不動産担保ローンを利用する際のメリット・注意点 | 不動産投資を考えるメディア

不動産担保ローンを利用する際のメリット・注意点

シェアする

不動産投資を始めるに当たっては資金調達の必要がありますが、その方法の1つに不動産担保ローンというものがあります。大きな資金を調達できますが、当然注意点も存在します。この記事では、不動産担保ローンの概要や注意点をご紹介します。

不動産担保ローンで投資資金を調達

不動産担保ローンで投資資金を調達

不動産投資を始める時に一番問題になるのが物件購入資金の調達です。株式や債券と違い、不動産投資には初期投資に千万円単位のまとまった資金が必要になります。十分な資金がある人は自己資金で投資が可能ですが、そうでない場合は銀行から購入資金の融資を受けるのが一般的です。

ここで問題になるのが融資可能金額です。銀行にお金を借りるといっても無制限に融資してくれることはなく、その人の年令や少苦行などの属性を判断した上で融資限度額は決定されます。

属性の信頼度が高く購入資金全額文の融資を受けられればよいのですが、融資限度額が物件価格に満たないケースも珍しくありません。融資を受けられなければ物件を取得できず、不動産投資て資金を運用することは不可能です。

融資金額が低いときに役立つのが不動産担保ローンです。その名の通り不動産を担保にして融資を受けるローンのことで、個人の属性に関係なく担保の価値に応じて融資を受けることができます。すでにマイホームなど何らかの不動産資産を所有している方なら抵当権を設定することで不動産を処分することなく融資を受け、新しく投資用不動産を購入することができます。

不動産担保ローンを利用するためには不動産を所有していることが前提になりますが、不動産の価値に応じて融資可能金額は上がるので価値ある不動産を所有しているなら高額の不動産投資も可能になります。

不動産を担保に融資を受ければ、事故資金ゼロからでも不動産投資を始められます。担保になる不動産の種類は金融機関によって異なりますが、区分所有マンションでも価値が認められれば融資を受けられます。

不動産担保ローンのメリット

不動産担保ローンのメリット

不動産担保ローンを利用する最大のメリットは、大きな資金を調達できることです。不動産投資は物件選びで成否が決まるといっても過言ではありません。

資金が少ないからといって安く買える物件を購入してしまうといつまで経っても借りてが見つからず、収益を上げるどころか損をしてしまいます。不動産担保ローンで十分な資金を調達すれば条件の良い物件を購入できるので、借り手が見つかりやすく安定した収益が見込めます。

資金調達がうまくいけば不動産投資の規模を拡大することもできます。自己資金だけでは区分所有マンションしか購入できなかったのが、不動産担保ローンを利用することで一棟買い可能になれば投資の規模は格段に大きくなります。一棟買いすることで空室リスクは分散され、土地が所有できるという大きなメリットも発生します。

資金を絞ったほうが失敗したときのリスクは小さくなるように思えますが、不動産投資においては資金額が多ければ多いほど分散投資できるので実際には資金を投入したほうがリスクを回避できます。マンション一室への投資だと入居者の有無で0か100かの結果しかありませんが、複数戸を所有すれば空室リスクが分散され収益の安定性は高まります。

不動産投資に成功する自信があっても高額融資を受けるのは簡単ではありません。不動産担保ローンならフリーローンに比べて金利も安く、物件の価値に応じた融資が受けられるので豊富な資金を不動産投資に投入できます。収益を上げてきちんと返済すれば不動産を担保にしても全く問題なく、抵当権を設定した物件に住んでいる人にも影響はありません。

不動産担保ローンの注意点

不動産担保ローンの注意点

不動産担保ローンで注意しなければいけないのが、返済が滞ってしまったときの対応です。もし返済が滞り借金が返せなくなってしまったら、抵当権を設定した担保物件の所有権は金融機関に移ってしまいます。自宅や実家を担保にしていた場合は、住んでいる家を追い出されることになります。投資に失敗して損失が出るだけでなく自宅まで失うのは大きなリスクです。

不動産担保ローンは物件の価値によって融資額が変動します。価値ある物件を担保にすれば高額融資が受けられますが、価値が低い物件を担保にするとそれほど高額の融資は受けられません。

区分所有マンションでも価値が認められば不動産担保ローンを利用できますが、土地付きの物件に比べると評価は大きく下がります。物件の立地や管理状態など条件によっても評価は変わるので、担保を用意しても十分な金額が借りないことも珍しくありません。

不動産価格の変動にも要注意です。不動産相場の下落で担保にした不動産物件の評価額が大きく下がった場合、金融機関側から不足分の早期返済を迫られる可能性があります。限度額いっぱいまで借りていなければ余裕がありますが、担保評価が大きく下がるほど不動産相場が下落している状況では不動産投資の先行きにも不安が残り予定していた返済計画の継続が難しくなる恐れがあります。

不動産担保ローンは便利な資金調達手段ですが、大切な不動産にリスクが生じる事を忘れてはいけません。計画的な返済が外部要因で崩れる可能性は常につきまといます。利用する際は返済見込みをよく考え、余裕を持って利用しましょう。

まとめ

不動産投資は他の投資と違い、不動産自体を担保として資金を調達することができます。便利なシステムである反面、落とし穴も存在するので、しっかりとした計画のもとに不動産担保ローンを利用することをおすすめします。

各種お問い合わせやご相談はこちら