が、立地がとても良かったということや、価格がその物件に対して割安で販売されていたという内容です。

立地の良し悪しや物件の売り出し価格は、その場所によって変わってくるものの、とても参考になる事例が豊富にあります。また、不動産投資を行っている複数の人を本を買うことによって、それぞれの投資家の考え方を知ることができます。

不動産に対する考え方や、不動産を購入してからのメンテナンスの方法などは、人それぞれの特徴が出ますので、この辺りを大いに参考にすることです。自分では思いもよらないアイデアは他人は持っています。

その時は何も思わないかもしれませんが、後になってあの時読んだ本の中でこんなことが書かれていたということを思い出すことがあります。

多くの人の考え方やアイデアを取り入れるようにすると、必ず役に立つようになります。そして、不動産投資のモチベーションを上げるにも一役買ってくれます。

バックボーンが同じような人の本を選ぶ

バックボーンが同じような人の本を選ぶ

不動産投資を考えている人には、色々な職業に就いていたり住んでいる場所も違います。地方で会社員をしている人が都会で会社を経営している人が書いた本を読んでも、感覚のずれがあるのであまり参考にならないかもしれません。

ある程度、不動産投資の知識がついてくると、考え方を勉強するよりも資金調達をどうするのか、不動産投資をローンで組むには自分は大丈夫なのかを考えるようになります。

そこで、バックボーンが同じような人が書いた本を参考にして読むのがいいです。年収や貯金している金額が似たような状況なら、どれ位の資金を投資できるのか、ローンはいくらまで通りそうなのかということを知っておくことです。

そうすることによって、身の丈に合った物件を選ぶことができます。つまり、ローンも含めて自分の投資できる物件の規模や金額を絞ることができるようになるのです。

自分の投資ができる物件の規模や金額が分かるようになると、物件をかなり絞れて探すことができます。あれもこれもというよりも、その物件だけに集中できますので、自分の限界を知っておくのはいい方法です。

そのためにも同じバックボーンを持っている人の本を読んでおくようにしていものです。不動産投資の本を出版している人は様々で、サラリーマンをしている人や、主婦をしている人、会社を経営している人、専業の投資家になった人がいますので、必ずあなたに近いバックボーンを持った人はいます。

通販サイトを含めて、インターネットで探すと簡単に検索できますので、それらを上手に活用して探してみるといいでしょう。

まとめ

不動産投資関連本を読む際は、「広く浅い」本から始め、次に「実際に不動産投資をした著者」の本を複数読んでみることが肝要です。その際、自分と同じような立場の著者の本を選ぶと参考になります。この記事の基準を参考にして、良書に巡り合ってください。

各種お問い合わせやご相談はこちら