不動産投資セミナーの目的別・レベル別の最適な選び方 | 不動産投資を考えるメディア

不動産投資セミナーの目的別・レベル別の最適な選び方

シェアする

不動産投資に興味はあるけれども、何から勉強すればいいのかわからないという人も多いと思います。書籍を購入して勉強するのもいいけれども、やはり人から教えてもらうのがわかりやすいし、理解しやすいかもしれないと考える人も多いと思います。そこでインターネットを調べてみると、さまざまな不動産投資セミナーがたくさん出てくると思います。

しかしながら、あまりに多すぎてどんなセミナーを選べばいいのかわからないという人も多いでしょう。そこで、今回は不動産投資セミナーで失敗しないための4つの方法を紹介いたします。

自分のレベルや投資方針に合った不動産投資セミナーを選ぶ

自分のレベルや投資方針に合った不動産投資セミナーを選ぶ

不動産投資セミナーは世の中にたくさんあるのですが、よくよく調べてみるとセミナーごとに種類があるのです。種類を見分けるのは、そんなに難しくはないのですが、ある程度、セミナーを見極めていかないと、自分のレベルや投資方針と異なるセミナーを受けてしまうことがあります。

もちろん、違う世界を見るというという意味ではいいのかもしれませんが、自分と全く異なる投資方針やレベルのセミナーに参加をしても、時間やお金の無駄になってしまいます。なるべく自分のレベルと合っているところ、自分が望んでいる投資方針のところに、参加するようにしましょう。

では、次に不動産投資セミナーには、どのような種類があるのでしょうか。投資する物件によって異なる場合があります。たとえば、区分マンション投資のセミナーもありますし、アパートやマンション一棟に投資するものもあります。融資戦略のセミナーもありますし、税金対策のセミナーもあります。

最初からセミナーの目的がハッキリしていますから、とてもわかりやすく、選びやすいと思います。注意しなければいけないのが、セミナーのタイトルにきちんと投資対象が書いてあるかということです。たとえば、タイトルも区分マンション、一棟アパート、マンション、融資対策、税金対策などが入っていれば、問題はありません。しかし、タイトルの中になんのためのセミナーかということが書かれていなければ、曖昧なセミナー内容になってしまう可能性が大でしょう。

たとえば、「ゼロから始める不動産投資」「自己資金ゼロでフルローン〜」など副業で不動産投資をスタートしようとする人が、飛びつきそうなタイトルで書かれていることが多いものです。これは、不動産投資のノウハウを提供するというセミナーではなく、収益不動産を売ろうとする目的のセミナーである場合が多いはずです。タイトルから自分が本当に知りたいセミナーに行くということが重要になります。

何からスタートすればいいのか全くわからない人にとっては、そもそも選びようがないということがあるかもしれません。そのような時には、どのようなセミナーを選べばいいのでしょうか? セミナーを選ぶ時には、簡単な不動産投資に関わる本やウェブを見て、さらりと知識を入れておくということが重要です。最低限、何に投資をすればいいのかということを決めてからセミナーに参加するようにしましょう。

セミナーを選ぶのに本や勉強で簡単に知識を得てからということに違和感を覚える方もいらっしゃるかもしれません。しかしながら、急がば回れで最終的に不動産投資に失敗しない、自分だけの投資信条が生まれてくるのです。

何に投資するのかを決めるのは最初は適当でいいと思います。多額のローンを背負いたくないというのであれば、区分マンションに投資するというのもいいでしょう。1棟マンション、アパートの家賃収入が魅力だというのであれば、1棟ものを投資対象としてもいいと思います。都心よりも地方の利回りが魅力だというのであれば、地方の物件を狙ってもいいでしょう。

ある程度、自分で調べてから、その知識を持ってセミナーに行くと、自分が思い込んでいた知識が間違っていることもわかりますし、逆に自分が得た知識が正しかったこともわかると思います。くれぐれも何の知識もない状態でセミナーを受けないようにしましょう。結果的に頭に何も残りませんし、勉強にもならないのです。

先輩大家さんのセミナーは、自分のレベルや投資方針に近い人を選ぶ

先輩大家さんのセミナーは、自分のレベルや投資方針に近い人を選ぶ

不動産投資のセミナーの中には、不動産会社の社員の方が講師を務めるセミナー、税理士や司法書士などの専門家が講師を務めるセミナー、不動産投資の先輩大家さんが務めるセミナーの大きく分けて3つあると思います。

第1に不動産会社の社員の方が講師を務めるセミナーですが、ベテランの営業マンの人が裏事情を交えながら、セミナーを行ってくれることが多いでしょう。問題は、個人投資家の立場で話している人は少ないということです。やはり売ることに関してマイナスな情報は提供してくれないということが多いのではないでしょうか。

第2に税理士や司法書士などの専門家が講師を務めるセミナーです。このセミナーは、専門的な知識を提供してくれるセミナーなのでとても有用ですが、税理士さんや司法書士さんが話が上手であるとは限りません。難しい専門的な話になってしまうこともあります。難しい専門的な話になって得るところがなかった、ということもあるので自分の悩んでいること、疑問点を予め用意してからセミナーを受けるようしましょう。

