アパート経営で不労所得を得ながら税金を減らす方法 | 不動産投資を考えるメディア

アパート経営で不労所得を得ながら税金を減らす方法

シェアする

アパート経営で不労所得が得られる

アパート経営で不労所得が得られる

最近は不動産投資も一般的になってきており、普通のサラリーマンが副業といった形でアパート経営を行っている場合もあります。アパート経営にはさまざまなメリットがあります。まず、誰でも思いつくのが不労所得を得られる道が出来るということです。

入居者さえ集めることが出来れば、家賃収入といった形で月々の現金収入を得ることが出来ます。うまく入居者が入るようなアパートを経営すれば、少ない手間で定期的な収入を得ることが可能になります。この定期的な不労所得を得る道を作るというのが、アパート経営を始める人の大きなモチベーションになっています。

ただ、このような誰しもが思いつく不労所得を得るという目的以外で、アパート経営を始める人もいます。そのような人がアパート経営で目的にしているのは節税になります。土地・建物といった固定資産を持っている人はその固定資産を持っているだけでもどんどん国から税金という形でお金を取られていくことになります。

土地・建物を持っていることが相続の際に相続税の税額を大きくすることにもつながりかねません。しかし、アパート経営を行うことにより、所得税・相続税・固定資産税といった税金を減らすことが出来ます。この節税を目的として更地にわざわざアパートを建設してアパート経営をスタートするという人も数多く存在します。

このアパート経営で特に節税メリットが大きくなるのが固定資産税です。では、次の項目で具体的に固定資産税とはどういった税金なのか、どのような基準で税額が計算されるのかについて見ていきたいと思います。

固定資産税はどのように計算される?

固定資産税はどのように計算される?

ここからは固定資産税という税金について説明していきたいと思います。税金には大きく分けて2つの種類があります。それが国税と地方税です。国税は国の税金ですが、地方税というのは住んでいる地方の役所に納める税金になり、地方の振興の目的で使われることになります。

固定資産税という税金は地方税の一種になります。固定資産税という名前で分かるように固定資産と呼ばれる家や土地に対して課税される税金になります。

この固定資産税の計算についてはまず固定資産税評価額と呼ばれるその固定資産が持っている価値を算出するところからスタートします。そして、この固定資産税評価額に対して1.4%という税率をかけて計算します。

固定資産税評価額×1.4%=固定資産税額

固定資産税評価額というのは土地であれば、その土地がどのような地域に存在しているか、面積はどのくらいの大きさかといったことを基準に算定されます。そのような基準から、固定資産税評価額を算出することになります。ちなみに、この固定資産税に関しては所得税のように自分自身で計算を行って申告する必要はありません。固定資産税については地方自治体が納税額を計算した上で、納付書を送ってくるという形になっています。

固定資産税の負担額が土地や建物を所有している人の間では無視できない負担額になっている場合があります。アパート経営を行うことはこの固定資産税の金額を減らす効果もあります。では、次の項目でアパート経営が固定資産税の節税にどのように役に立つのかを見ていきます。

アパート経営で固定資産税が減るのはなぜ?

アパート経営で固定資産税が減るのはなぜ?

アパート経営が固定資産税の節税に効果がある理由としては、アパート経営をスタートすることにより、固定資産税を減額する効果のある税制上の特例を利用することが可能になることが挙げられます。このアパート経営によって利用できる固定資産税減額効果のある特例としては「小規模住宅用地の特例」とというものがあります。

この「小規模住宅用地の特例」というのは土地の上に住宅が建っている場合、住宅一戸あたり200㎡までの範囲を小規模住宅用地として認めてもらえて、その小規模住宅用地については固定資産税を6分の1と大幅に減額してもらえるという制度になります。

また、仮に住宅一戸当たりの面積が200㎡を超えていたとしても、その範囲は「一般住宅用地」というものに当てはまり、固定資産税を3分の1に減額することが出来ます。「小規模住宅用地の特例」には及ばないものの、これもかなり大きな節税効果が見込めます。

上記の「小規模住宅用地の特例」については土地の固定資産税を減額する効果のある特例でしたが、アパート経営をするために建物を新築した場合、建物の固定資産税も減額することが出来ます。具体的には新しく建物を建築した場合、固定資産税が3年間に限り2分の1に減額されることになります。さらに、この新しく建築した建物が3階以上の高さがある中高層耐火建築物というものに該当する場合、この3年間という固定資産税の減額期間が5年間に延長されることになります。

まとめ

このようにアパート経営で不労所得が得られるうえに節税効果もあるということも考えると、土地・建物といった固定資産を持っている人は国から税金を取られるだけの状態にしておくより、長期的なメリットも考えてアパート経営も視野に入れることも必要なのではないかと思います。

各種お問い合わせやご相談はこちら