第3に不動産投資の先輩大家さんが務めるセミナーです。先輩大家さんが講師のセミナーはとても人気があるセミナーです。これから副業として不動産投資をしようと考えている人は、同じような立場の講師ということで親近感を抱くことが多いと思います。失敗の話も気兼ねなく話してくれるので、理解したような気持ちになりますが、やはり自分のレベルや投資方針と違う人の話を聞いてもあまり勉強にならない、というのが実情のようです。

また、先輩大家さんが講師を務めるセミナーは、体験談を中心に語られるものです。自分がその先輩大家さんと同じことを一緒にやったとして、正しく成功できるかどうかというのは、別な問題になります。ですので、あまり自分のレベルや投資方針とかけ離れている人の話を聞いても意味がないのです。

先輩大家さんが成功した当時のマーケットの状況もあると思います。2017年のように収益物件の価格が大きく上昇している状況と、リーマンショックの直後や東日本大震災の直後では状況が全く違うので、先輩大家さんが行った方法と成功ノウハウが全く違うという場合もあります。たとえば、リーマンショック直後は、融資体制が今と比べて非常に厳しいものでした。

なかなか融資を受けられない状況が一般的だったので、利回りの高い物件が安く購入できた時代です。また、年収、資産、家族構成といった個人の属性も全く違います。そうした違いのある先輩投資家と同じことを実践すれば、成功すると考えてしまうところに大きな問題があります。先輩投資家を真似するのであれば、なるべく自分と同じようなレベルの人や投資方針がとても似ている人を選びましょう。

また、有名な先輩投資家の中には、書籍をたくさん出版している方も少なくありません。出版自体は問題がないのですが、有名な先輩投資家のなかには、出版や講師業での収入が多いという人も少なくありません。過去の成功話を今、持ち出されても現状に合わない投資をしてしまうこともあるでしょう。だからこそ、なるべく自分と似ている人を選ぶ必要があるのです。

不動産投資セミナーはどのような構成になっている?

不動産投資セミナーの構成は、基本的にセミナーと物件紹介で成り立っているところが多いようです。たとえば、次のようなセミナー構成が一般的でしょう。講師によるセミナーが1時間から1時間半ぐらいあります。そのあとに、30分から1時間ぐらいが主催している不動産会社の物件紹介があります。注意したいのが、先輩大家さんのセミナーなどでは、主催している不動産会社が勧める物件は、先輩大家さんの投資手法と全く違うケースが多いので、気をつけたいところです。

このような構成になっているので、基本的には、不動産投資セミナーは、セミナーを通じて不動産会社とネットワークを作るぐらいに考えた方が、メリットも大きいと思います。ただし、そのネットワークの作り方に問題もあるので注意が必要です。

今ではだいぶ減りましたが、セミナー終了後にアンケートなどから得られた個人情報を元に営業されることもあります。営業活動と言っても基本的には、メールによる収益物件情報の紹介ですが、気になるようでしたら解除するようにしましょう。電話のセールスもたまにありますが、面談を受けなければ、それ以上、売り込みを掛けられるということはありません。

優良な不動産会社は、物件の紹介だけで特に売り込みをかけてくるということもありません。不動産会社の営業体制もセミナーを判断するポイントとして考えておきましょう。2〜3件、不動産投資のセミナーに参加すると、なんとなく、どの不動産投資セミナーがよくて、どの不動産投資セミナーが問題があるのかがよくわかります。

ある不動産投資セミナーで得た疑問を他の不動産投資セミナーで講師に質問してみるというのもいいかもしれません。ただ、気をつけなければいけないのが、知識は得たけれどもその知識を生かすことができない状態になってしまうことです。知識を得ることと投資は違うということも学ぶことが大切です。

不動産投資セミナーは、どうやって選ぶ?

不動産投資セミナーは、どうやって選ぶ?

では、不動産投資セミナーはどうやって探せばいいでしょうか? 最も簡単な方法は「不動産投資 セミナー」と検索窓に入れれば、いいのです。そうすれば、色々な不動産投資のセミナーが出てきます。そこから気に入ったセミナーを選ぶという方法があります。

他には、不動産投資のポータルサイトから、セミナーを選ぶという方法もあります。ポータルサイトからセミナーを選ぶ方法は、カテゴリごとに整理されているので、探しやすいというメリットがあります。ただし、ものすごい数のセミナーが毎日どこかで開催されているので、絞り込みが大変です。絞り込みをかけるときには、冒頭から紹介していますが、自分のレベルと投資方針から選ぶことが大切です。いくら人気があるセミナーでも自分にとって意味のない情報では仕方がありません。

まとめ

不動産投資といっても千差万別、投資目的や対象によって大きな違いや差があります。セミナーが乱立しているなかで、自分に合ったセミナーを選ぶときには、自分のレベルと投資方針をセミナーの内容と照らし合わせることが大切です。また、不動産投資セミナーで全てを学ぼうとせず、本やウェブなどで少しでもいいから知識を得て、不動産投資に対する疑問を持った上で、セミナーを受けることをお勧めいたします。

疑問を持ってセミナーに参加すれば、理解力も2倍も3倍にもなります。最後に、セミナーに出ただけで満足してはいけません。一投資家として、知識を実践できるように落とし込むことが大切です。自分にとって有用な時間が過ごせるようなセミナーを選びましょう。

不動産投資セミナーに関しては、こちらの記事もおすすめです。

各種お問い合わせやご相談はこちら